憂鬱を吹き飛ばす!ダッシュ療法

ランニング
特に理由もなくジワ〜っと嫌な気分になっている時は、頭で考える認知療法では気分が良くならないだろう。
そんな時は全力疾走する事をオススメする(`・ω・´)

全力でダッシュすれば頭が真っ白になって憂鬱など吹き飛びます。気分転換する方法としては全力疾走こそが最速・最強だろう。
走る事で爽快感が得られるし、息があがるので強制的に呼吸が改善される。

呼吸法ってのは脳の状態にかなり影響を与えるらしい。ウツな人は慢性的な酸欠状態にあるのではないか?
3秒ごとに吸って吐いてを繰り返すのが脳にとっては一番良い。
ダッシュすれば呼吸が激しくなるので脳に酸素が行き渡る。それもまたウツ症状の改善に役立つのです。

コメント 0▲TOP

脳トレでウツを解消できる?

鬱病患者は脳の前頭葉の血流量が低下しているそうだ。
ウツが脳の血流低下と関係あるならば、ウツの時は脳トレをすれば良いんじゃないだろうか?

脳トレの第一人者、川島隆太教授の話では脳がフル回転している時は脳の血流量が増加する。
鬱病患者に脳トレをさせれば、脳の血流量が正常な状態に回復し、ウツ症状を改善できるかも知れない。

代表的な脳トレの手法として「音読」と「単純計算」がある。
音読に効果があるなら、歌を歌うのも良い筈だ。ウツに対しては歌う方が即効性の効果が得られるように思う。
「失恋した時はひたすら歌って気分転換する」って人も多いみたいだし。
失恋も一種のウツですから、失恋に効く事はウツにだって効くんです!

楽器演奏も良いらしい。子供の頃に楽器を習っていた人はIQが高い。
学生に楽器演奏を習わせると、勉強だけしてたグループより試験の合格率が高かったりするそうだ。
音楽は脳トレにとても効果があるみたいですね。

それからウツな気分の時はやはり外出した方が良い。
家の中で同じ景色ばかり見てると思考も停滞して堂々巡りするだけだ。
外で露出度の高い服装のおネーちゃんを眺めたりするだけで暗い気分なんて吹っ飛ぶだろwww
歩けば足の筋肉が使われ、それがポンプの役割を果たして頭に血を送ってくれます。

昔テレビでやっていたが好きな異性と会話すると脳がメチャクチャ活発に働くらしい。当然血の巡りも良くなる。
女っ気のない生活(その逆も)がウツを引き起こしているのではないか?

長期の鬱病患者はストレスで脳の海馬が萎縮してしまっているそうです。
脳トレが直接ウツに効くかどうかは不明だけど、ウツ病患者にはやはり脳トレが必要だと思います。

コメント 2▲TOP

冬季うつ病に勝ったど〜っ!!!

冬
毎年冬になるとウツ状態になるんだけど今冬はまだ憂鬱な気分になってない。この調子ならウツにならずに冬を乗り切れそうだ・・・
冬季うつ病になる人は寒さに弱いんじゃないかな?冷え性と絶対関係してると思う。
俺の場合、手の平が氷のように冷たくなってくると精神状態も悪くなる。
今はまだ手が温かいから大丈夫。体温・体調を管理できればウツを予防できるんじゃないか?

季節という「環境の変化」が冬季うつ病の原因なのだから、いくらポジティブシンキングしたって無駄なんです。
冬季うつ病を治療するにはメンタルではなく環境・行動を変える必要があります。
寒いと動くのも嫌になるけど何もしないでいると余計にウツが悪化する。冬になっても良い生活習慣や運動を続ける習慣力こそが冬季うつ病対策の決め手だと思う。

冬だけウツになるのは「寒さ・日照不足・運動不足」の3つの影響が大きいでしょう。だからこの3つを何とかすればOK。
以下に冬季うつ病を克服する習慣を箇条書きしておきます。
----------

無理に外出しない
家の中の方が外より暖かいし外出すると疲れが溜まるので無駄に外出せず体力を温存しましょう。

風邪に気を付ける/うがいと手洗いの励行
風邪を引くと一気に精神状態が最悪になります。
うがいするようになってからは殆ど風邪を引かなくなりました。外から帰ったらすぐお風呂に入るのもオススメです。

