1. 日韓もし戦わば 韓国軍が自衛隊に圧勝する!
  2. 性の起源
  3. テレゴニーのメカニズムは解明されつつある
  4. 他人の不幸を喜ぶ日本人
  5. 処女が減ると売国奴が増える

日韓もし戦わば 韓国軍が自衛隊に圧勝する!

軍隊と企業は似ている。国際競争で韓国企業が日本企業を圧倒している様に、もし日韓が戦争になったら日本は韓国に負けてしまうだろう。
日本的な組織形態は軍隊であれ企業であれ韓国よりも判断力が劣っているからです。
実際、日韓の合同軍事演習で自衛隊と韓国軍の兵士が模擬戦闘をやるといつも自衛隊が完敗している。

東アジアの軍事力比較図
韓国軍の総兵力は65万人。自衛隊は全部で24万人。単純に軍事力だけを比べても韓国の方が強い。
その上自衛隊には脱走兵を処罰する法律がないのでいざ戦争になったら1割くらいが自衛隊を辞めてしまうと想定されている。
つまり戦争になった時点で自衛隊の戦力は1割減なのですw

日本は「戦争になったら国の為に戦う」と答えた人の割合が世界一低い。戦争になれば皆逃げ出す。実際こんな糞国家の為に戦う奴なんて殆どいないだろ。
だが韓国は違う。日本と戦争になったら国民の多くが喜んで戦場に行くだろう。
人口は少なくても志願兵の数は韓国の方が多くなる。
徴兵制があるので国民の軍事スキルも高い。同じ数の日本人と韓国人が戦ったら韓国人が勝利する。

自衛隊員の多くは本気で戦争をやるつもりがない。自衛隊は「戦えない軍隊」だ。彼らは税金使って筋トレしているだけ。
北朝鮮と休戦状態のまま国境を接している韓国とは本気度が違う。

日本は軍事費こそ世界有数の高さだが、その殆どは人件費であり自衛隊の実力は世界でTOP20にも入っていない。
日本は東アジアで最弱。韓国にすら勝てない。もちろん中国相手にも負ける。
核兵器抜きでも中国は衛星破壊ミサイルや空母キラーミサイルなどの高度なミサイル技術を持っている。
ミサイル攻撃によって日中開戦後30分で自衛隊基地は無力化され日本は負ける。圧倒的に中国軍の方が強いのです。
韓国軍のミサイル
韓国軍も数百Km先にいる人間をピンポイントで狙える"超兵器"玄武ミサイルを持っているので、ミサイル飽和攻撃だけで自衛隊を殲滅できる。それが現実です。

日本は敵の実力も知らずに領土問題でいたずらに中韓を挑発している。まるで大型犬に向かってキャンキャン吠えまくっている馬鹿なチワワだw
しかも自分では戦わず戦争になったら代わりにアメリカ様に戦ってもらおうとしている。
虎の威を借りて好戦的になりアメリカを巻き込んで第三次世界大戦の火種を作ろうとしている国、ニッポン。
こんな国は原爆落とされてもしょうがないわ・・・orz

コメント 2 | 戦争論 (9) | ▲TOP

性の起源

DNAの34%はウイルスに由来している。菌類もウイルスを利用した接合で遺伝子を水平伝播させる事ができる。
有性生殖とは「遺伝子の水平伝播」が進化して形式化したものだ。

まず初めに見境なく他の個体に自分の遺伝子を水平伝播させようとする「オス」が出現したのだろう。
そのオスは他のオスにも無理やり自分の遺伝子を注入するため、やられた方のオスは細胞や遺伝子を壊されて多くは死滅する。「遺伝子の水平伝播」は致死率が高く、効率が悪かったのだ。
しかしそれでもオスは自分の遺伝子をバラ撒く事を止めない。原初のオスの性行動は破壊的・搾取的だ。ウイルス感染とほぼ同義であり、周囲には災難でしかない。

