最近は株がブームで、投資で儲けている人が増えているらしい。
しかし誰かが儲けている一方で、他の誰かが損している筈だ。
では株で損をしているのは誰なのか?

株券を発行している企業は上場した時点で資金調達は終了しているので、株価が上がろうが下がろうが損も得もしない。
株で損をしているのは、やはり「株を買った人」に他ならないだろう。
仮に株価が上場後に下がり続けたとしたら、その株を売買した人全員が損をする。

株はババ抜きと同じだ。
優良銘柄だけを揃えて高値で売りぬけば一丁上がりで、値下がりした株(=ババ)を売り抜けずに最後まで持ち続けていたら負け。
株を売らずに塩漬けして企業が倒産するまで保有している人が、「株で泣きをみている」人の正体だ。

株はババ抜きと割り切って利益が確定したらすぐに売り、「宵越しのカブは持たない」ようにする事が肝要なのではないだろうか?

by Twitter Facebook google