これがモンスター日本人だっ!!!

信じられないクレーム

お客:「このXPERIA動かなくなったから取り替えて」

スタッフ:『大変ご迷惑お掛けしております、どの様にされていて動かなくなったかお分かりになりますか?』

お客:「どう使おうと俺の勝手だろ!」

スタッフ:『左様でございますが、回復できるかもしれませんので差支えがなければ・・・』

お客:「うざいなぁ、、、見たブログに書いてあった方法でrootとって文字かえたり上の青いところ黒にしようとしたら動かなくなったんだよ!だから不良品だから取り替えろって言ってんだよバ~カ!」

スタッフ:『大変申し訳ございませんが、root奪取等の作業での不具合は対象外になります・・・(説明が1分ほど・・・)のでご要望どおり取り替えることは出来かねます。』

お客:「はぁ?ブログとかホームページにやり方かいてあるんだよ?そのブログ書いた奴呼び出して弁償させろよ!そいつが書かなかったら俺やらなかったんだから、そいつの責任だから俺のは交換すんのが当たり前だろ!お前バカ?」

困ったスタッフさんは店長を呼びに言って店長が説明をする。

お客:「じゃぁ、なんでdocomoはそのホームページ封鎖しないの?封鎖してないお前らの責任じゃん?俺のどこが悪いの?むしろあのブログの被害者じゃん!お前ら自分のしてる事反省してんの?俺お客だぞ?言われたとおりにしてりゃいいんだよバカ!」

うわぁこれはムカつくw こんな酷いクレーマーは日本にしかいないよ。
従業員に絶対服従を強いるブラック企業体質があるから客が増長してモンスター化する。
外国だったらこんなのさっさと追い払われるか警察に突き出されてるでしょ。

日本人は昔は村社会での世間体を気にして大人しくしていたが、都市化によって人目を気にしなくなってきたのでモンスターペアレントとかが増えて日本人全体がモンスター化している。
日本には宗教による倫理規範がないので一旦歯止めがきかなくなると堕ちる所まで堕ちてしまう。

こういうモンスター日本人は決して例外的な存在ではなく、ある意味日本人の典型であり最終進化形なのです。
人の心を持たないモンスターだらけの社会が持続可能であるとは到底思えませんね。。。

【関連ニュース】
人気ラーメン店「日本人客はマナーが悪いからお断り」

コメント 0▲TOP

善悪とは何か?

「善悪」という概念は人間関係の中から生まれた物であり、人間関係を円滑にする為にある。いわば暗黙のルールである。
もし無人島に一人で生活しているなら善悪の判断は必要がない。「快か不快か」だけを考えて行動すれば良いのだから。
「独善」という言葉がある様に自分が「善」だと思っていても他人にとっては善であるとは限らない。他者が賛同しない善行は善とは言えない。独善に陥らない為には熟慮が必要です。

善悪の判断の根底にも「快楽を求め苦痛を避けようとする」快楽原則が存在する。
立川談志が喝破した様に「良い人とは、自分にとって都合の良い人」の事であり、結局は他者を利する行為が「善」と呼ばれ、他者を害する行為が「悪」と判断される。

人口減少は一人当たりの資源が増加して豊かさが増すので「善」であり、人口増加は資源を巡る争いが激化して皆が貧しくなるので「悪」だ。子供を作るのは悪である

善悪はそのコミュニティーの中での価値観なので、コミュニティーの外で「良い事」をしてもそれは善ではない。マザー・テレサが「自分の国で苦しんでいる人がいるのに他の国の人間を助けようとする人は、他人によく思われたいだけの偽善者である」と言っている通りである。
とは言え、回り回ってそれが世界全体を良くする事に繋がるかもしれないので偽善が必ずしも悪いわけではない。

逆にコミュ二ティーの外でなら悪事を働いても良いのかと言うと、コミュニティー同士が互いに攻撃し合う破滅的状況を招くので、それはやはり「悪」だ。
しかし国家単位で非常に大きな文明レベルの違いがある場合などは侵略されるのも悪くない。日本政府に統治されるより外国に併合された方が国民が幸せになれるなら、それは良い事です。

pills.jpg
image: Irene Miranda / flickr

薬も過ぎれば毒になる。同様に「効用」の変化によって善悪は逆転する。戦国時代であれば「権力の世襲」が秩序の維持に役立ったので世襲は良い事だったかも知れない。
しかし現代では例え世襲の権力者が平均的な能力を持っていても、もっと優れた能力を持つ人間が排除される事によって結果的に社会全体に機会損失を与えているのだから権力の世襲は「悪」であり、天皇制はそれ自体が害悪です。