早寝早起き
深夜まで起きてるとうつ病のリスクが高まる
冬は日照時間が短いのでその分早寝早起きしましょう。冬こそサマータイムで生活するのです!
寝付けなくてもネットとかやってるよりは寝床でただ横になってる方がマシです。

定期的に筋トレ・運動する
筋肉は熱源になるので筋トレしないと体温が下がってヤバくなります。週に一回で良いから筋トレをしましょう。

コタツにもぐらない
コタツにもぐって寝たきり状態になるとみるみる体が弱っていきます。コタツを使うくらいならエアコンの暖房のスイッチを入れて部屋全体を暖めましょう。
エアコンを使いっぱなしにしても一ヶ月の電気料金は3千円くらいしか増えないので、ここはケチらない方が良いです。

なるべく立つ
足の筋肉は脳に血液を送るポンプの役割を果たしています。脳血流が低下するとうつ状態になるので家の中でもなるべく立って足の筋肉を使えばウツになりにくくなります。

コメント 0▲TOP

反論思考でポジティブ・シンキングぅ〜♪

クヨクヨするのってホント良くないらしいね。不安傾向の強い人はクヨクヨしてないと落ち着かなかったりするんだけど、ネガティブ思考は心身の健康を害するだけで百害あって一利なし!
長期のウツ病患者は脳が萎縮している。脳を守りたいならポジティブシンキングを心がけなくてはいけない。

ネガティブな考えが浮かんだらそれに対して反論を試みると良い。
「俺はダメだ俺はダメだ俺はダメだ・・・」とネガティブ思考を反復し続けるからウツになる。
「俺はダメ・・・ではないかも知れない。なぜならば〜」と反論を考え、思考の抜け道を作るとウツから抜け出しやすくなる。一種の認知療法だよ。

こじつけでも良いから無理やりにでも反論してみるんだ。「推定無罪」の原則でポジティブに解釈できるならそれを受け入れる。
このポジティブ反論思考の破壊力は抜群だよw ポジティブに考えたら底辺負け組の自分が勝ち組に思えるほどだwww

↓こんな風に考えれば誰でも幸せになれますよ。

ブサイクやなァ自分・・・

→ブサイクなんてその辺にいっぱいいる。むしろブサこそがデフォ。

ハゲそうで怖い・・・
→髪なんてただの飾りですよ!!なくても一向に困らんぜ。

最近自分がワキガである事を発見した\(^o^)/
→いや臭くねーってこれ!むしろ良い匂いだっつーの!嗅いでみ。ヤミツキになるぜ?ムハーッたまらんwww

モテない。ヤリたい・・・
→SEXなんて都市伝説。マスコミの捏造だ!

働ける気がしない・・・
→働かずに生活できてるなんてラッキーじゃね?せいぜい今だけでも楽しもうぜ!

金がない・・・
→衣食は足りている。贅沢しなきゃ良いのサ。

生きてる価値がない気がする・・・
→俺は100年後に評価されるタイプ(`・ω・´)

孤独すぎて死にそうだ・・・
→家族がいるから天涯孤独ってわけじゃない。面倒な人付き合いがなくて楽な部分も大きいんじゃないか?

う〜んどうだろう。見方を変えれば俺ですら幸せ者なのかも知れないね。。。
実際、俺は現状でも友達や恋人がいたならそれだけで幸せ感じられちゃうと思うんだよね・・・いないから問題なわけで。

まぁどうせポジティブシンキングしたって一時の気休めにしかならないけどね・・・
→この一瞬こそ永遠だ・・・!

