資本主義は邪悪に進化する

研究結果:お人好しほど収入は少なくなる

「いい人」は損をしており、少なくとも稼ぎが大幅に少ないことが分かった。ウェスタンオンタリオ大学のチャーリス・ハーストが行った研究によると、協調性の高さと収入のレベルは反比例するという。

「性格が悪い方が高収入になり易い」というのは経済活動の本質を表しているのではなかろうか?
ブラック企業とホワイト企業が同じ土俵で勝負したらブラック企業が勝つのは当たり前。結果として世の中はブラック企業で溢れる事になる。

紙幣
貧乏人は結婚できないから金持ちだけが家庭を持ち、邪悪の遺伝子が広まっていく。
悪人の方が競争に有利なら適者生存で代を重ねるごとに資本主義は邪悪さを増していくのです。
「邪悪になるな」が社是だったグーグルもいつの間にか邪悪になってしまった。競争に勝ち残るために自ら邪悪へと「進化」したのでしょう。

しかし善人が完全に敗北する事はない。利己主義と裏切りが支配する世界に「協力」が生まれるように、資本主義はあるレベルを超えたら自壊し、「反資本主義的」な思想や行動の方が優勢になってくると思います。。。

【関連ニュース】
アメリカの若者「社会主義に好意的」と答えた人は51%にのぼり、資本主義の45%を上回る

コメント 0▲TOP

サイコパスの功利主義

トロッコ問題では他者への共感意識が低い人ほど「少数を犠牲にして多数を助ける」選択をするらしい。
意外だがサイコパス的な人間は功利主義を好むようだ。人助けには見返りが期待できるので単に自分の評価が高まりそうな選択を選んでいるだけかも知れないが・・・

最大多数の最大幸福を追い求める功利主義だけを判断基準にするのは危険だ。
「5人を助ける為なら無辜の一人を殺して良い」とする考えが正当化されて良いはずがない。
有名な功利主義者のピーター・シンガーなんかは「新生児は殺しても良い」とまで主張している。さすがに異常だろう。
功利主義とは実際はサイコパスの思想ではないか?

功利主義は「役立たずは死んだ方が良い」と言う考えや、全体主義、国家主義、ナチズムと容易に結びつく。
相模原で障害者を大量殺戮した植松聖の動機は正に功利主義だった。
功利主義の行き着く先は少数者の排除であり全体主義だ。なぜなら画一的な価値観で全体が統一されていなければ最大多数の最大幸福は達成されないからだ。

功利主義を正しく機能させるには利益以上に優先される絶対的な道徳律が必要。それはつまり人権という事になるだろう。
人権意識の低い日本の様な国で功利主義を広めると、少数者を虐げるだけの結果に終わる。
功利主義的に良い国を作りたいなら、まず人権意識を高める事から始めるべきだ。
あと安倍総理はサイコパスだと思う(´・ω・`)

コメント 2▲TOP

税は金持ちから取るだけで足りる

今、日本は上位20%の富裕層が全体の80%の富を握っている状態です。
これだけ差があるのなら、8割の庶民に税をかけた所で大した税収にはならない。
貧乏人は無税にしても金持ちにたっぷり税を払わせれば十分である。その方が効率も良いしw

格差
ビルゲイツは死ぬまでに資産の95%を寄付するといっているが、日本の金持ちは絶対に寄付なんてしない。だから金持ちの資産に95%くらいの税をかけたって別に構わないだろう。

国家に存在理由があるとすれば、それは富の再配分である。
自由競争をやらせると強者が富を独占するようになるから、国家が介入して弱者を救済する必要がある。
ところが自民党政府は逆に金持ちを優遇し、弱者への福祉を削るような政策ばかりしていますね。

OECD加盟国中で日本は、福祉を受け取るべき層が受け取れる福祉費より払っている税金の方が多い「唯一の国」である。
つまりこの国に福祉なんてねーんだ。そうやって貧乏人から巻き上げた税金が公務員の高待遇などに使われている。
富の再配分どころか国家が率先して貧困層の金を収奪しているのだから救いようがない。ベンジャミン・フルフォード氏が言う通りこの国は「泥棒国家」なのです!

自民党は消費税を増税する事しか頭にないようだが、生活必需品にも一律で税がかけられる日本の消費税は人頭税と変わらない最悪の制度。
高級品には高い税をかけるようにして、生活必需品を無税にすれば格差是正にも繋がる。

自民党の政治家は↓このコピペでも読んで経済をちょっとは勉強しろよ!!