社会が平等であるほど「最大多数の最大幸福」が高まる事が判明しているが、完全な共産主義は生産性を下げるので悪だ。資本主義も悪であり、社会主義くらいが丁度良い。
実際優れた社会であるヨーロッパの国々は殆ど社会主義なのです。

この様に善悪の判断には熟慮も必要であり、西洋では古代ギリシャ哲学から始まりキリスト教神学に受け継がれ、今も善悪について考え続けている歴史があるからこそ「良い社会」を築き上げる事ができた。
日本人には善悪の区別がつかない人が多い。「右へ倣え」で他人に合わせているだけで自分で考えているわけじゃない。
善悪が分からないから良い社会が何かもわからない。日本人は思慮が足りていないのではないか?

コメント 5▲TOP

サイコパスの治療法

サイコパスとは他人への共感能力が欠如している為に平気で非道な行いの出来る人の事でしょう。
脳の中で痛みを感じる部分と他人の痛みに共感する部分は同じなので、痛みを感じた事のない人間は他人に対して薄情なサイコパスになりやすい。
「痛み」を知るのは人間が人間らしく育つためにとても重要。だから体罰をした方が良い子が育つのです。

大人であっても「痛み」を感じれば感じるほど他人に共感する脳の分野も強化され、サイコパス的な性格が改善される筈。
しかし大人は子供と違ってボコボコ叩くわけにはいかない。大人のサイコパスを治療するには体罰以外で「痛み」を感じさせる必要がある。

お遍路や禅寺で坐禅を組んで坊さんに棒でバシっと叩かれるような古典的な精神修養法は案外良いと思う。
格闘技をやれば相当痛い目に合うだろうが、サイコパスに暴力を覚えさせると手に負えなくなる恐れがある。
バレーボールやサッカーなどのスポーツは痛みも大きいのでサイコパス治療の効果が期待できる。筋トレも良い。

ランナー
image: Ron Lute / flickr

特に効果的なのはマラソンだろう。マラソン選手に悪い人はいない気がするし。
マラソンはタイムを縮める為に常に限界を超えて走り続けなくてはいけない。苦痛を感じる時間も長い。
自分を痛めつける為に走っているようなものだ。まさにサイコパス治療に打ってつけw
まぁ自発的にマラソンをやらせるのは難しいだろうけど・・・

【関連】バイリンガルだと前帯状皮質が発達して共感能力が高まる

コメント 6▲TOP

サイコパステストとしてのトロッコ問題

トロッコ問題

5人が線路上で動けない状態にあり、そこにトロッコが向かっていると想像してほしい。
あなたはポイントを切り替えてトロッコを側線に引き込み、その5人の命を救う、という方法を選択できる。
ただしその場合は、切り替えた側線上で1人がトロッコにひかれてしまう。

多くの人は遺憾ながらもこの選択肢をとるだろう。死ぬのは5人より1人の方がましだと考えて。

しかし、状況を少し変化させてみよう。あなたは橋の上で見知らぬ人の横に立ち、トロッコが5人の方に向かっていくのを見ている。
トロッコを止める方法は、隣の見知らぬ人を橋の上から線路へ突き落とし、トロッコの進路を阻むことしかない。

この選択肢を示されると大抵の人はこれを拒否する

線路
サイコパスの人はこの問題に躊躇せず「1人を犠牲にして5人を助ける」選択をするらしいね。
多くの人はトロッコの車線を切り替えて5人を助けるのが正解だと考えているようだ。
俺も昔はそれが正しいと思っていた。けど今はとてもじゃないけど軽々しくそんな選択はできない。

トロッコで5人が死んだとしてもそれは「事故」だが、車線を切り替えて1人が死んだ場合、それは自分が殺した事になる。
たった5人を救う為に1人を殺す事は許されるの?自分の意志で1人を死なせたという十字架を背負うくらいなら5人を見殺しにする方がマシではないか。

損得だけで考えると500人を救う為に499人を殺しても良い事になってしまう。
"多数の利益のためなら少数を犠牲にしても構わない"という考え方はどこかサイコパス的だ。

見知らぬ人を突き落としてトロッコを止めると答える人間も1割くらいいるらしい。そんな危ない連中が人口の1割もいる。本当に恐ろしいよ。
トロッコ問題で「5人を助ける」選択ができない人間が、もっと増えた方が良いと思う。