その結果、進化によってオスへの耐性を獲得し、無理やり遺伝子を注入されても生き残れる新種が誕生した。それが「メス」だ。
恐らく最初のメスは、オスに遺伝子を注入された後その「汚染」された部位を肉体から切り離して生き延びたのだろう。切り離された部位は遺伝子が混ざり合い、運が良ければ別の個体となった。それこそが有性生殖の起源だ。
罠
進化によって予め囮となる部位、狙い易い隙間が作られた。生殖器官とは言わば自然が生みだしたトラップである。

オスは一種のパラサイト

積極的に遺伝子を水平伝播させる「攻撃」に特化した種がオスで、そのオスへの「防御」に特化した種がメスとなった。
つまりオスとメスは元々は別種だったのだ。交配を繰り返す内に一つの種の中にオスとメスが統合されていったのだろう。
本来は別種であったなら男女が互いを理解できないくらい違いが大きいのも頷ける。

原初の生殖行動は同意などない「レイプ」だったと言って良い。生殖の本質はそこにある。
現代においても妊娠によって女性はダメージを受け、大幅に劣化する。だが男はノーダメージだ。
男は自分では妊娠したいとはまったく思わないし、子どもを産みたがる女性を内心では馬鹿にしている
征服欲を満たしたい等の「邪な感情」がなければ女を妊娠させたいとは思わないはずだ。

狼
image: Milton Jude / flickr

性の搾取的構造は今も変わっていない。男にとって女とは「肉」であり「穴」であり「獲物」でしかないのだ。だから女性にとって男性とは根本的に「脅威」なのです。

良く「男は狼」などと言うが『ゴブリンスレイヤー』で例えるなら男はゴブリンで、女は苗床だ。
「子孫繁栄」とはウイルスや癌細胞が増殖するのと本質的に何も変わらない。
この気色悪い生殖に終焉を!人類に理性と優しさがあるなら、子作りなんて野蛮な行いはもう止めるべきです。

【関連】細胞核ウイルス起源説 - Wikipedia

これは、有糸分裂や減数分裂や性交渉により全ての真核生物に起こる現時点の細胞サイクルが、可能な限り多くの宿主に感染して増殖を通じて宿主を殺すというトレードオフ(片方犠牲)の特性パターンを持つウイルス襲撃に、均衡を保とうとして進化したものだ、という仮説である。

性的対立
共進化

コメント 0 | ジェンダー (7) | ▲TOP

テレゴニーのメカニズムは解明されつつある

人間の遺伝子にはイントロン(介在塩基)がある。塩基に組み込まれていながら全くタンパク質合成のために働かないなぞの遺伝子である。

そしてなんとレトロウイルスの一種が持つ遺伝子と全く同じ配列が一部のイントロンには存在するという事実が判明。イントロンはいわばたんぱく質を合成する時に「邪魔な存在」
なので合成時には切り取られ、しかるべき遺伝子同士が塩基を作る作用が働く。
更にレトロウイルス(エイズウイルス等)は、生物に感染するとその生物のDNAの中に自らの遺伝子を送り込む(逆転写)という特徴を持っている。

他の生物のDNAのなかに自分の遺伝子を送り込むためには逆転写酵素(自分の遺伝子を他の遺伝子に組み込む酵素)が不可欠であり、主に【RNA】がその特徴を有している。
ちなみに【RNA】は【水に溶けやすく、逆転写酵素を有している】という特徴を持っている(全てではない)。

そして今度はテレゴニーに関係する精子に話を移してみよう。

通常精子は卵子にたどり着いて受精し、減数分裂を繰り返してそれが赤ん坊になる。
そしてその細胞分裂の司令塔的役割を果たしているのが精子の【中心体】という部分である。
ということはこの中心体が受精卵の細胞分裂の仕方を決める中心人物という事になる。

ここで皆さんは驚くべきことに気づくことになるだろう。この中心体は先ほど話した。【RNA】で構成されている。
受精卵の細胞分裂の司令塔的役割を果たすこのRNAの集まりの中に【精子の遺伝情報を逆転写(女のDNAに元カレ遺伝子を組み込む)】するものが含まれていると仮定するとどうだろうか?

