にじ魂

いじめ問題の解決策

「世の中からイジメはなくならない」と言う人もいるが、そういう人はイジメがなぜ起こるのかが分かっていないのです。
全ての物事には原因がある。日本にいじめが多いのにも理由があります。
いじめはストレスに対するガス抜きとして行われる。その原因さえ取り除けばいじめはなくせる。
以下は私が考えた即効性のあるいじめ問題への対処法です。

生徒に理不尽な強制をしない
何かをやらせる時は納得のいく理由を説明する

学校の清掃は業者に任せる
生徒に教室の掃除をさせるのは日本などの一部の国だけ。放課後の掃除は生徒にとって一大ストレス要因である。
どうしても生徒に掃除をさせたいなら教師も掃除に参加するべきだ。

学ラン・セーラー服は廃止
学ランは軍服を模した物であり、窮屈だし黒い色には威圧感を感じる。色彩心理学的に良くない。
制服が必要ならブレザーにすれば良い。

20人学級の実現
狭い教室に40人も詰め込んだら「共食い」のような現象が起こるのも当然。
担任教師がケアできるのも20人くらいが限界だ。
一クラスはせいぜい30人以下に減らす必要がある。

少年法撤廃
学校は教師の隠蔽体質と少年法によって守られている為に無法地帯と化している。
いじめは犯罪である。いじめを行った物には傷害罪を適用して逮捕するべきなのだ。
少年法にょって「子供は何をやっても許される」と言う意識が凶悪な少年犯罪を生み出している。

スクールポリスを配置する
アメリカのように警察官を学校に配置して学校内でも違法行為を厳しく取り締まらせ、子供達に遵法精神を植えつけよ!

いじめっ子は出席停止にする
社会的な制裁はいじめへの抑止力として機能するだろう。

道徳教育の強化
日本人の民度の低さは正義心が足りないのが原因だ。
ろくに躾もされていないガキどもには徹底して勧善懲悪を叩き込まなくてはならない。

--------
どうだろう?これらを実践するだけでも虐めを7割くらい減らせられるのではないだろうか?
他にもイジメを撲滅する為の方法は沢山ある。日本でいじめがなくならないのは、学校側の怠慢である!

by 箱男:2006年10月07日

▼コメント

1:匿名さん:2006年10月07日

最後の勧善懲悪以外はやればおもしそうだなw

2:中:2006年10月08日

かなり的はずれな意見だと思う

3:cc:2006年10月08日

ブ レ ザ ー は 殺 人 的 に ダ サ い

そうじゃ無いのもあるが、学ランの方がやっぱしっくり来る。

●学校の清掃は業者に任せる

ただでさえ、最近掃除のやり方を知らない奴が多い。
そんな事したら益々掃除の出来ない人間が増えるぞ。
教師も参加させるというのはアリだが、業者はダメだろ。

他はまぁ、煮詰めれば面白いかなとも思える。

4:てきとう:2006年10月08日

話が少し違ったほうに向くけど
塾帰りの子供とかに機会があれば言ってる
変質者と言われることを承知の上で

大きくなったら教育にはお金がかかることが
骨身にしみて解るはずだから
できるだけ負担がかからず誰もが納得のいくような
教育のしくみを造って欲しい、と

30人学級にしていけないことでもあるの?
教師の事務量が減って目が届きやすくなったら何がダメなの?
個人的には人が多いのはうんざりで
教師がそんなに人のいないところがよけりゃ
無人島に逝けと言われたのにずっと反感をおぼえていました

結果、無人島より引きこもりを選んだ人間のほうが
多かったようですね

5:ちゅうがくせいA:2006年10月10日

イジメはガス抜き→まさにその通りですが最近の子供は学校で溜まるストレスより
家や行きたくもない塾で溜まるストレスの方が大きいです。


●生徒に理不尽な強制をしない。
・・・

●学校の清掃は業者に任せる
>どうしても生徒に掃除をさせたいなら教師も掃除に参加するべきだ。
私の学校では教師も清掃に参加しています

●学ラン・セーラー服は廃止
ブレザーは嫌いです><

●20人学級の実現
20人でもいじめられるやつはいじめられる。

●少年法撤廃
●スクールポリスを配置する
●いじめっ子は出席停止にする
同意

●道徳教育の強化
・・・

まあこんな政策してもいじめは一割くらいしか減らないと思いますよ

6:machdrill:2006年10月10日

ろくに躾もされていないガキどもが下手に正義心持ったらエスカレートするかもよ。
いじめっ子にとっていじめられっ子は(連中の仲良しコミュニティを乱す)悪だから。
特に教師が加担するケースなんか、そこらへんにカラクリがあるんじゃないかな。