コメント 0▲TOP

寂しいときの対処法

人が孤独を感じるのには二つの原因がある。

1.会話をしたいという欲求
2.人と触れ合いたいと言う欲求

この二つの生理的な欲求が満たされないと、うつ状態になって精神に不調をきたす。
それが「孤独感」や「寂しさ」として感じられる感情の正体である。

要はこの二つの欲求不満を解消してやれば良いのだ。手近に話し相手がいないなら自分で自分に語りかけると良い。
さびしさに打ちのめされている自分自身を励ますのだ。「大丈夫だヨ。何も心配いらない。自分がいつも一緒にいるよ」という具合にね(`・ω・´)

その際、自分の手や体を撫でたり揉みほぐしたりしてマッサージするとスキンシップも図れてより効果的だ。
「人と触れ合いたい」という欲求も自分自身に触れる事(タッピングセラピー)である程度解消できる。あるいはペットやぬいぐるみを抱きしめても良いだろう。

真に自立した人間を目指すなら、孤独感くらい自力で解消できねばならぬ!!
諸君らも是非この方法で孤独と闘い、大勝利を収めてもらいたい。

コメント 0▲TOP

加齢ウツ

年を取るほど社会的なプレッシャーが増して憂鬱になってくるな・・・
加齢によって色んな「希望」が失われていくからテンション下がざるを得ない。
子供の頃は何もかもが新鮮だったのに年々人生がつまらなくなってくる。
感受性も落ちるし、何らかの脳内物質が日々減少しているのでは?

文化的な要因もあるだろう。日本では大学生が一番幸福度が高くて年齢を重ねるごとに幸福度が下がっていく。
アメリカでは逆に若い時ほど幸福度が低くて高齢になるほど幸福度が増す。
そんなアメリカでもやっぱり年を取るのは憂鬱らしく、誕生日前後で自殺率が高まるそうだ。この現象はバースデイ・ブルーと呼ばれている。

バースデイ・ブルー対策としては「自分を実年齢より若いと思い込む」のが良いんじゃないかと。
自分の事を年齢より若いと思っている人は幸福感が高くて健康だと内藤誼人さんの本に書いてあったし。
まぁ最終的には「老い」を受け入れるしかないのだろうが・・・

コメント 0▲TOP

こだわりを捨てると楽になる

何か特定の考えに「執着」するのを止めると楽になれる。
俺は昔、かなりの潔癖症だったんだが潔癖でいる事に疲れてしまって「汚れてもいいや」と思うようになったら物凄く楽になった。
「こだわり」は人に不合理な選択をさせる。こだわりを捨てれば合理的に生きられて得できます♪

人は基本的に他人に迷惑かけない限りは何やっても自由な筈だ。しかし無意味な社会常識などに「こだわる」事で人は自らを縛り付けてしまう。
モラルなんて捨ててしまえば楽になれるのに・・・
だがきっと捨ててはいけないものもあるのだろう。
人として生きる為に・・・

コメント 0▲TOP

冷え性はつらいよ

俺は自分を冬季うつ病だと思っていたが、毎年冬にうつ症状が出ていたのは冷え性が原因だったようだ。。。
冷え性を自覚・対策したら冬季うつ病にならなくなったw 毎年冬が来るのが怖い、冬がトラウマになるくらいウツになっていたのが嘘のようだ。
もう少し早くに冷え性が原因だと分かっていれば、あんなに辛い思いしなくて済んだのに・・・かなり人生損した気分。

冷え性なんて言うと大した事なさそうに聞こえるけど、悪化すると寝込んで動けなくなっちゃう人もいるし重度のうつ病に匹敵する辛さがある。
冷え性を甘く見ると命取りになります(`・ω・´)

俺が長年試行錯誤して編み出した冷え性対策法を書いておくので冷え性で困ってる人は参考にしてみて下さい!!!!!!!

●沢山食べる
筋肉や脂肪が少ないと寒さを感じ易い。冬の間はいつもより多めに食べて体重を増やしましょう。

●部屋着も重ね着する
一枚着るだけでは足りません。部屋着や寝巻きも三枚は重ね着しましょう。

●手をこすりまくる
手が冷たくなったら両手をハエの様にこすって摩擦熱で暖めましょう。筋肉の運動になるので体温も上がります。

●湯たんぽを使う
寝る時に湯たんぽがあれば部屋に暖房がなくても寒さを感じないです。
硬いプラスチック製の容器ではなく柔らかい素材で作られた袋状の物がおすすめ☆

●エアコンを設置する
エアコン最強。これに勝るものなし。

コメント 0▲TOP