消費税を上げても景気悪化で税収激減するのは過去経験したばかりだし解りきっている。
米国は1910年代後半から最高税率50→75%の所得再配分応能負担強化で空前の
好景気に沸いたが 1925年に最低の25%へ応能負担弱体減税の結果、承継したフーバー大統領誕生の
1929年アメリカで株価大暴落が発生し世界大恐慌へ突入した。

その後、ルーズベルトは最高税率63~92%へ所得再配分し超大国となり株価も大幅上昇し
財政再建も成功した。 クリントン米大統領はルーズベルト税制を参考に
「富裕層所得税累進増税の応能負担強化の税制改革」を断行し
国際競争力を再強化し株高と経済成長と財政再建の構造改革に大成功を納めた。
逆に累進緩和したレーガン税制やブッシュ税制では所得再配分機能の低下を招き、
中低所得者層の高消費性向の増殖性を活用できず国際競争力は停滞弱体化した。

日本では、敗戦後、吉田首相は敵将ルーズベルト税制の効果を良く知る戦中戦後
大蔵省主税局長だつた池田勇人を重用し、その意見を取り入れ高累進所得税制を採用し
付加価値消費税廃止を昭29年断行した。 池田勇人は総理大臣となり更に高度経済成長と
財政再建のために最高税率75%の応能負担強化の高累進所得税制を導入し大成功した。
ところが、バブル崩壊後に馬鹿な日本政府は消費税を導入して所得税の最高税率を37%まで
引き下げ、経済的大停滞を招いた。

結論・・・・・・・・・・・・・・・
消費税を上げて所得税の累進性を緩和すると経済は更に衰退し、
消費税を廃止して所得税の累進性を強化すると経済は更に発展する

【関連】
トリクルダウンは嘘だった

過去100年のデータから見て、最高税率とGDP成長率はほぼ比例関係にある。最高税率が75%を超えるときこそ成長率が高い。

日本人富裕層の納税額が米国の半分以下という不公平
世界人口の半分と同じ富が62人の富豪に集中

コメント 0▲TOP

お金は平等ではない

ホリエモンが「お金は平等だ」と言っていた。「お金で買えないもの、例えば家柄や肌の色などは差別につながる」からと。
でも本当はお金って本質的に平等なものではないと思うんですよ。生まれながらに貧富の差だってあるし。
お金持ちと貧乏人ではお金の「価値」自体が違ってくる。
年収二千万の人間と二百万の人間とでは同じ一万円でもそれに感じる価値は10倍"以上"の差がある。
年収が1500万円を超えるとそれ以上収入が増えても幸福感は変わらないそうです。必要以上のお金はあってもなくても同じなのでしょう。

金があればホリエモンにだって美女がいくらでも群がってくるけど、女の方はお金のために嫌々やってるのに、一方のホリエは自分にとって痛くも痒くもない金額で女を買う事ができる。果たしてこれは平等だろうか?

この「金銭感覚の違い」こそが少女売春が禁じられるべき理由の一つだ。
収入を得る手段を持たない少女にとって二万・三万の金は大金だが、金満オヤジからしたらタダ同然の値段なのです。
経済事情に差があるのだから合意の上であってもやはりこれは少女に対する「性的搾取」と思わざるを得ない。

cash.jpg
そもそもお金を使った売買で完全な等価交換はありえない。まったく同じ価値の物だったら交換する意味がないからだ。
お金のやりとりでは必ずどちらかが損をしている。公平ではない。
人間は「不公平」な扱いをされると怒りを覚える本能があるので、売買をすればするほど双方に不満も溜まっていく。
過度なお金のやりとりは人間を不幸にすると言えるでしょう。だからお金が絡む仕事仲間といるより、貸し借りのない友達と一緒にいる方が楽しく感じられるのです。

福祉大国の北欧では貧乏人は殆ど金を使わずに生活でき、そのおかげもあって国民の幸福度が世界一高い。
何をするにも金がかかる日本はGDPこそ高いが国民の幸福度は世界最低レベル。
日本社会は根本からして間違っているのではないでしょうか・・・?

コメント 0▲TOP

日本人は「蟻」を見習え

『クーリエ・ジャポン7月号 北欧に幸せのヒントを求めて』に書いてあったんだけど北欧では与党も野党も社会主義を支持していて国民も大半が社会主義者であるらしい。
北欧は実際に社会主義国家であり、他の資本主義国家よりも成功していて世界で最も豊かで幸せな国だ。
北欧こそ地上の楽園、真の理想国家だよ。世界の国々は北欧の社会主義モデルを模範とするべきだ。

北欧
しかし日本と北欧では民度・国民性が違いすぎてとても真似できないと感じた。日本は100年経っても北欧に追いつく事はないだろう。いや永遠にムリだ。
北欧の人々が社会主義の「利他的」な政策を好むのは根っこにキリスト教的な隣人愛、喜捨の教えが根付いているからだろう。無宗教の日本人とは考え方が違いすぎる。
ヨーロッパは平等である事を良しとしているが、日本では国家が率先して格差を拡大して不平等を広げている。
北欧が世界で最も先進的な国なら日本は最も保守的な国。真逆、正反対すぎてお話にならない。

日本人は依然として「強い者は何をしても許される」という直感的、動物的な弱肉強食の論理で動いている。
北欧の高邁な理想は日本人には理解できない。日本人が真似できるのはもっと原始的な下等生物のとかだろう。