あ、それと男は学ラン。死ぬまで。
女はブルマ。卒業したら死刑。嘘。

7:箱男:2006年10月12日

じゃあ学校内では完全に暴力禁止にして掟を破ったら第三者を介して社会的制裁を加えるという形にすればおk。

8:Nameless:2006年10月17日

アメリカはいじめられたやつが学校で銃を乱射したりする事件があるから、日本より少ないんだと思うが。

9:匿名さん:2006年10月31日

2chから夏房たたきがなくなる事があるなら、いじめもなくなるだろう。

10:meteor:2006年11月02日

毎日新聞コラム余禄10/31を読んでほしい。
チャゲ&飛鳥「YAH YAH YAH」から一部フレーズを抜粋する。
掴んだ拳を使えずに 言葉をなくしてないかい
傷つけられたら牙をむけ 自分を失くさぬために
今から一緒に これから一緒に殴りに行こうか
いっそ激しくなればいい 丸い刃はなお痛い
後に残る傷跡は 無理には隠せはしない。
夜明けだ朝だと騒ぎ立てずに その眼を開ければいい。
生きることは悲しいかい 信じる言葉はないかい
わずかな力が沈まぬ限り 涙はいつも振り切れる
今からそいつをこれからそいつを殴りにいこうか
僕の主張はこのうたのとおりです。
いじめられたら試してほしいことを書いていきます。

11:meteor:2006年11月02日

同じことを相手にもやりかえす。長いものを使うとさらによい。最近の子供たちは親にも殴られたことがないのでたたいた相手だけでなく目撃したクラスの子にも強いインパクトを与えます。その目的は自分をいじめるならそれなりの覚悟がいるのだと分からせることです。
いじめた側の母親に脅迫状を送りつける
どこの中学校の女生徒かは忘れましたが学校に告発文を送りつけもう死んでやると脅した方がいます。それよりも親を脅迫したほうが効果的だとかんがえました。一応アドバイスとして3段落にしたらどうでしょうか。
1.どんないじめを受けたか思い出せる限り書く。
2.いじめられた相手に思いのたけをぶちかます。
さらに身体的、精神的理由で今はできないが、もしできたら、どんな仕返しをしたいかを書く。
3.自分は明日から1週間学校を休むが、この脅迫状を
書いて9日以内にいじめをやめさせるよう説得しなければ自分は自殺すると書く。
書いた手紙を新聞社、教育委員会に送りつけると事件に発展する可能性もあります。 理想的な展開として
学校が全校集会を開きいじめ調査のアンケートに協力してほしいと頼み、いじめ側がことの重大性にようやく気づいたら解決するでしょう。
お母さんにいじめを打ち明け、一週間学校を休みたいという。親に迷惑をかけたくないというのは言い訳になりません。 親と子の絆は子供が思っているより強いです。今まであまり親の手を煩わせてこなかったいい子でも、そうだからこそますます子の困難を解決したいと思うでしょう。お母さんにそうなのかと尋ねてみなさい。
ひたすら耐え続けて学校に通う
これができなくて自殺してしまう中学生が多くて残念です。人間には慣れというものがあります。長期間同じ状態にさらされているとなんでもなくなります。
ですが耐えるために必要な心構えを1つ書いておきます。
「悪いことをしている人は可哀想な人である。」
と理解する。
いじめている側の顔をよく見てください。きっと
強烈なマイナスイメージを抱くような顔をしていると思います。それで相手の心がすさんでいて、何か嫌な境遇におかれているんじゃないかと同情の念が湧き起こるのではないでしょうか。ゲーム感覚でいじめをしている人たちは人の痛みを知らない無知で哀れな人々だと思います。あとことばの力は強いとか言いますが
「死ね」とか「うざい」「きもい」とかの言葉は若者言葉であって日本語ではないと思います。「死」という言葉がこういう形で使われるとは心外です。「死」の内実も知らないで、独断と偏見で使っているようにしか聞こえません。中学生の思春期独特のあふれる感受性でこういう言葉を受け止めず、単なる音、意味のない雑音として受け流しましょう。
言葉でしかいじめられない人々はけんかもできない情けない人たちです。いじめも1人でできるはずもなく
つねにグループで動き、互いの心の傷を舐めあっているに過ぎないのです。前に述べたように、脅迫状を母親に送りつけるのは母の責任を自覚させる目的です。
あといじめに耐えるのに役立つこととして
       勉強に打ち込む
というのもありです。基本的に中学校は高校受験に備えるための勉強の場です。もし授業に分かりにくいのがあったら自分で理解できる参考書を探してください。参考書は授業で分からなかったことを分かりやすく説明してくれます。長文を読む辛抱強さがいりますが。努力の甲斐あっていじめた側よりも頭がよくなると心理的優越感を味わえます。偏差値の高い高校、大学にいくことが楽しい人生のために必要です。まあ十分ではないにしても。結局、知識と教養のある人間が
最後には勝つのです。

