1. 粘膜接触でもマイクロキメリズムが起きる
  2. いとこ婚だと10人に1人は障害児が生まれる
  3. 東アジアで最もIQが低いのは日本人
  4. 近親相姦だと44%の確率で奇形児が生まれる
  5. 生まれてこない方が良かった・・・日本人なんて!

粘膜接触でもマイクロキメリズムが起きる

【驚異の遺伝子学】 Y染色体転移の恐怖とは?

アメリカの「フレッドハッチンソンがん研究センター」で、男児出産経験のない120人の女性を対象に調査が行なわれた。被験者の女性たちの血液細胞を調べてみるとやはり、男児出産経験がないにもかかわらず、21%の女性がY染色体を持っていることがわかったのだ。

因果関係を分かりやすくするために、この21%の女性を4種類に分類してみると、さらに興味深い傾向が分かったのだ。その4分類と、Y染色体保有の割合が下記だ(3%の女性は分類不可能のようだ)。

A=女児のみ出産した女性:8%
B=自然流産の経験のある女性:22%
C=人工流産(人工妊娠中絶)経験がある女性:57%
D=妊娠をしたことがない女性:10%

流産の場合、胎児の性別が不明(あるいは確認しない)であることが多いと思われるため、BとCは男児を懐妊していたかもしれず、そのぶんY染色体保有率が高いのは納得がいく。しかしなぜCとBにこれほどの差があるのかはよく分からない。

ともあれ注目すべきなのは、マイクロキメリズム現象を引き起こす要素がまったくないにもかかわらずY染色体を保有しているAとDだろう。そしてAとDがY染色体を獲得するには、以下のことが考えられるという。

1.気づかないで流産した男児からY染色体を獲得(該当していた場合)

2.双子(多胎児)の男の兄弟からY染色体を獲得(異性を含む多胎児の場合)

3.兄から母体を経由して兄由来のY染色体を獲得(兄がいる場合)

4.男性とのセックスでY染色体を獲得

残念ながらこの研究はここで終わっておりさらなる調査を未来に託すことになったが、「4.男性とのセックスでY染色体を獲得」という可能性が指摘されたのは興味深い。妊娠に到らなくとも、セックスによって相手の男性のY染色体を獲得するかもしれないというのだ。とすれば、その後に別の男性と結婚して授かった子どもに、以前セックスした男性の影響が及ぶことも有り得るということになる。

本当に興味深い。自然流産より人工中絶の方がY染色体保有率が高いのは、グチャグチャに潰された胎児の肉片が母体に残ってキメラ化している為でしょう。
セックスでY染色体を獲得する可能性が指摘されていますが、そういう事は実際にある様です。

マイクロキメリズムは母親での研究が多いので、母親に限った現象のように思えるかもしれませんが、母と父は性交による粘膜接触を繰り返すので、もちろん父親にもキメラ細胞が流入します。

こちらのPDFに「粘膜接触でも細胞の混入(マイクロキメリズム)が起こる」と書かれている。
唾液にだって細胞が含まれるのだからキスでもアウトだ。
男性の側にもマイクロキメリズムが発生するなら「間接キス」の形で女が過去にやった男の細胞が逆流してくるかも知れない。正に「穴兄弟」だね。

妊娠経験が多いほど母親の脳細胞に付着する胎児の細胞が増え、それがアルツハイマー病のリスクを高めるそうだが、アルツハイマーを発症する前から脳はダメージを受け、知能が低下するはずだ。
妊娠中は脳が萎縮するそうだし、性交回数が多ければ気づかない内に妊娠・流産する回数も多くなる。
セックスするだけでマイクロキメリズムが発生するので、男性経験が多い女ほど馬鹿になるだろう。

マイクロキメリズム現象の第一人者 Lee Nelson は、キメラは私達に有益なことをもたらすときと有害な影響をもたらすときの二つの側面があると主張しています。

組織に損傷があるとき、子どものキメラは幹細胞なので母親の組織の損傷を修復してくれる役割をしてくれます。かつて重度の腎臓病におちいった母親にとって、透析や腎移植のない時代では、残された最後の治療法は妊娠することであったとききます。
臓器の損傷があるとき、妊娠に伴って組織再生することがあることを昔の方は知っていたのでしょう。

