ゲーム理論では複数の戦略を用いる混合戦略こそが至高であると考えられている。特定の一つの戦略に固執するのは得策ではないのだ。
これは尤もな話で、ジャンケンをするにしてもいつも同じグーばかり出していたら相手に手の内を読まれて必ず負けるようになる。
グーチョキパー全ての手を満遍なく出す複合戦略こそが、勝つ為に必要な戦略なのである。

世の中に不変なものはない。状況が変われば戦略も変えるのが当然。
選択肢を絞ると不都合が生じる。だから使える物は何でも使って利得を最大化すべきなのだ。

外交も国益を考えるなら当然複合戦略を用いるべきで、対米追従一辺倒の外交姿勢は国益を大きく損ねている。
なぜなら日本にどんな酷い要求しても離れない事が分かっているなら、アメリカは国益を最大化する為に日本への要求をどんどん大きくしていくからだ。
まともな独立国家なら到底受け入れられない年次改革要望書なるものまで突きつけられているのは、複合戦略による天秤外交を怠ってきたツケであろう。

選挙も一種のパワーゲームであるから、戦略的に投票するのが望ましい。
長期政権が腐敗する」のは洋の東西を問わず普遍的な真理である。
自民党政権は長く続き過ぎたため、国民までも腐らせ社会全体が深刻なモラルハザードを引き起こすに至った。
世襲が多いのも長期政権では淘汰が働かず、政治家がオイシイ職業になってしまっているからだ。
世襲議員の存在理由は既得権の維持である。彼らに民主主義が理解できる筈がない。

政権が長期化すると政治家は自分たちの利権を最大化する事だけを考えるようになる。
国民が耐えられるギリギリの所まで搾り取ろうとし、それがあたかもチキンレースのようにどちらかが破滅するまで続く。
要するに政権が長期化するほど、国民生活は苦しくなる。
民主主義を機能させるには定期的に政権交代させる必要があるのだ。