12:ニンザブロー:2006年11月05日

いじめをされたら、メンタルケアを第一に考えたいところです。心が深く傷つき、自分を見失ってしまうからです。いじめは、盲目な人間の愚かさを笑う行為でもあります。また、「なんで」という理不尽さを、他人に与える八つ当たり行為でもあります。
盲目なぶつけ合い・・・自分の心を、真の意味で救う方法が必要です。

13:柳沢教授:2006年11月08日

便利な世の中になった分、大人も子供もお互いに、自律、自制できるスタミナやコントロールが足りていない。コントロールを失った為に、深刻なフラストレーションを抱え込んでいる。そのはけ口としてイジメや虐待に逃げている。真に自律、自制できるスタミナやコントロールを持たなければ、人同士が傷つけあうことに終わりがない。

14:いじめっ子の親が悪い:2006年11月09日

いじめる子の親の考え方が一番の問題。自分の子供に「いじめられていないか」と自分の子供さえよければ、またいじめは「いじめられる側が悪い」という臆病で卑怯な考え方を持っていると思われる。子供はそんな親のずるさを見抜いて、場合によっては自分がいじめられない為に「いじめ」を行っているケースもある。マスコミがもっといじめられた方に焦点を当てた取材をするのではなく、見せしめ的でも良いのでいじめた側の親を取材し、考え方を聞いてみたらよいと思う。きっとずるく逃げるはず。

15:こっこ:2006年11月10日

少年法の適応は万引き程度の人に危害を加えない事件のみで十分でしょう。

人に怪我をさせたり 恐喝して金品を巻き上げるのは犯罪。
いじめなんて言葉で片づけられるものではなく、犯罪。 

犯罪を起こしたら、まず刑罰を受けるべき。更正教育は その後で。

掃除を業者に頼む必要はないと思うけど、それ以外は 全て同感。

いじめた子の親を顔出しで取材するのもいいと思う。
いじめた側の親は 自分たちは悪いとは思っていない場合が多いから。
世間から白い目で見られて 犯罪者一家として恥をさらせばいい。

16:匿名さん:2006年11月13日

 そうだな。いじめた子供はもちろん、いじめた子供の親も十分に成敗する社会じゃないと、「いじめてもいいんだ」「いじめっ子を社会は守ってくれるんだ」と、いじめっ子が勘違いするだろう。

 あと、小さい、子供のいじめは社会勉強のためにかえっていいかもしれない。
 ただ、行き過ぎたいじめを止めるガキ大将がいなくなった今、
 誰かがガキ大将の役をやらなければいけないじゃないだろうか。

 それは先生かもしれないし、校長かもしれない。教育委員会かもしれない。とにかく、頭でっかちじゃなくて、ちゃんと昔ガキ大将だったような良識のある大人がちゃんと問題の解決にあたってくれればいいな。

 ガキ大将がいなくなったこの世の中、皆、誰か場をちゃんとしきってくれるガキ大将が現れてくれるのを求めているのかもしれない。
 

 