【関連】5人の命を助けるためであっても1人の命は奪えない"傍観者"の方が周囲から信頼されている

コメント 2▲TOP

サイコパスは金に執着する

サイコパスの脳は報酬を渇望する [海外メディア記事]

報酬物質に関する研究。サイコパスにアンフェタミンを摂取させると、4倍も多くのドーパミンを放出したというもの。
また研究協力に対する謝金の契約を被験者に告げるとサイコパスの側座核は他の被験者よりはるかに活性化。

ドーパミンの放出が多ければその分、人一倍執着心が強くなる筈だ。
サイコパスには銭ゲバが多いのだろう。ブラック企業の経営者とかは実際にサイコパスなのでは?

ドーパミンが過剰分泌されれば必ず脳細胞がダメージを受け、知能が低下したり精神異常を引き起こす。
ブラック企業経営者が暴言吐いたり失言したりするのはドーパミン出過ぎて脳の機能が低下して抑制が効かなくなっているせいではないか?

金に執着すると利己的・自閉的になり、より一層サイコパスに近づく。
サイコパスには生まれつき良心を持たない真性サイコパスと、文化や社会などの後天的な影響でなる仮性サイコパスの二種類があるのだろう。

もし人間のドーパミンの分泌を自在にコントロールできたなら、それだけでその人の行動を操る事が可能だ。実際トキソプラズマなどの寄生虫はドーパミンを放出して宿主を操っている。
金を得る事でドーパミンが分泌されるなら、金で人間を支配・洗脳する事ができる。

コイン
金は麻薬と同じ。子供が家事を手伝ったり勉強する度にご褒美としてお小遣いをあげるのは最悪の教育法だ。
そんな事をしてたら銭ゲバに育ってしまう。脳の発育にも悪影響しか残らないだろう。
子供の前では金の話はせず、金の心配もさせてはいけない。なるべく金に触れさせず、欲しい物があるなら現物を買い与えるべきだ。

ギャンブルも良くない。賭けに勝つたびドーパミンが過剰分泌され、脳が壊れていく。
ギャンブルをやると人間性が破壊される。だからパチンコを野放しにしてる国なんて日本以外にないw

金への執着が強すぎると犯罪に手を染めたり、危険を承知で原発を推進したりするようになる。
日本人がサイコパスなのと、拝金主義のギャンブラーで原発を作りまくってきたのとは、全て一本の線で繋がっていた!!

過度な経済活動は人間をサイコパスに変えてしまうのです。経済至上主義は改められなくてはならない。
あまりお金を使わなくても生活できるようにする必要がある。
日本は税金が高いし生活費も高い。生きてるだけで金を取られるからカネに執着せざるを得なくなる。

日本という国の制度が銭ゲバ、サイコパスを生み出している。日本は存在自体が「悪」だ。
こんな国は早く滅びた方が良い。

コメント 1▲TOP

サイコパスの功利主義

トロッコ問題では他者への共感意識が低い人ほど「少数を犠牲にして多数を助ける」選択をするらしい。
意外だがサイコパス的な人間は功利主義を好むようだ。人助けには見返りが期待できるので単に自分の評価が高まりそうな選択を選んでいるだけかも知れないが・・・

最大多数の最大幸福を追い求める功利主義だけを判断基準にするのは危険だ。
「5人を助ける為なら無辜の一人を殺して良い」とする考えが正当化されて良いはずがない。
有名な功利主義者のピーター・シンガーなんかは「新生児は殺しても良い」とまで主張している。さすがに異常だろう。
功利主義とは実際はサイコパスの思想ではないか?

功利主義は「役立たずは死んだ方が良い」と言う考えや、全体主義、国家主義、ナチズムと容易に結びつく。
相模原で障害者を大量殺戮した植松聖の動機は正に功利主義だった。
功利主義の行き着く先は少数者の排除であり全体主義だ。なぜなら画一的な価値観で全体が統一されていなければ最大多数の最大幸福は達成されないからだ。

功利主義を正しく機能させるには利益以上に優先される絶対的な道徳律が必要。それはつまり人権という事になるだろう。
人権意識の低い日本の様な国で功利主義を広めると、少数者を虐げるだけの結果に終わる。
功利主義的に良い国を作りたいなら、まず人権意識を高める事から始めるべきだ。
あと安倍総理はサイコパスだと思う(´・ω・`)

コメント 2▲TOP