今の通説では受精できなかった精子は膣内に吸収され、たんぱく質として膣内で吸収されるだけということになっている。
しかし、仮に精子の中に【逆転写酵素を持つRNA】が存在したとしたらどうだろうか?もし逆転酵素を有するRNAが元カレの精子に含まれていたと仮定すれば、
RNAは水に溶けやすい性質を持っているという生物学的事実との相乗効果で、
膣内に無造作にばらまかれた一億匹の精子たちのRNAは単に膣内で吸収されて死ぬのではなく、■エイズウイルスのように膣内に溶け込んで元カレの遺伝子を女性のDNAに逆転写酵素で組み込むことが出来る■という仮説が成り立つ。

そしてこれが事実だと仮定するならば、二人目の夫ががその女に子供を産ませてもその子供は夫の純粋な遺伝子を持った子供ではないことになる。

テレゴニーは■1890年■に動物学者のアウグスト・ウィズマンによって否定されたとされているが、
【逆転写酵素】が発見された年代は■1970年■、しかも遺伝学者と分子生物学者によって発見されている。【動物学者】からテレゴニーが否定されてから実に■80年■を経て【遺伝学と分子生物学の専門家】が逆転写酵素を発見した事は特筆すべき点だろう。

↑これはこの記事へのコメントだけど素晴らしいね。当時は俺もテレゴニー否定派だったからロクに理解しようともせず安易に否定していたけれど、今ならわかります。この仮説は正しい。

人は自分の理解力を超える物を「トンデモ」と決めつけて否定しがちだ。その方が考えなくて済むし楽だから。いわゆる「バカの壁」と言うやつだろう。
常識で考えたらそりゃあテレゴニーなんて否定しますよ。無理もない話でこの理論を理解するには常識以上の専門知識がいる。高度で最先端の科学知識がなければテレゴニーは理解できない。

知識
テレゴニーに関する海外の研究論文によると、やはり精子にはRNAの逆転写能力があるそうだ。それだけでなく精子には体細胞に侵入する能力まであると言う。

哺乳類の胎盤の形成にはレトロウイルスが関与しているし、精子の性質はこれまで考えられていた以上にウイルスに近い。
それもその筈でDNAの中にはレトロウイルスが潜んでいる。生物とはウイルスの「上位互換」であり、精子にもウイルスと同様にDNAを水平伝播する能力が備わっている。

生命とも非生命とも言えない「ウイルス」が正に無機物と生物との間を結ぶミッシング・リンクであるとする説が正しいなら、人類は生命の起源を解き明かした事になる。
実際の所、テレゴニーを引き起こすメカニズムについての説明も出そろった感がある。後は証拠さえ見つかればテレゴニーは証明できる。

水平遺伝の研究の進歩によって遺伝学の世界にパラダイムシフトが起こりつつあるのです。10年以内にテレゴニーが証明される可能性は十分にある!
教科書が書き換えられる日も、そう遠くはないでしょう。。。

【参考書籍】
『よくわかる分子生物学の基本としくみ』井出利憲
遺伝子・DNAがわかる 』夏緑,真右衛門
『ウイルスは生きている』中屋敷均
『利己的遺伝子から見た人間』小林朋道
『にわかには信じられない遺伝子の不思議な物語』サム・キーン
『ウイルスと地球生命』山内一也
『まだ科学で解けない13の謎』マイケル・ブルックス
『生物はウイルスが進化させた』武村政春
ウイルス・プラネット』カール・ジンマー

コメント 0 | テレゴニー (10) | ▲TOP

他人の不幸を喜ぶ日本人

日本人の最も悪い習性は「他人の不幸を喜ぶ」所だろう。
何の落ち度もない人間が事故や災害で亡くなったニュースに対して「他人の不幸で飯がうまい」なんて書き込むのは世界広しと言えど日本人くらいのものだ。
同胞が死んで喜ぶ奴なんて中国韓国にだっていない。人間失格どころか動物としても失格。日本人は畜生以下か!!!