17:匿名さん:2006年11月19日

軍国主義時代に戻りたいのならそういうさいとに行って。

18:DA ME A VOI:2006年11月25日

簡潔明瞭に

 虐めをした「連中と親」には、法的制裁を!!!当然、住所、氏名を明らかにする。 これでかなり減るかな?  何もせず、虐めをやめましょう・・なんて、馬鹿か!!!!今頃、虐めサイドは、笑っているよ。何もお咎めなしでね。  こういう連中は、世間に曝す事だ。

19:匿名さん:2006年11月26日

まず、
●生徒に理不尽な強制をしない。
何かをやらせる時は納得のいく理由を説明する。
これは、可能であればとても有効でしょう。
ですが、現存する教師だけに留まらず、日本中の人を対象にして、学校の各学級に所属する生徒が20人だとしましょう。その中で20人の生徒全員を納得事ができる人が全国の学級の数だけ必要になります。
ちょっと現実的じゃないですね。
いじめの存在を失くす事は不可能です。
なぜ現代はいじめが社会的に問題視されるかというと、情報化が進んだからです。
一学校の内部の事情まで細かくメディアが報道します。
当然情報が増えれば、いじめを行う子供もメディアを通じていじめ方を覚えていきます。勉強していきます。
母親が気づかなかったとテレビで報道すれば、いじめを行う子供は、母親に気づかれなければいいんだと学習する。
いじめを減らしたいなら、いじめを行った人の末路を超リアルに報道し、ゴミのように扱っている映像を毎日流せばいい。

20:まい:2006年11月27日

いじめ問題で最近思うのはTVの変なコメンティターの安易な発言。逃げるな自殺は逃げだとか分ったこというんじゃないよと思います。あたしもいじめられてたからずっと。先生もみんなと一緒になってあたしのことばかにしてた。親は知ってても何もしなかった。10歳の時初めて生きててなにになるんだろう、死のうって毎日毎日思ってた。逃げじゃない。もうそれしかなかった。ずっと一人ぼっちだったけど救いがあたしの場合本を読むことでそれが勇気を出させてくれた。なにかつらいことがあったときそんな人にはそこだけが学校だけが全てじゃないからねって言いたい。いつかは学校なんて卒業できるし。あとさ自殺した子たちの親も疑問に思うよ。コメント聞くと?と思う。もちろん一番悪いのは「うざい」とかで死に追いやったいじめたやつらだけど(殺人と同じだよ)でも今先生とか学校に対してわめいたり怒ってるのっておかしいよ。だって自分の子供が一番楽しい10代なのに友達と遊んだりしないなーって、そもそも学校行きたくないって言い始めるとこから何かあるって気づいてあげなきゃ。親でしょ。何でも学校のせいってどうよ?あたしもいるよ子供。勉強は最悪だけど楽しいみたいだよ。でもたまに暗いからさやっぱりあたし「なんかあった?」って必ず聞く。本人はもう中学生だからうざがるけどさこっちは心配じゃない?そうするとちょっとけんかしてさーとか何とか言ってくる。会話しなきゃ。それに自分の子供だろ。わかんないの?って思う。そしていじめて自殺においやったやつらって実は殺したっておもってないとと思う。絶対反省してなさそう。未成年でも自殺に追いやることは殺人と同じ。そのまま転校なんて都合のいいことさせないでほしい。その親にも賠償金支払いさせてやるとか。いじめをやったやつらは施設に入れるようにしたほうがいいと思う。だって犯罪者だからね。