前述のPDFにはこういう記述もある。テレゴニーが恐ろしいのは胎児の細胞の万能性ゆえに影響がどこまで及ぶかわからない所にある。

こんな研究もあります。白いネズミと黒いネズミの受精卵を卵割させてある程度大きくするのですが、そのふたつの受精卵を近くにおいておくとくっついて融合してしまうのですね。
その受精卵を白いお母さんのネズミの胎内にいれると、白と黒の入ったキメラネズミが生まれるのです。
ある所は白くて、ある所は黒いというネズミです。全然違う種類のネズミが、遺伝子の違う細胞でできるのですね。こういうことは生物にはよくあることなのです。

別のPDFの記述。これってテレゴニーそのものなんだよな。最早テレゴニーの正体はマイクロキメリズムであったと言っても過言ではない。
これだけ証拠が積み上がっているなら、もう言ってしまって良いのではないか?
テレゴニーは「ある」と(`・ω・´)

コメント 0 | テレゴニー (10) | ▲TOP

いとこ婚だと10人に1人は障害児が生まれる

近親婚の遺伝的な障害に対する否定的見解

BBCの報道によれば、イギリスに住むパキスタン人は55%がいとこと結婚している。
いとこ婚する者の両親やその祖父母やその祖先もいとこ婚の結果である場合は遺伝的には兄弟姉妹間の結婚に近い場合もある。
このため、遺伝子障害の発生率が、一般住民の13倍もの高率であり、バーミンガムではいとこ婚のパキスタン系住民の子供の10人に1人は幼年期に死ぬ、あるいは重大な障害を起こしており、イギリスでは人口比で3%を少し超える程度のパキスタン人が遺伝病の子供全体の少なくとも3分の1を占めている。

いとこ婚だと障害児が生まれる確率が10倍ほど高くなる。
普通の夫婦の間からでも世界平均で1%くらいの子供が何らかの奇形・障害を持って生まれてくるので、いとこ婚で障害児が生まれる確率は10%で「10人に1人」だ。

兄妹・父娘間の近親交配(血縁度1/2)だと44%の確率で奇形児が生まれる。いとこ婚(血縁度1/8)で10%なら血縁度に比例していて大体計算も合う。

誰もが遺伝病の劣性遺伝子を50〜60個は持っている

元々、人間は誰でも遺伝病の原因となる劣性遺伝子を「数個」は持っていて、近親婚だと劣性遺伝子が発現して遺伝病になりやすいと言われていたが、最近の研究だと人間が持っている遺伝病に関わる劣性遺伝子の数は、数個ではなく「数十個」だったらしい。[※1]
その分、想像していた以上に近親婚のリスクは高かった事になる。単一の奇形だけでなく、複数の障害を発生させかねないのです。

もちろん、いとこ婚であっても兄弟全員が健常者に生まれる可能性はある。だが兄弟全員が障害者になるケースも少なくない。
それに軽度の障害を含めると倍くらいの人間に悪影響が出ていると考えられる。

近親婚は「種の繁栄」にとって明らかにマイナス。だから動物にさえ近親交配を避ける本能が発達している。
リスクが高すぎるので本来なら法律で禁止すべきだが、昔はまだ近親婚が多かったし政治家にも近親婚している人がいたりするので今すぐに禁止するのは難しい。
近親婚のリスクの高さをしっかり教育していって自発的にやめさせるしかないでしょう。

安倍の難病も近親婚が原因?

安倍元総理の母親もいとこ婚で生まれたらしい。安倍晋三の父親の安倍晋太郎は東大卒で飛び級するほど優秀な人物だったのに、息子の晋三がクルクルパーになってしまったのは母親が近親婚で生まれた事が影響しているのでは?

