共感能力が創造性を高める?

動物の「心」について

神経学者の科学者パトリック・ホフと共に、科学的にこの問題に取り組んで見よう。ホフは何と「どの動物が感情を持ち、どの動物が感情を持たないか」を判別できる手段を発見したのだ。
パトリックは人間の前帯状皮質の研究中に奇妙な形をした神経細胞を見つけた:非常に細い形の、人間に固有の神経細胞だ。チームは発見を祝ったが、この細胞は1970年代に「フォン・エコノモ細胞(VENs)」として発見されている事が後ほど明らかになった。
この「錐体細胞」と名付けられたこの細胞は、最近では人間の「心」を解き明かすキーとして現在熱い注目を集めている。
神経細胞は、一般的には周辺の神経としか交信しない。しかし錐体細胞は非常に長い構造なので、長い距離に渡って信号を伝える事が出来る(もし通常の細胞が近所との「会話」なら、錐体細胞の交信は脳内に響く「放送」なのだ)。
このため、錐体細胞は脳の新しい部分(言語野、論理的思考を司る部分)と、古い脳(本能、感情)の交信を司っていると考えられているのだ。

説明しよう:
誰かが哀しそうな目をしていた場合、あなたの目はこのイメージを脳に伝え、脳は「あの人は悲しい」と判断するーーだがこの「思考」を錐体細胞が「感情」部分に伝えるため、あなたも実際に悲しみを感じることになる。
つまり、錐体細胞は「共感」の感情を可能にするのだ。

脳の広範囲にまたがる錐体細胞が他者への共感を可能にしているそうだ。
ショーペンハウアーは「同情心」こそが道徳の根源だと言っていたが、正にその通りで脳神経レベルで共感能力の有無が人間と動物の「心」の違いを生み出している。
他者への同情にはオキシトシンなども関与しているが、この錐体細胞もまた重要な要素であろう。

脳の構造が共感能力を決めるのであれば、脳の発達障害や子育ての失敗によって共感能力の低いサイコパスになる可能性がある。やはり共感能力を鍛えるためには体罰が必要なのではないか
加齢によって脳が衰えると他者への共感能力も衰え、モラルが低下する。

絵を描く象
脳の広範囲を刺激する錐体細胞は創造性を高める働きも持っているのではないか?無関係な領域を結びつけるのは創造力の基本だからだ。
つまり錐体細胞の発達によって人間は共感能力(道徳)と創造力の両方を手に入れた。

錐体細胞の多寡は進化によって増減するだろう。道徳心や創造力には民族差が存在する可能性がある。
薄情で創造力がないと言われる日本人は錐体細胞が少ないのだろう。進化した人種ほど共感能力が高いため、道徳心と創造性に優れている。
日本人は劣等民族なのではなく、むしろ下等生物に近いのです・・・

【関連】クリエイティブな人の心の内面や脳は一般人とどう違うのか?

バロン博士によると、創造性は知的、感情的、道徳的などの特性全般に関連性があるように見えたとのこと。

日本人は「蟻」を見習え

コメント 4▲TOP

殺人のパラドックス

殺人事件では「被害者」の側にも問題があるケースが多いと言います。人を殺すと言うのは余程の事であり、相当の恨みを買っていなければ殺されたりはしない。
つまり殺される様な人間には「悪人」が多いのです。
実際、もし殺人が合法化されたら真っ先に殺されるのはお金持ちでも弱者でもなく「嫌な奴」でしょう。