21:ランママ:2006年11月29日

私は35歳の主婦です。小学校の高学年でイジメをうけました。理由は私がアトピーだったから。まんがにされたりするうちに、だんだんエスカレートしていき卒業文集では酷い似顔絵を描かれ担任の先生に、親も見るしこの似顔絵をなんとかしてほしい。と訴えると先生は似顔絵を描いた生徒に描き直すよう言いましたが当たり前に描き直してくれるはずもなく反って酷くなりました。今思うと先生もそんなことどうでもいい的な対応だったんだな・・・。本人にはどうしようもない身体的なイジメは人として最低だと思います。中学、高校は友達にも恵まれ楽しく過ごすことができましたが、たまたま帰省したさいに私をイジメていたグループの一人と出会い、向こうから話し掛けて来ました。同窓会来なかったね。と・・・。聞けば過去何度も同窓会はあったらしく案内を出していたのはその子だったのです。つまり私に案内を出していないのにわざと同窓会の話をしてきたんです。小学の頃のイジメ・・・この人は
大人になった今でもこうやって私を傷つけたいんだな、イジメはまだ終わってなかったんだと実感した瞬間でした。その人にも子供がいます。こんな親に育てられた子供がまた人をいじめるんでしょうね。今問題になっている子供くらいの年の親と言えば、だいたい40前後、いわゆるツッパリが流行った年代に学生時代を過ごした人たちですよね?そんな育ちをした親に育てられた子供が同じようなイジメをするのではないかと考えます。一方でイジメられる側にも問題があることも認めます。それは仕事場に高校生のアルバイトが入って来て、学校でイジメに合っていると相談を受けた時に実感したものでした。彼女は明るく一見そんな風には見えないのにどうしてイジメられるのだろうと思いながら月日が流れていくうちに判ったんです。彼女は酷い嘘吐きで八方美人。これだ!イジメの原因はこれに間違いないと。結局仕事場でも彼女の口が災いして揉め事が起こり居辛くなった彼女はバイトを辞めていきました。人の注意や関心を引く方法を間違ってるんですね。いきなり停学とかにするのではなく、まず苛めた原因を問うべきだと思います。身体的な事へのイジメは最低の差別行為です。運転免許の更新で減点のある人が講習を受けるように強制的に根性を叩き直すべきだと思います。停学なんて無意味です。

22:倉印:2006年12月18日

自分がいじめられているという現状を変えるしかない。仕返し、相談・・・なんでもいい。自己を表現することを怖れて何もできないことが一番の敵。

23:空城:2006年12月26日

スクールポリスとかいたらもっとストレスがたまってそれでこそいじめ以外の犯罪に走っちゃうかもしれないと思います・

ぁと、「ガキどもには徹底して勧善?悪を叩き込まなければならない」って・
ガキがいじめ問題を起こすから悪い…みたいな

いじめる人が悪いとか・そーゆーの1番ウザぃです てかムカつく・
なんなの?大人って
        相談して とか 一人で抱え込まなくていいんだよ?だとか

いじめが問題になったら急に これを改善しなくちゃっていまさら動き出して

「大人」は「教師」は  『どうして気付いてあげられなかったんだろう?』
って・フザけんなって話


そーやっていつまでも正義ぶってる大人なんかだれが頼ろ-とすんだよ

正義が何なのか分かれょ・

24:ここの意見はわざとか?:2007年01月15日

上の2つと最後の意見などはまったく逆の意見を書いている。掃除の基本は整理であり後始末と次ぎ使う人への配慮!基本的にそれができないと社会生活は送れない。制服も必要だろう。決まった服装で共同作業を行う。決められたことを守り他人に迷惑をかけることなく行動するという仕付けの一環だろう 家庭で仕付けられてない現在、服装の乱れや持ち物検査、休み時間の監視も必要だ。それだけ乱れている。

基本的に刑罰に至る前に努力して苛め問題を解決することが考えられてはいない。アメリカなどではまず始めに苛める側と苛められ側の話し合いで解決を図っている。 その仕組みがあるしそれはまた少人数制学級で解決できるものでもない。 いじめとは色々ある ケースを捕らえて対処すべきものである。当然現在の加害者保護主義の社会では済まされないが・・ 

