噴火

富士山の過去の最大規模噴火(噴出量約1km^3)を1とした場合の、各火山のフルパワー比較

富士山 1 864年
桜島  2 1914年
有珠山 3 1663年
浅間山  4 2万年前
燧ヶ岳  7 35万年前
ピナツボ 11 1991年
箱根山  14 52000年前 ※横浜まで火砕流に飲み込まれた
大雪山  20 3万年前
摩周湖  36 7000年前
十和田湖 56 13000年前 ※青森県の大半を火砕流が焼き尽くす  
霧島山  100 30万年前
サントリーニ 100 BC1628年
屈斜路湖   150 12万年前
クレーターレイク 150 7600年前
洞爺湖(有珠山の本体)  170 10万年前
クリル湖  180 8400年前
白頭山  220 10世紀
鬼界カルデラ 220 7300年前 ※海底噴火にも関わらず九州の縄文文化が滅亡
支笏湖(樽前山の本体)  225 4万年前 ※火砕流が札幌を飲み込んで日本海に到達
阿多  320 10万年前
姶良カルデラ(桜島の本体)  450 22000年前
阿蘇山   600 87000年前 ※火砕流が九州の4分の3と山口県を焼き尽くす
タウポ湖  1170 26500年前
イエローストーン  2500 220万年前 ※現在、地下に天然ウラン鉱床あり
トバ        2800 73000年前 ※当時の人類が1万人程度まで減少(トバ・カタストロフ理論)
ラガリータカルデラ 5000 2780万年前
イエローストーン  180000 1700万年前
シベリアトラップ  1000000 2億5000万年前 ※地球史上最大といわれる噴火(スーパープルーム)の跡 当時の生物の約95%が絶滅

おぉっ!イエローストーンが最強だと思ってたけどもっと凄いのがあったのかw
シベリアトラップくらいの噴火なら、同時にマグニチュード13クラスの超巨大地震も起こり得るな。
マクニチュード12だと地球に亀裂が入る程度だわ。マグニチュード13なら断層の距離が地球一周して完全に地球が割れる。

Wikipediaのプルームテクトニクスの項目にも、シベリアトラップの噴火が「超大陸パンゲアが分裂を開始した時期に相当し、プルームの地表への到達と大陸分裂について相関性が指摘される」と書かれている。
噴火に付随して発生したマグニチュード13の地震が地球を割って大陸が分裂したのではないか?

地球のサイズ的にマグニチュード13以上の地震はありえないが、噴火エネルギーはM13すら超えるものが存在している。
と言う事は地震によって噴火が誘発されたとは考えられない。逆だろう。
M9クラスの地震が起きると近くで火山が噴火するのは、地震が噴火を誘発しているのではなく、噴火の前兆現象として巨大地震が引き起こされている。
M9以上の地震は全てが火山性地震なのです!

そのメカニズムは単純だ。地球内部のマントルからホットプルームがゆっくりと上昇し、プレートに圧力を加わえて地殻の弱い部分(断層)で地震が発生する。
その後さらにプルームが上昇するとマグマとなって火山から噴出する。
プルームが大きいほど地震発生と噴火までの距離と時間が長くなる。

M8程度の地震であれば地震のすぐ後に、すぐ近くで火山が噴火するので「火山性地震」であると認識されてきたが、M9以上だと地震から噴火まで一年以上タイムラグが空くので巨大地震が火山によって引き起こされるとは考えられてこなかった。
イエローストーン級の噴火だと、恐らく噴火の10年くらい前から地球の裏側にまで巨大地震を発生させる。

東日本大震災の発生は地下でマグマが上昇している事を意味する。
富士山だけでなく白頭山にも噴火の兆候が見られるそうなので、警戒が必要でしょう。