外国から見ると日本で暴動が起こらないのが不思議に思えるらしい。「我が国だったらとっくに暴動が起きてる」みたいな発言を良く聞くね。
ジム・ロジャーズは「自分が日本人だったら怒って革命起こす」と言ってるし。
沖縄の基地問題でも海外だったら反米運動が起きてるはずだけど日本では誰も何もしない。
日本人は団結できないから外国に占領されても抵抗運動すら起こせないだろう。
これほど支配しやすい民族は他にいないよ。日本人は世界で最も奴隷的な民族だと思う。
ではなぜ日本人は奴隷民族になったのか?

ネズミを使った実験では、迷路を解くのが早いネズミと遅いネズミの集団を別々に分けて掛け合わせて行くと、たった6世代ほどで両者の間に明らかな違いが出るという。
迷路を解くのが早い家系と遅い家系とに別れるのだ。

農耕民族や狩猟民族という分類があるように、生活習慣が民族性にまで影響を与える事は十分にありえる。
特定の環境に良く適応した人間だけが子孫を残していったなら、その子孫はやがて最初からその環境に適応した特長を持つようになるだろう。例えそれが「奴隷的性質」だったとしても。。。

日本人の97%は臆病者だがこの割合は日本だけ突出している。
最初からこんなに高い数値ではなかった筈だ。
日本人は天皇制の下で千年以上も服従と忍耐を強いられてきた。勇敢で反抗心の強い者は早々に始末された。
その結果日本では臆病で奴隷に向いた者だけが生き残り、日本人は「奴隷民族」になったのだ!!

騎馬民族の侵略者の末裔である天皇をありがたがっている連中は「ご主人様」がいないと不安でしょうがない真性のマゾ奴隷だろw
彼らは自由を恐れ、不自由を求める。
20世紀は奴隷民族であっても人海戦術で何とか活躍できた。しかし21世紀になるとそうは行かない。
自立した「個」の時代だ。欧米では日本人みたいに奴隷的な性格の人間は最も軽蔑される。
だからアメリカは平気で日本を奴隷国家扱いするのさ。

マイナスにマイナスをかければプラスになる。
日本がこのまま永遠に奴隷国家であり続けるなら、いっそ少子化で滅んでしまった方が日本人にとってプラスになるだろう。