25:名無し:2007年01月21日

> 「世の中からイジメはなくならない」と言う人もいるが、そういう人はいじめがなぜ起こるのかが分かっていないのです。

もうこの時点で間違ってる。
事実を曲げてはならない。世の中からイジメはなくならない。
また、いじめの中でもシカト・罵詈雑言等の類は犯罪ではないし、
少なくともいじめと呼称してる間、また、事件化しないものを犯罪とは認識しない。
いじめはいじめ。区別して考えるべきだろう。犯罪の問題と教育・学校の問題を区別できない人間がいじめを語るので困る。
よくいじめが原因で自殺というが、自殺の原因は誰のせいでもなく自分がやったことだ。
私情を挟んだ私怨、義憤、または思想によって真実が捻じ曲げられることは真に遺憾だ。
追い詰められた人にとってのカウンセラーや相談相手は
大変頼もしいのだろうが彼らは本当のことをいってくれる人ではない。
ためを思っていってくれるプロだ。だから結局迷い人はどこかにぶつかって
自分というものを確かめつつ、ぶつかってぶつかってその過程で
自己の道を修正していくしかない。しかし、中には道を修正する意思のない
堕落した人間(通称メンヘラ)も多くいる。そういうのは、まず否定しなければならない。
その状況を打破してもらうためには、相談相手に依存してもらっては困るのだ。
甘い言葉で済ましてはならない。
完全に堕落した人間、悪に染まっていく人間は自分自身で律する強い心を持ってもらわないと社会が困るし
何より本人らが不幸だろう。彼らには真実を受け入れるだけの器がない場合が多い。
本当は誰かが指摘しないといけない。間違ってると。良い方向を向けと。
そうしないと何時までたっても進歩がない。

いじめがなくなる、ということは差別が一見なくなるということ。
差別が一見なくなるということは平等になるということではない。
良い悪いの問題ではないが必要悪に近い形でいじめも差別も存在している。

先進国がなぜ豊かか。後進国や国にも属さない人々が不当に安い賃金で
労働しているからだろう。そして、不当に安い賃金で働かされている人々は
その待遇に大きな不満を持っている。しかし差別を認めない人々は
それを差別といわず、それ相応の待遇とするだろう。

もし、本当に平等に近い世界というのが存在するというならば、
そこにいじめは存在するし、そのいじめの存在を認めることも許される。
なぜなら、どんな社会にも不平や不満は存在するだろうし、たとえ平等に近いといえども
人は生まれながらに不平等であるからだ。生まれながらに金持ちであったり貧乏であったり、
体格が良かったり貧弱だったり、それが原因で軋轢も生じるのが自然だ。
問題はそれをどう解決するか、当事者がそこをどう切り抜けるかではないか。

26:χ 朧夜 χ:2007年01月21日

私は今受験生で前期で使えるニュースあるかなぁと探していたところココにたどり着きました、読んでいくうちに段々私も書きたい(汗)と思い書いてます。

私もひどいイジメではないけどイジメ経験者ですがやっぱり自殺それは【禁じ手】だと思います、自殺したら元も子もないってやつです。
人に相談できたらより一層いいのですが・・・それができない、またはしたくない場合、対処法方を考えるんです。
私の場合はいじめられてた日々は毎日がゲームと考えていました。
もともと毎日がつまらなかった私に【神様がくれた変化】が虐めだったのかなと考えてます。

まず  ,忙弭佑鯤僂┐撞圓瓩討る奴らを上から見下すことです
(あぁ・・・こいつらまた来たよ / そんなに私を虐めて嬉しいか?W)などなど
私の場合「そんなに私が羨ましいんだw」と思ってました、虐めたがるのは自分が羨ましいからとも考えてました

次がポイントめんどくさいと思いますが日記です
【虐められた日、誰から、いつからか、どんなことをされるか】すべて書き記します、ビデオテープなどで自分にされた傷を撮っとくのもいいかもしれません。

それを不自然な形で(見つけられるように)親の前や学校の職員質の前などに落としとくといいですね、中を気にさせるような題名にでもしとくといいかもしれません。
※当たり前ですが見られないように

そうすれば何日かのうちに親か先生にその手帳のことを聞かれてくるか何かの変化を得られるでしょう、そうしたら全てをぶつければいいんです。私の場合先生でした。すごい私が号泣して;;そこで先生が言ってくれたコトは「泣くコトは格好悪いことじゃない、全てを言ってくれたことに感謝するよ」といってくれました、そのあとその先生はみんなの前で名前をふせて話してくれたそうです。

これは私の場合です
参考ほど立派ではないです
自分でもっと理想的な罠を構えとくと最後に虐めてた奴らのことを笑えるかもしれないですよ。

もっともっと苦しい現状に立ってる人がいるかもしれません。でも自殺だけは考えないで下さい。同じ虐められる側に立ってる人を私は応援したいです。こんな形ですがもしそういう方が見てくれたら私は応援しているということを忘れないで欲しいです、私だけではないでしょう、多くの人が応援してくれてると思います。変な投稿ですが書かせていただいてありがとうございました。