皮肉な話ですが殺人発生率が高い社会とは「悪人が淘汰されやすい」社会であり、それは結果的に社会の中での善人の割合を高めます。
『ナポレオン -獅子の時代-』によればフランス革命時代に戦死する人間の「4人に1人」は味方に撃たれていると噂されていたそうです。
戦闘のどさくさに紛れて「嫌な奴」が味方によって殺されていたのでしょう。
現代フランス人が利他的で愛情深いのは性格の悪い人間が殺され、淘汰されたおかげかも知れません。
利他的行動は戦闘で進化すると言われているので、これは決して突飛な考えではないでしょう。

gg.jpg
image: Gordon / flickr

フィリピンは殺人発生率が高い国ですが、そのイメージとは違ってフィリピン人は優しい人が多いのです。
逆に殺人発生率が低い安全な国の日本は性格が悪い人間が多い。殺されてもおかしくない悪人が生き残ってしまっている為でしょう。
日本は殺人の代わりに自殺が多い。ストレスを受けると相手を殺す代わりに自殺してしまう。日本は悪人に有利な国です。

臆病で銃社会の意義を認められず、悪人に囲まれても自殺という手段しか取れない日本人なんて生まれてこない方が幸せですよ、本当に。

【関連リンク】
幸福は気分の一つ...ではなくDNAの作用?研究

実際のところ、幸福と安全は逆相関の関係にあるようだ。南米(大陸)北部とサハラ以南のアフリカは世界では殺人や強盗事件の発生率が高いが、この地域の人々こそ最も幸福でリラックスしている

よりよい世の中をつくる「暗殺市場」?

コメント 3▲TOP

不幸が文明の原動力?

幸せ遺伝子は存在する。遺伝子の影響である国の人々は他国より幸せであると感じる

国民がA対立遺伝子を有していることが多い国は、西アフリカのガーナとナイジェリア、メキシコやコロンビアといった北ラテンアメリカ諸国であり、国民は自分たちを非常に幸せであると評価していた。

一方、この対立遺伝子があまり見られない国は、イラクとヨルダンのアラブ諸国、香港、中国、タイ、台湾の東アジア諸国であり、非常に幸せという回答はあまり見られなかった。

イラクも中国も古代文明発祥の地だ。遺伝的に幸福を感じにくい気質は文明の起源と関係があるのかも知れない。
生まれつき幸福でどんな劣悪な環境でも満足できるなら、進歩の必要性を感じない。だがそうでないなら日々の生活に不満を感じ、工夫する様になる。
「必要は発明の母」で欲求不満が文明創造の原動力になったのではないか?

中国
image: Steve Webel / flickr

文明は人間の苦労を減らす為に発達してきた。文明の進歩は良い事だが「文明が進歩している」という事は人間がまだ「不満を感じている」という事を意味している。
文明の発達は幸福を保証しない。文明の存在は人類が本質的に不幸である証だ。我々の不満は尽きる事がない。ならば生まれてこないに越した事はないのだ。

コメント 0▲TOP

ペイフォワード:返せなかった恨みの晴らし方

見知らぬ人から受けた恩を別の人に返す『ペイフォワード』と言う映画があるが、これは恨みについても適用できますね。
何らかの事情で返せなかった恨み・鬱憤は別の誰かにぶつければ、憎しみの連鎖で憎き仇の所まで返るかも知れない。
ゲリラを掃討するのに森ごと焼き払う様なやり方だが、効果はある。手応えを感じます(`・ω・´)
八つ当たりとも言うけど。。。
ネットワーク
日本人はイジワルが好きだけど互いに足を引っ張り合う事でイジワルを牽制している。
イジワル日本人にはイジワルでやり返すしかない。この国にはモラルや宗教が存在しないので、日本人を反省させるには犬をしつけるように体で理解させる必要がある。
日本人は痛い目に合わなきゃ反省しない。悪意に対して更なる悪意で対抗する事が結果的に日本を良くする。

サイコパスの様な人間でも血縁の家族だけは大事にしていたりする。
サイコパスであっても自分の非道な行いが巡り巡って家族に因果応報で返ってくると悟れば、行いを改めるかも知れない。
日本人から受けた屈辱は3倍にして日本社会に返すようにしましょう。そしてこの国が地獄に変わればサイコパスどもも気付くはずだ。「良心」の必要性を・・・。

「相手が畜生以下の気違いなら、そのように扱うだけだ」
- ハリー・S・トルーマン

コメント 2▲TOP