年を取るほど社会的なプレッシャーが増して憂鬱になってくるな・・・
加齢によって色んな「希望」が失われていくからテンション下がざるを得ない。
子供の頃は何もかもが新鮮だったのに年々人生がつまらなくなってくる。
感受性も落ちるし、何らかの脳内物質が日々減少しているのでは?

文化的な要因もあるだろう。日本では大学生が一番幸福度が高くて年齢を重ねるごとに幸福度が下がっていく。
アメリカでは逆に若い時ほど幸福度が低くて高齢になるほど幸福度が増す。
そんなアメリカでもやっぱり年を取るのは憂鬱らしく、誕生日前後で自殺率が高まるそうだ。この現象はバースデイ・ブルーと呼ばれている。

バースデイ・ブルー対策としては「自分を実年齢より若いと思い込む」のが良いんじゃないかと。
自分の事を年齢より若いと思っている人は幸福感が高くて健康だと内藤誼人さんの本に書いてあったし。
まぁ最終的には「老い」を受け入れるしかないのだろうが・・・

by Twitter Facebook google