27:匿名希望:2007年01月30日

間違いてきな解決法ダス。この解決法はあまりにも過酷ダスね。
もっと簡単な解決法が良いと思うダス
たとえば‥いじめているアホを厳しく叱るとか‥
あとはもっと気楽に話すとかー。
あっ独り言でスマソ。

28:匿名さん:2007年01月30日

苛められる側が強くなるしかない。
苛めはけして無くならないから。
学校が終わっても今度は社会で自立して生きていかなければいけないから。
知恵と勇気で立ち向かえる強い精神を育まなくてはいけない。
ゆとり社会じゃ今後の国際社会で生き残れない。
死活問題になるかもしれない。

と、元苛められっ子が云ってみる。

29:MIYA★:2007年02月01日

どうしていじめをしているの?
悪いとわかってるのに・・・???
わかりません?いじめられてる人は、ひどいいじめでたえれなかってら、死ぬ方法を選んじゃうですよ!!
死んだら、どうなるか私は想像も、できません!!!
いじめられてる人は、それに耐えて強くならなきゃ、いけないの??
いじめられてる人は、悪くないじゃないの???
なんで、悪いの?なんで、なんで?
わかりません???

30:shimashima:2007年03月12日

私は小学生の頃4年間に渡りいじめを受けた経験があります。あまりにも長い冬でした。自殺を考えた事もありました。今年に入り『かかしの旅』という一般公開されていない映画を観ました。この映画はいじめ問題をシビアに再現しています。これまで観て来た関連映画の中でもここまでいじめを受けている子供の目線に立ち、リアルに描写している映画はなかったのでは…と思います。この映画で一番印象に残っているのが只受けている子供を嘆く…という視点で制作されているのではなく、いじめを起こす子供たちの心境も、受けている子供の目線から描かれているという点だと思いました。その視点が非常にリアルで、自分の子供の頃を思い出すと同時に、改めて現在で起きているいじめ・自殺・家庭問題に深く心を痛めました。理不尽ないじめ…でもいじめをしている側はどんな心境なのか。この問題に心を痛めている皆様には是非一度観て頂きたく思います。同時に関連サイト『かかしの旅』応援サイトでは問題を通し、人と人との関わりをテーマに掲示板なども設けられています。一人で悩まず、まずはインターネットを通し、心の傷を和らげていく事も大事な手段の一つだと思います。参考にしてみて下さい。
『かかしの旅』
http://www.film-crescent.com/kakashi/
『かかしの旅応援サイト』
http://www.kakasi.jp/

31:TM:2007年03月22日

答えは一つだけです。
いじめは相手との『距離感』が保てないので起きるのです。
逆をいえば【なれなれしさ】は悪夢を生み続けます。
今の日本の全ての問題がこれだけで解決できます。
実は意外と簡単なのですが。。。

キーポイントは明治維新から始まった教育制度からです。
さぁ皆さんはこのことが理解できますか?

32:れもん:2007年03月31日

この『いじめの解決策』は単に『いじめっこ追放策』のようにも思える。
いじめたらその時点で全て終わりみたいなことしたらいじめてる側も追い詰められちゃう。
もっと子供を守ってあげてもいいと思う。
守るっていうのは色んな意味があるけど、圧力をかけたところでいじめっこ側のストレスやモヤモヤは他へ移るだけなんじゃないかな・・・
いじめをなくすことはすごく重要だけど、そのあとのことも考えたらこの対策の累々には賛成できないな・・・

33:匿名さん:2012年07月30日

そんなんだから
最近の子供はゆとりだなんだと
言われるんですよ

<<強い奴と弱い奴どちらから倒すべきか?最終回答 | 目次 | 死姦する男、獣姦する女>>
名前 URL(省略可):

名前を記憶しますか?はいいいえ

カテゴリー瞑想 | 日本列島 | プレートテクトニクス | 地震学テレゴニー幸せになる方法経済宗教処女厨税金哲学文章術民主主義▲TOP