1. お金は平等ではない
  2. 愛国心は奴隷道徳
  3. 犯罪と自殺
  4. 世界で最も格差のある国、日本
  5. 反日は合理的な選択である

お金は平等ではない

ホリエモンが「お金は平等だ」と言っていた。「お金で買えないもの、例えば家柄や肌の色などは差別につながる」からと。
でも本当はお金って本質的に平等なものではないと思うんですよ。生まれながらに貧富の差だってあるし。
お金持ちと貧乏人ではお金の「価値」自体が違ってくる。
年収二千万の人間と二百万の人間とでは同じ一万円でもそれに感じる価値は10倍"以上"の差がある。
年収が1500万円を超えるとそれ以上収入が増えても幸福感は変わらないそうです。必要以上のお金はあってもなくても同じなのでしょう。

金があればホリエモンにだって美女がいくらでも群がってくるけど、女の方はお金のために嫌々やってるのに、一方のホリエは自分にとって痛くも痒くもない金額で女を買う事ができる。果たしてこれは平等だろうか?

この「金銭感覚の違い」こそが少女売春が禁じられるべき理由の一つだ。
収入を得る手段を持たない少女にとって二万・三万の金は大金だが、金満オヤジからしたらタダ同然の値段なのです。
経済事情に差があるのだから合意の上であってもやはりこれは少女に対する「性的搾取」と思わざるを得ない。

cash.jpg
そもそもお金を使った売買で完全な等価交換はありえない。まったく同じ価値の物だったら交換する意味がないからだ。
お金のやりとりでは必ずどちらかが損をしている。公平ではない。
人間は「不公平」な扱いをされると怒りを覚える本能があるので、売買をすればするほど双方に不満も溜まっていく。
過度なお金のやりとりは人間を不幸にすると言えるでしょう。だからお金が絡む仕事仲間といるより、貸し借りのない友達と一緒にいる方が楽しく感じられるのです。

福祉大国の北欧では貧乏人は殆ど金を使わずに生活でき、そのおかげもあって国民の幸福度が世界一高い。
何をするにも金がかかる日本はGDPこそ高いが国民の幸福度は世界最低レベル。
日本社会は根本からして間違っているのではないでしょうか・・・?

コメント 1 | エコノミックアニマル (6) | ▲TOP

愛国心は奴隷道徳

国家を食い物にし、私利私欲を満たす事しか考えていない自民党の政治家が国民に「愛国心」を持たせようとしているのは何故だろうか?
愛国心を持つ事で国民が国を批判しなくなれば支配者層が得をする。愛国心で納税の苦痛も和らぐだろう。
愛国心とは国民を統治する為の方便に過ぎない。言わば奴隷道徳なのです!

現代の奴隷
愛は盲目と言うが愛国心のせいで国のダメな所に目を瞑るようになると結果的に国家はどんどんダメになって行く。
国民が権力者に対して批判的な方が国家はより発展する。愛国者は進歩の妨げにしかならない。

元々日本人は昔から日本人だったわけではない。10万年前はアフリカ人だった。出アフリカして世界を放浪し、流れ流れて極東の島国に行き着いたのが日本人になった。
今は日本人でも子孫が今後も日本に住み続けるとは限らない。元々は自由に地球上を移動していたのだから、日本と言う島国に執着する必要はないのです。

とある古代ギリシャの哲学者は民主制下で市民が政治について語り合っている中、自然現象や天体の事ばかり考えていたので市民に「あなたは祖国に関心がないのか?」と問い詰められ、「祖国への関心なら、持っている」と答えて天空を指差したと言う。
愛国心を持つなら地球に持て。魂を国家に管理させるな」とジミ・ヘンドリックスも言っているが至言だと思う。
近眼的で偏狭な愛国心より人類愛を持つべきです。
もし日本が人類に仇なす存在であるなら、人類の為に滅亡する事こそが正しい行いだと言えるでしょう。

コメント 3 | 愛国心 (6) | ▲TOP

犯罪と自殺

日本人は自国の「治安の良さ」を誇りにしているが、犯罪者は少なくても自殺者は非常に多い。間違いなく世界トップレベルの自殺率だ。
犯罪が多いのと同じくらい、自殺者が多いのも恥ずべき事だろう。
自殺だって殺人ですよ。毎年数万人が自分自身によって「殺されている」と考えれば日本は治安が良いとも言えない。

日本の場合、むしろ犯罪率の低さが自殺率の高さと関係しているのでは?
外国だったら食い詰めたら犯罪に走るが、日本人は犯罪する前に自殺してしまう。
日本は社会的な重圧が強い為に犯罪者になるよりも自殺する方が楽だからです。

体育座り
海外では「生きる為に罪を犯した」者に対しては非常に寛大だ。食う為に窃盗するくらいは仕方がないと思われている。だからレ・ミゼラブルの様な作品も作られる。
実際スペインでは若年失業率が高い為に若者が暴動を起こして商店を襲撃したりしたが、襲撃された商店主が「仕方がないよ、彼らには職がないんだ」と言って暴徒を憎むどころか同情していたりする。

日本ではそうじゃない。「(自分を含む)世間に迷惑かけるような奴は死んでしまえ!」と言うのが日本人の総意。
どんな理由があろうと、冤罪であろうと犯罪者はよってたかって村八分にされ親も子供も差別される。
だから日本は犯罪率は低いが自殺率が高くなる。犯罪が多いより、自殺が多い社会の方がよっぽど残酷なのではないか?