いとこ婚の弊害は隔世遺伝で孫にまで悪影響が出る場合がある。近親婚では目、耳、脳、生殖能力などに障害が出やすい。安倍晋三に子供ができなかったのは近親婚による障害だったのかも知れない。

【関連】
いとこ同士の子供は親より身長が平均で1.2センチ、最終学歴が10か月短くなる
※1 出典:四元淳子『遺伝子がわかれば人生が変わる。

コメント 9 | ▲TOP

東アジアで最もIQが低いのは日本人

国別IQ
国別のIQ調査で2002年には平均が100だった中国が、2006年にはIQが5ポイントも上昇して日本と並んだ。
豊かになって栄養状態が良くなるとIQが伸びる傾向にある。日本人の平均IQは横ばいだが中国にはまだ伸び代があるので現在は中国にIQで抜かれている可能性が高い。
台湾も教育熱心な国なので既にIQで日本を追い越しているだろう。
今や東アジアで最もIQが低いのは日本人であると言っても過言ではないのです。
国別の脳の大きさ
世界で一番IQが高い香港・シンガポールも殆どが中国系だ。中国人は元々優秀なんだね。
縄文時代から現代まで日本で生まれた人間全部合わせても6億人くらいしかいないそうだから、13億の人口を抱える中国には日本の歴史上の偉人・天才を全て合わせたよりも多い才能が暮らしている事になる。
一世代で新たな文明を生み出せるくらいのマンパワーがあると言う事。中国を舐めてはいけないと思う。

【関連】
白人は言語性IQが高い
最近の調査では中国のIQは106に上昇

コメント 14 | ▲TOP

近親相姦だと44%の確率で奇形児が生まれる

竹内久美子さんの『万世一系のひみつ』という本に引用されていたデータによると兄妹・父娘間の近親相姦(血縁度1/2)で生まれた子供161人を調査した所、その内71人に先天的な異常があったらしい。
最も多いのが知的障害で20人。単一の障害だけでなく、複数の障害を抱えている(例えば知的障害と心臓病を両方持った)複合奇形も多いと言う。

全体の44%が何らかの障害を持って生まれてくると言うのはかなりのリスクだ。
しかもこの調査には精神障害は含まれていないっぽい。年取ってから発症する遺伝病にも近親婚が関係してたりするから実際はもっとヤバイのでは?

近親交配
ちなみに近親でない場合に奇形が生まれる確率は1%程度。いとこ同士(血縁度1/8)でも10人に1人が障害児になるので高齢出産なんかより遥かに危険。
日本では「いとこ婚」が合法だけど近親交配のリスクを少し甘く見過ぎているのでは?

【関連リンク】
近親相姦による子どもの半数は先天的異常を持って生まれる!?

チェコスロバキアの子どもたちを対象にして行なわれた調査では、驚くべき数値が出ている。第一度近親者(親子またはきょうだい関係)の間に生まれた子どもの約半数(53%)は、何らかの異常を持って生まれるというのだ。
具体的には、重度の先天性異常や産後間もなく死亡してしまうほどの疾病を持って生まれた新生児は42%にのぼり、ほかにも軽度の知的障がいを持って生まれてくる新生児は11%を占めるという

近親相姦が合法化される!? 4人の子どもを持つ兄妹に議論紛糾!=ドイツ

子どもたちのうち2人は生まれつき障害があり、あとの1人も重い心臓病を抱え、移植手術が必要

ツタンカーメンの容姿を再現 出っ歯、湾曲した足... 病弱の原因は両親の近親婚

【追記】
ジョナサン・H・ターナー 著『インセスト 近親交配の回避とタブー』に紹介されていた別のデータでは近親相姦で生まれた18人の子供の内、健常者は7人のみだったそうです。

コメント 0 | ▲TOP

生まれてこない方が良かった・・・日本人なんて!

デイヴィッド・ベネター(David Benatar, 1966年12月8日 - )は生命倫理を専門とする倫理学者・哲学者。南アフリカケープタウン大学哲学科教授。

著書 "Better Never to Have Been : The Harm of Coming Into Existence" (『生まれてこない方が良い: 存在し始めるという災難』)で展開した反出生主義(Antinatalism)の擁護で最もよく知られている。

生まれてくることはその本人にとって、常に災難であり、それゆえに子供を生むことは反道徳的な行為であり、子供は生むべきではない、と主張する。
子供を生むことは、多くの動物がそうしているように単に何も考えずに性的欲求を満たすための行動である性行為の結果として引き起こされている現象であるか、または生む側の欲求を満たすために引き起こされている現象であるか(例えば子育てしてみたいといった欲求を満たすため、自分の老後の世話をしてもらおうという計算の為)、または判断するさいに生の質(QOL)を不当に高く誤評価していること(ポリアンナ効果)から起きている現象である、とする。

