強きをけなし弱きをわらう
『機動警察パトレイバー』13巻より

日本人の最も悪い習性は「他人の不幸を喜ぶ」所だろう。
何の落ち度もない人間が事故や災害で亡くなったニュースに対して「他人の不幸で飯がうまい」なんて書き込むのは世界広しと言えど日本人くらいのものだ。
同胞が死んで喜ぶ奴なんて中国韓国にだっていない。人間失格どころか動物としても失格。日本人は畜生以下か!!!

日本人は幸せな人間を憎み、他人の不幸を望む。この国では幸せそうにしてるだけで叩かれ、イジメのターゲットにされるのです。
日本人がやたら謙遜するのは自己防衛のためだ。日本人は自分より弱くて卑屈な人間しか愛せない。
出る杭は打たれるからへりくだって身を守る必要があったのサ。

親子間にすら嫉妬や妬みの感情が存在する。日本の年寄りは若者が苦境にあえいでいるというニュースや若者批判の報道を好むそうだ。
マスコミが「若者の○○離れ」とか言って不況も就職難も全て若者が悪いかの様に報じるのは、メインの視聴者層である老人を喜ばせるためなのです。

別れさせ屋とかにも時々暇な金持ちが「あのカップルが幸せそうなのがムカつく」って理由だけで別れさせ工作を依頼してくる事があるらしいな。
金払ってでも他人の幸せをブチ壊そうとする奴がこの国には実際にいると言う事。

日本人が幸せになれないのは、日本人が他人の幸福を望んでいないせいもあるだろう。幸せな人間を見つけると足を引っ張って引き摺り下ろそうするカニバケツ社会ですからね。
日本人は呪われているのです。呪っているのは他ならぬ日本人自身。そして、私だ(`・ω・´)

他人の不幸を喜ぶなんて人として最低なのに、この国では普通。悪人が多数派なせいで善悪の判断が逆転してしまっている。
日本の女はビッチだらけだから逆に処女が叩かれ、日本人はエゴイストだから寄付や慈善事業、福祉制度などが批判される。
悪徳が称揚され、善意が断罪される。日本人はもはや人間よりも悪魔に近い。まさに悪霊日本人!!!

日本の政治家が増税をやりたがるのは国民を苦しめたいからだろう。明らかに一部の政治家や官僚は国民生活が困窮してるのを高みの見物して楽しんでいる。
日本で自己責任論が好まれるのは他人の不幸でメシウマできるからでは?
「○○は自己責任」と言う言葉を「○○はメシウマ」と言い換えてもまったく違和感がないからネ。