1. 人口減少が平和をもたらす
  2. 善悪とは何か?
  3. 侵略されるのも悪くない
  4. 反日は合理的な選択である
  5. 国債を発行すると格差が拡大する

人口減少が平和をもたらす

マルサスの人口論によると食糧の生産量が少しずつしか増えないのに比べ、人口は倍々ゲームで増えていくので必然的に食糧が足りなくなり、その為に争いが起こるという。
人口論
戦争は増えすぎた人口を調整する目的で行われてきた側面もあるのではないか?
旧日本軍が若い兵士を使い捨てにできたのは若年層の人口が余っていたからだ。
逆に中国のように一人っ子政策で子供が大事にされている国では政府も戦争を起こしにくい。
戦争で一人息子が死んだりしたら政府への不満が爆発しかねないからね。

世界から戦争をなくすには人類全体の人口抑制が不可欠
途上国の人口爆発を解消できればそれこそノーベル平和賞モノでしょう。
テレビを普及させるだけでも出生率は下がるらしいし、いくらでもやりようはある。
世界人口の推移

日本では少子化が問題になっているけど元々日本列島の適正人口は3千万人以下らしい。
まだまだ人口が多すぎる。人口減少は日本国民の悲願であり民意だ。移民で埋め合わせたりすべきでない。
少子化より高齢人口が多すぎる事の方が問題。延命医療の中止やオランダのように安楽死を認めてバランスを取れば良いのでは?

【関連リンク】
エジプトの人口が1億人に

人口増加は国家が直面する最大の課題である。そして国家の安全保証に影響を与える

「産むな→産め→産むな→産め」宗教に振り回される不思議の国イラン

現在の中東と人口構成が同じだったころのヨーロッパは、暴力的で戦争で荒廃した大陸だった。中東の人口動向がヨーロッパと同様になれば、現在のヨーロッパのように平和になるという希望が持てる

人口減少社会 - Wikipedia
少子化は本当に悪?戦争も飢餓も環境問題もない世界を子どもたちに残すこと。
人口増加は一人当たりの資本を減少させて人類を貧しくする
人口が減少か停滞する時期に文化が花開く

コメント 3 | 人口問題 (8) | ▲TOP

善悪とは何か?

「善悪」という概念は人間関係の中から生まれた物であり、人間関係を円滑にする為にある。いわば暗黙のルールである。
もし無人島に一人で生活しているなら善悪の判断は必要がない。「快か不快か」だけを考えて行動すれば良いのだから。
「独善」という言葉がある様に自分が「善」だと思っていても他人にとっては善であるとは限らない。他者が賛同しない善行は善とは言えない。独善に陥らない為には熟慮が必要です。

善悪の判断の根底にも「快楽を求め苦痛を避けようとする」快楽原則が存在する。
立川談志が喝破した様に「良い人とは、自分にとって都合の良い人」の事であり、結局は他者を利する行為が「善」と呼ばれ、他者を害する行為が「悪」と判断される。

人口減少は一人当たりの資源が増加して豊かさが増すので「善」であり、人口増加は資源を巡る争いが激化して皆が貧しくなるので「悪」だ。子供を作るのは悪である

善悪はそのコミュニティーの中での価値観なので、コミュニティーの外で「良い事」をしてもそれは善ではない。マザー・テレサが「自分の国で苦しんでいる人がいるのに他の国の人間を助けようとする人は、他人によく思われたいだけの偽善者である」と言っている通りである。
とは言え、回り回ってそれが世界全体を良くする事に繋がるかもしれないので偽善が必ずしも悪いわけではない。

逆にコミュ二ティーの外でなら悪事を働いても良いのかと言うと、コミュニティー同士が互いに攻撃し合う破滅的状況を招くので、それはやはり「悪」だ。
しかし国家単位で非常に大きな文明レベルの違いがある場合などは侵略されるのも悪くない。日本政府に統治されるより外国に併合された方が国民が幸せになれるなら、それは良い事です。