日本人は幸せな人間を憎み、他人の不幸を望む。この国では幸せそうにしてるだけで叩かれ、イジメのターゲットにされるのです。
日本人がやたら謙遜するのは自己防衛のためだ。日本人は自分より弱くて卑屈な人間しか愛せない。
出る杭は打たれるからへりくだって身を守る必要があったのサ。

親子間にすら嫉妬や妬みの感情が存在する。日本の年寄りは若者が苦境にあえいでいるというニュースや若者批判の報道を好むそうだ。
マスコミが「若者の○○離れ」とか言って不況も就職難も全て若者が悪いかの様に報じるのは、メインの視聴者層である老人を喜ばせるためなのです。

別れさせ屋とかにも時々暇な金持ちが「あのカップルが幸せそうなのがムカつく」って理由だけで別れさせ工作を依頼してくる事があるらしいな。
金払ってでも他人の幸せをブチ壊そうとする奴がこの国には実際にいると言う事。

強きをけなし弱きをわらう
『機動警察パトレイバー』13巻より

日本人が幸せになれないのは、日本人が他人の幸福を望んでいないせいもあるだろう。幸せな人間を見つけると足を引っ張って引き摺り下ろそうするカニバケツ社会ですからね。
日本人は呪われているのです。呪っているのは他ならぬ日本人自身。そして、私だ(`・ω・´)

他人の不幸を喜ぶなんて人として最低なのに、この国では普通。悪人が多数派なせいで善悪の判断が逆転してしまっている。
日本の女はビッチだらけだから逆に処女が叩かれ、日本人はエゴイストだから寄付や慈善事業、福祉制度などが批判される。
悪徳が称揚され、善意が断罪される。日本人はもはや人間よりも悪魔に近い。まさに悪霊日本人!!!

日本の政治家が増税をやりたがるのは国民を苦しめたいからだろう。明らかに一部の政治家や官僚は国民生活が困窮してるのを高みの見物して楽しんでいる。
日本で自己責任論が好まれるのは他人の不幸でメシウマできるからでは?
「○○は自己責任」と言う言葉を「○○はメシウマ」と言い換えてもまったく違和感がないからネ。

コメント 3 | ジャップ (9) | ▲TOP

処女が減ると売国奴が増える

ナショナリズムの根源には「自国の女性が外国人とセックスするのが嫌だ」と言う嫉妬心がある。
それゆえ自国の女性に「愛する価値がない」と感じれば国を守ろうとする意思、愛国心も消失する。

もし外国の軍隊に攻め込まれても、日本の女なんて相手がイケメンだったらレイプされてもアへ顔ダブルピースで喜びそうなビッチばっかりだからなwww
そんな女の為に命懸けで戦おうなんて思わないだろう?

守る価値があるのは処女だけだ。処女が減ると間違いなく男性の愛国心は減衰し、売国奴が増える。
中国や韓国の愛国心が日本よりも強固なのは、中韓の女性の貞操観念がしっかりしてて処女が多い事と決して無関係ではない。
韓国人だって自国の女性が日本女性みたいにビッチ化したら馬鹿馬鹿しくなって国を捨てる人が増えるはず。

ゼロ戦
image: Zero / flickr

日本に売国奴が多いのは女がビッチなせいでしょう。非処女に愛国を語る資格はない!
男性の草食化、結婚したがらない男が増えているのも同じ理由による。若い頃に散々イケメンの肉便器にされて調教済みの女なんかを養いたくはないから未婚男性が増えているのです。
男性の3人に1人が生涯独身でいるというのは危機的な状況だよ。そんな社会が持続可能であるわけがない。
「守る価値のない」非処女が増加したせいで国が滅びる!!!

女の処女喪失年齢は周りの女の処女喪失年齢に左右される。非処女が一匹いると悪性ウィルスに感染する様に周りの女も次々と非処女ビッチ化する。
ビッチの魔の手から処女を守らなければ、この国に未来はありません(`・ω・´)

最初に「特攻」を命ぜられた関行男大尉は同盟通信社の小野田政記者に「ぼくは天皇陛下のためとか、 日本帝国のためとかで行くのではない。 KA(海軍の隠語で妻のこと)のために行くのだ。命令とあらばやむをえない。日本が敗れたらKAがアメ公に強姦されるかもしれない。 ぼくは彼女を護るために死ぬんだ。最愛の者のために死ぬ。どうだすばらしだろう」と答えたという。
コメント 0 | 処女厨 (8) | ▲TOP