統合失調症 本当の理由』と言う本に詳しく書いてあるが、統合失調症はアドレナリンが酸化してできるアドレノクロムという幻覚物質が原因で発症するらしい。
だからその原因であるアドレナリンの分泌を抑えるビタミンB3(ナイアシン)と、抗酸化作用があるビタミンCを摂取するだけで統合失調症の症状は改善するそうだ。
このアドレノクロム仮説は面白いし感覚的にも正しいように思える。あまり有名でないのが不思議なくらいだ。

同じ本に統合失調症患者の半数が低血糖症で甲状腺にも異常が見られると書いてあった。
甲状腺を治療したり低血糖食に切り替える事が統合失調症の回復に大いに効果があったと言う。
低血糖症は重大な要素だ。糖質の分解にはナイアシンを大量に消費するので糖分を取りすぎるとナイアシン欠乏が起きて統失発症につながる。

甲状腺が弱いと寒さに弱くなる。俺が冬に冷え性で死にそうになるのは甲状腺がおかしいせいだったりして? やっぱ統合失調症なのかな(´・ω・`)
アドレノクロムが統合失調症の原因ならPTSD患者もヤバい。PTSDのフラッシュバックによる「闘争‐逃走反応」でアドレナリンが出まくってるから酸化したアドレノクロムが蓄積されてる筈。
つーか俺が統合失調症っぽくなったのはPTSDでフラッシュバック→大量のアドレナリン分泌→統合失調症発症のコンポ喰らったせいでは?www
昔はここまで陰気な性格じゃなかった・・・

ナイアシンはアドレナリンを抑制するのでトラウマを消すのに効果があるそうだ。
PTSD患者は統合失調症を併発する危険性が高いので、予防の為にもビタミンB群とビタミンCを摂取しておくと良いよ!
早く飲むんだ!間に合わなくなっても知らんぞー!!

by Twitter Facebook google