薬も過ぎれば毒になる。同様に「効用」の変化によって善悪は逆転する。戦国時代であれば「権力の世襲」が秩序の維持に役立ったので世襲は良い事だったかも知れない。
しかし現代では例え世襲の権力者が平均的な能力を持っていても、もっと優れた能力を持つ人間が排除される事によって結果的に社会全体に機会損失を与えているのだから権力の世襲は「悪」であり、天皇制はそれ自体が害悪です。

社会が平等であるほど「最大多数の最大幸福」が高まる事が判明しているが、完全な共産主義は生産性を下げるので悪だ。資本主義も悪であり、社会主義くらいが丁度良い。
実際優れた社会であるヨーロッパの国々は殆ど社会主義なのです。

この様に善悪の判断には熟慮も必要であり、西洋では古代ギリシャ哲学から始まりキリスト教神学に受け継がれ、今も善悪について考え続けている歴史があるからこそ「良い社会」を築き上げる事ができた。
日本人には善悪の区別がつかない人が多い。「右へ倣え」で他人に合わせているだけで自分で考えているわけじゃない。
善悪が分からないから良い社会が何かもわからない。日本人は思慮が足りていないのではないか?

コメント 9 | ▲TOP

侵略されるのも悪くない

ナポレオン帝国の支配下にあった国はそうでない国に比べ現在においても経済成長率が高いそうだ。
ナポレオンによって旧体制が一掃され、近代的な法や思想が持ち込まれた影響が今なお続いている為らしい。

現在の韓国や台湾が経済発展しているのは日本の植民地統治でインフラ整備されたおかげである事もまた事実だろう。
香港だってイギリスに統治されてなかったらあんなに発展していない。
南米の先住民族は過去には奴隷として酷い目にあっていたが、白人との混血によってスタイルは抜群になったし西洋的な思想が浸透したおかげで南米の国々は日本よりもリベラルで先進的だし世界で最も幸福度の高い地域になっている。

占領下の日本
長期的に見ると外国の植民地になるのも決して悪くはない。混血が増えた方が純血よりも強くなるしね。
日本でも歴史上、最も成果を上げた統治者はGHQのマッカーサーだ。GHQが本気出したらもっと凄い事になってたw
今の日本の政治を見てると日本人はリーダーとか人の上に立つのに本当に向いてないと感じる。とことん奴隷向きの民族。
GHQにもう一度来てもらった方がマシだ。民衆に団結する能力がない以上、強力な軍事力を持った者にしか日本の腐敗は一掃できない。
日本の役人は国民を奴隷扱いしてやりたい放題やっているのだから、外国の植民地になったって国民の待遇は今と大して変わらないよ・・・

※1945年8月「特高月報」の、「最近に於ける不敬、反戦反軍、其他不穏言辞の状況 保安課第一係」から引用

●「敵米国軍が我が本土に上陸したら米国旗を掲げれば敵も殺しはしないだらう。早く降伏しないと国民を殺すばかりが能ではない。国民は軍閥の犠牲だ・・・云々」(言辞 犯人検挙)

●「日本は到底米英と戦っても勝つ見込みはない。一日も早く降参することが日本を救ふ道である・・・云々」(言辞 犯人検挙)

●「こんな勝ち目のない戦争をする阿呆見た事ない。もっと廻りを見てから戦争せい。馬鹿野郎」(落書 犯人検挙)

●「食ふ米なしの戦さより負けて腹の肥る方がよからう」(落書)

●「戦争に負けても勝っても役人と違って我々百姓には大した関係はない。もし戦争に負けてもこれ以上配給が減るようなことはないと思ふ」(言辞 犯人検挙)

◆「戦争に負けた処で吾々は殺される心配はない。殺されるのは天皇や大臣等の幹部ばかりだ」(言辞 犯人検挙)