ベネターはチャイルド・フリーのような立場と自身の立場をはっきりと区別する。チャイルド・フリーのような考え方は、自分のライフスタイルを維持することを考えて子供を持たないという立場を取るが、ベネターは親の都合ではなく、生まれてくる人間の観点に立って、その上で生むべきではない、と主張する。
つまり生まないことは、多くの人に取ってはある種の我慢が必要な事ではあるが、生まれてくる人間のことを少しでも真剣に考えるのならば、子供は生まずに我慢すべきだ、とする。

ベネターは人口爆発の問題について言及している。ベネターは地球上の理想の人口はゼロであるとしている。つまり人間は絶滅した方がよい、と主張している。
とはいえ即座に人類絶滅を目指すのは生まれてきてしまった人たちにとって大きい苦痛を伴うものとなるであろうから、少しずつ段階的に人口を減らしていき、最終的に絶滅する、つまりゆるやかに絶滅していくのが良いだろう、としている。

ああ^~いいっすね^~。「生まれて来ない方が良い」と言う発想が当たり前にできる西洋社会は素敵だ。
未だに「産めよ増やせよ」でウィルスの様に増殖する事しか頭にない日本だったら、こんな"危険思想"は持つ事すら許されない。デイヴィッド・ベネターの哲学書を公に出版するなんて不可能だ。

そりゃよっぽど金持ちだったり親が美男美女同士で愛し合ってて心底幸せだったりするなら子供を作っても良いけど、自分自身が人生で苦労の方が多く、あまり幸せでないと感じるなら子供も同じ苦労をする可能性が高いのだから子孫なんて残さない方が良いだろ。

年取って中年にもなると人生飽きるし。何も楽しみがない。どんなに面白い映画でも何百本も見れば飽きる。ネットも10年以上やってればさすがに飽きた。もう飽き飽きだ。
日本人の8割くらいは「金とセックス」にしか興味がない様な人間ばかりだし、楽しそうにも見えない。ぶっちゃけ生きてる意味あるの?

日本では働いていない人間は「生きてる価値がない」と見なされる。働かなければ生きていけないのです。
労働を強要する残酷な社会に子供を産み落とすな!良い迷惑だよ(´;ω;`)
「働かなくても生きていける」社会になるまで、我々は子作りをボイコットすべきです!

「子供を作らない」事こそ最高に文化的な行為。シンガポールや香港・台湾など日本より豊かでIQの高いアジアの国では日本以上に少子化が進んでいる。
野蛮人ほど子供が多い。子作りなんて親のエゴだ。理性でもってこの「負の連鎖」を断たねばならない。

元々日本は人口が多い多いと言われているあの中国よりも人口密度が高い国なのです。日本に資源がないなんて嘘。人口が多いから資源が足りないだけ。
日本の適正人口は2〜3000万人程度。そのくらいの人口であれば広大な海洋資源もあるし石油以外は何でも自給自足してのんびり暮らせる国になる。

本当は日本も中国をみならって一人っ子政策を導入するべきなんだ。少子化が問題だなんてとんでもない。あれは人口が減ると困る産業界に配慮して言ってるだけのステマです。
沢山子供を作ったらどんな金持ちでも家計が破綻して損をするのだから「なるべく子供を作らない」のが個人の選択としてはベスト。
少子化で将来的には介護職の人材が不足するとも言われているが、老人の尻拭いをさせる為に子供を作るのですか?自分のケツくらい自分で拭けよ!

日本人は子育ても下手。日本人のガキなんてどうせロクな人間に育たない。保育園に子供を預けて税金使って子育てしようとする親はそもそも子供を作るべきじゃない。
子供なんて産んでも最低20年くらいはただの穀潰しだし教育に税金もかかる。受益者負担で子供のいる家庭にこそもっと税金払わせるべきだ!!

【追記】
ベネターの翻訳本が日本でも出版されたそうです。たまげたなぁ。

コメント 11 | 生きる意味 (6) | ▲TOP