地球上の全生物の半分は蟻だと言われている。蟻は地上で最も繁栄している種族。だから蟻の社会を調べれば種の繁栄に何が必要か分かるはずだ。
アリはそれぞれの個体が自分の為ではなく種族全体の為に働く超個体である。「個の野心が公の利益」なんて嘘だ。我欲の制限こそが公の利益につながる。

私有財産は認めない方が良いのかも知れない。特に土地の相続などは不平等過ぎる。
北欧は税率を高くして富の再配分を行う事で私有財産を制限している。
税率が高ければ自分だけリッチになる事は出来ない。だから「超個体」のように社会全体を豊かにしようとするインセンティブが働く。
格差を是とする日本ではエゴイストな人間が悪事に手を染めてまで金儲けに走り、その結果コンプガチャ(笑)だのパチンコ(笑)だのAKB(笑)だのと言った有害無益な商品が世に溢れて社会に打撃を与えている。
「自分さえ良ければ良い」と考えず国民全てが一蓮托生の超個体としてまとまるように仕向けるべきだ。

働きアリの2割は働いていない。一定数の暇な人員がいるというのも種族の維持に必要なのです。全ての人間が働いていて一人も欠かせない状態だと「不測の事態」が起きた時に対応できず、破綻してしまう。
いつでも対応できるフリーハンドの人間がいると便利なのです。ニートは家庭の潤滑油であると言えましょう。
それが分からぬ日本人は正直、蟻にも劣る(`・ω・´)

全体主義で全員が働いている社会は非効率なのです。憲法で国民に「労働の義務」を課しているのは世界で日本と北朝鮮の二カ国だけ。
80:20の法則があるのだから上位20%の人間が働いて残りの8割を養えば良い。20%の人間が富を独占して残りの8割が飢える様な社会は滅亡する。
「労働の義務」なんて百害あって一利無し。ただちに憲法を改正して労働の義務を撤廃するべき!!!!

【関連ニュース】
傷ついた仲間をアリが救助、巣が1.3倍に
自然界でも"個性"が重要! 「おっとり型」と「せかせか型」の共存が集団のパフォーマンスを高める
働きアリも互いに産児制限 集団の繁栄には「産まない」行為も必要不可欠

コメント 0▲TOP

公共事業を廃止してベーシックインカムを導入せよ!

道路建設などの公共事業は道路が必要だから作るのではなく、利権や雇用の維持が目的である。
公共事業に関っている建設業者は実質的に政府によって養われている。事業そのものはお金を貰う為に「働いてるフリ」をしてるだけの単なるポーズだ。まったく不要である。

「地方には公共事業しか産業がないから必要だ」という意見も多いが、公共事業を行うには資源を輸入したり機材を購入したりしてコストがかかるため、無駄に税金が使われてしまう。

明石海峡大橋

巨大な橋梁や生涯学習センター、都会に野菜を運ぶために作られた空港、

堰きとめられたダム、削り取られた山の土で埋め立てられてコンクリートで覆われた海、、
この国は面積辺りアメリカの30倍、年間世界一の量コンクリートを使って
公共事業という名の官僚の横領、天下りの為に無駄なモニュメントを造り続けてる。

アメリカの軍事費なんて軽く抜いてるし、何回パナマ運河が造れるんだ?という異常な状態。
にも関わらず、官僚の無駄遣い全体から見ればこれもほんの一部だよ。

by 名無しさん

こんな環境破壊をやるくらいなら公共事業なんてやらない方がマシ。働かなくても良いから直接市民にお金を渡してしまえば良い。
公共事業の代わりにベーシックインカムを導入すべきである!

公共事業で企業を通して国民にお金を渡すと、ピンはねや収入格差の問題が生じるが、ベーシックインカムなら一律に支払われるのでより平等だ。

日本の生活保護は諸外国と比べて圧倒的に受給率が低いという問題を抱えている。ベーシックインカムなら生活保護の問題を解決し、労働環境の改善にも役立つ。

不要な労働がなくなれば、古代ギリシャの様に文化・学問の追求に時間が使われるようになり、文明が更に発展するだろう。
公共事業の多くは有害無益。ベーシックインカムこそが、真の公共事業なのです!

【関連ニュース】
ついにザッカーバーグ氏も! ベーシックインカムの導入を提唱

「テクノロジーは進化し続けている。だからこそ生涯を通した継続的な教育の提供をより重視する社会を目指すべきだ。
もちろん、やりたいことを追い求める自由をすべての人が享受するには、コストがかかる。
そのためのコストは、私のような人間が払うべきだし、
君たちの多くが成功を収めたなら、その時は君たちも払うべきだ」とザッカーバーグ氏は述べた。

一方、税を払いたくないビル・ゲイツは「ロボットに課税しろ」とトンデモ主張
【TED】貧困とは「人格の欠如」ではなく「金銭の欠如」である

コメント 0▲TOP