◆「若し戦争に負けた場合は此の責任は陛下が負ふべきもので一般国民には影響はない。アメリカが政治をとってもスターリンがとっても一般国民には変わりはない」(言辞 犯人検挙)

◆「天皇陛下は呑気に写真にうつって居るが人の子供をうんと殺してこげな大きな顔をして居る」(言辞 犯人検挙)

◆「遺家族の衆、貴方達は一時金が貰へるし扶助料が貰へるのでよい事だ。毎日毎日供出供出俺らなんか天皇陛下が死んだら丁度よいと思ってる」(言辞 犯人検挙)

【関連】
戦争に勝ってはいけない本当の理由
日本人は世界一「臆病」な民族

コメント 13 | ▲TOP

反日は合理的な選択である

日本の国力のピークだった90年代頃までは俺も自分が日本人である事が誇らしかった。あの頃の日本はアジアを圧倒していたからね。
それが今では見る影もない。この20年で諸外国のGDPは倍増しているのに日本は横ばい。相対的な国力はこの20年で半減したと言えるでしょう。

日本が上り調子の時なら俺だって幾らでも「日本万歳!」と言えるんだよ。その方が気持ち良いしね。
でも今みたいに敗北に敗北を重ねる祖国を愛する事なんてとてもじゃないけどできない。
愛すれば愛するほどこの国の凋落を見るのが辛くなってしまうから。

東京タワーと夕暮れ
image: foooomio / flickr

今後の日本は落ちていく一方だ。関東大震災や東海地震も控えてる。富士山の噴火もあるかもだし原発だって心配。
こんな時に本気で国を憂えてたら心労で倒れてしまうよ。「どうしようもなくダメな祖国」を愛し続けられるほど心の強い人間なんてそうはいないだろ。
未だにウヨクやってる奴は韓国や中国に負けてることにすら気付いてない情弱か、悪い事は全部在日のせいにする在特会みたいな厚顔無恥なキチガイだけだろwww

この国を救うのは不可能だし、愛する人々や子供たちが今後不幸になるのも確実だ。
国が滅びるという現実を受け入れるには「国」と「自分」のアイデンティティーを切り離し、日本を諦めてむしろ反日に転じるしかないでしょう。
反日になってしまえば日本が滅んでも精神的なダメージは少なくなる。下げ相場では反日こそが合理的な選択と言えます(`・ω・´)

コメント 8 | ▲TOP

国債を発行すると格差が拡大する

国債を購入しているのは富裕層だ。政府は借金をいくら膨らませても国家破産だけは絶対に避けようとするだろう。
そこで何が行われるかと言うと増税である。消費税などの大増税だ。
消費税は貧乏人ほど負担率が大きくなる不公平な税制である。貧乏人から巻き上げた金が国債を持っている金持ちに流れる訳だから、格差が拡大する
国家によって貧困層から富裕層へと「富の再配分」が行われるのである。これはまともな国家ではありえない逆転現象だ。

所得再配分
日本は昔から所得の再分配前より、再分配後の貧困率の方が高い。
国が国民を搾取しているのだ。そんな国は独裁国家でもなければ他にない。まさに泥棒国家である!

福祉予算より公共事業費の方が多いのも日本くらいのものだ。福祉が充実してる国は経済も伸びるんだけどね。
でも福祉ではキックバックが貰えないので自民党の政治家は道路ばかり作ろうとする。
国債が発行されればされるほど将来的に国民は苦しむ。国民に強制的に借金をさせて作った金を政治家と一部の業者だけで山分けするような行為がいつまでも許されて良いのか?

国債発行は国民に対する自爆テロのようなもの。後には無駄な道路と借金、将来の増税だけが残る。
こんな政権を支持してるのはサラ金で金借りてパチンコ行っちゃう様なB層なんでしょうね、やっぱ( ^ω^;)

【出典】貧困層をより貧しくする日本の歪んだ所得再配分

コメント 1 | ▲TOP