自由に生きれば法に触れる場合もある。犯罪が多いのはそれだけ自由な社会であるとも言える。
日本には暴動の自由がない。日本の人生における「選択の自由度 」はOECD諸国中最下位。世界57か国中49位で、とても窮屈な社会なのです。

日本人は「犯罪者が増えるより自殺者が増えた方が良い」と考えている。貧困や自殺を減らす努力は一切せず「治安が良い」という一点だけで日本を地上の楽園であるかの様に認識し、外国人を見下している。
まるで悪魔のような人種ですね(^^)

【関連ニュース】
イタリア最高裁「飢えた者が生きるために食べ物を盗むのは犯罪ではない」

コメント 7 | 奴隷民族 (9) | ▲TOP

世界で最も格差のある国、日本

80年代ごろまでは「日本は世界で唯一成功した社会主義国家」で「格差が少ない平等な国」だと思われていたが、実は昔から日本はそんなに格差の少ない社会ではなかった。
北欧などの方が遥かに格差が少ない。日本は平均よりマシという程度だった。
それを日本政府お得意の統計のマジックで「格差が少ない平等な国」という風に印象操作していただけ。国民は騙されていたのです。

2000年の時点で日本は既にアメリカに次いで格差の大きい国になっている。
現在は00年と比べても比較にならないほど貧富の差が広がっているから、確実に日本はアメリカ以上の格差社会になってしまっているよ・・・
アメリカの場合、ビルゲイツ一人で相当格差を広げているわけだが、日本にはビルゲイツほどの金持ちがいるわけでもないのに、これだけ格差が広がっていると言うのは相当にマズイ。

東京タワー
image: Kevin Dooley / flickr

日本人の個人資産は世界一多い。一方で4人に一人は貯蓄がゼロだ。
日本は教育費の家庭負担率が高い為、世帯収入によって教育格差が生まれる。優勝劣敗の思想が格差を正当化しているが、格差によって機会の平等すら失われてしまいます。
階層が固定化されればフェアな競争が行われなくなり、それが国の競争力の低下を招く。

アメリカには自由主義という信念があり、自由に競争をやらした結果80対20の法則通りに貧富の差が広がった。
日本の場合は政治家に何の信念もない。ただ献金をくれる金持ちに有利な政策を推し進めた結果としてアメリカ以上の格差社会になってしまったのです。
日本の金持ちはアメリカみたいに社会貢献もしないし、そもそも派遣会社とかパチンコ業界とかサラ金業者みたいな企業活動そのものが社会に打撃を与えているような連中が、儲けた金で政治家買収して自分たちに都合よく法律を変えている。
この国、ほんと最低。絶対におかしいですよ!!!

コメント 3 | 格差 (7) | ▲TOP

反日は合理的な選択である

日本の国力のピークだった90年代頃までは俺も自分が日本人である事が誇らしかった。あの頃の日本はアジアを圧倒していたからね。
それが今では見る影もない。この20年で諸外国のGDPは倍増しているのに日本は横ばい。相対的な国力はこの20年で半減したと言えるでしょう。

日本が上り調子の時なら俺だって幾らでも「日本万歳!」と言えるんだよ。その方が気持ち良いしね。
でも今みたいに敗北に敗北を重ねる祖国を愛する事なんてとてもじゃないけどできない。
愛すれば愛するほどこの国の凋落を見るのが辛くなってしまうから。

東京タワーと夕暮れ
image: foooomio / flickr

今後の日本は落ちていく一方だ。関東大震災や東海地震も控えてる。富士山の噴火もあるかもだし原発だって心配。
こんな時に本気で国を憂えてたら心労で倒れてしまうよ。「どうしようもなくダメな祖国」を愛し続けられるほど心の強い人間なんてそうはいないだろ。
未だにウヨクやってる奴は韓国や中国に負けてることにすら気付いてない情弱か、悪い事は全部在日のせいにする在特会みたいな厚顔無恥なキチガイだけだろwww

この国を救うのは不可能だし、愛する人々や子供たちが今後不幸になるのも確実だ。
国が滅びるという現実を受け入れるには「国」と「自分」のアイデンティティーを切り離し、日本を諦めてむしろ反日に転じるしかないでしょう。
反日になってしまえば日本が滅んでも精神的なダメージは少なくなる。下げ相場では反日こそが合理的な選択と言えます(`・ω・´)

コメント 5 | 愛国心 (6) | ▲TOP