スティーブ・ジョブズ氏が生み出した製品は本当に世界を変えているし、良くしているし、人間を進化させたと思う。
ジョブズ氏を失ったのは人類にとって大きな痛手だ。彼が生きていたら世界はもっと良くなっていただろうから・・・。

繰り返される不幸

スティーブ・ジョブズ氏は、2004年に膵臓(すいぞう)がんと診断された後も医師の勧めに反して手術の予定を9カ月先延ばしし、マクロビオティックの食事療法で治療しようとしたが、後にそのことを後悔していたという。

ジョブズが癌の手術を受けなかったのはマクロビオティックで治せると思い込んでいたためらしい。
マクロビオティックは日本発祥で日本人の詐欺師が広めたインチキ療法だ。
もし日本がマクロビオティックなんてものを広めていなければ、ジョブズは今も生きていたかも知れない。

日本人はジョブズが禅にハマっていたからと言って「ジョブズの成功は禅のおかげだ」などと、まるで自分達の手柄であるかのように言い出すくせに、何故ジョブズの死については責任を感じないんだ?w

大体、禅だって日本のものじゃないだろ。中国から伝わってきたものだ。
ジョブズの成功が禅のおかげなら他の禅僧もジョブズ並みに成功してなきゃおかしいし。
ジョブズは学生の頃に哲学とかも学んでいたからそっちの影響の方が大きいのでは?

ジョブズの創造性が禅のおかげであると思うのであれば、同様にジョブズの死の原因は悪徳日本人のせいであると考えるべきなのです。。。

by Twitter Facebook google