難民の少女一つは「外国人を見下す日本人」で、もう一つは「日本人を見下す日本人」だ。
どちらも見下す対象が違うだけで日本人の100%が差別主義者である事に違いはない。
日本人は差別心の塊で血液型さえも差別の対象となる。生まれつき差別をせずにはいられない民族なのです。

欧米各国がシリア難民を10万人とか100万人単位で受け入れようとしているのに、日本は日本に難民申請した僅か60人程度のシリア難民すら受け入れを拒否した。
難民受け入れは人道問題なのに、我が国は難民の受け入れも「経済的なメリットがない」と言う純粋に自己中心的な理由で拒否している。そこに他者への思いやりは存在しない。

アメリカでヘイトクライムで捕まった大量殺人犯も「アジア人(日本人)は生まれつきの差別主義者だ」とコメントしている。ノルウェーで57人以上を殺害した極右のブレイビクも移民を受け入れない日本を理想としていた。
日本が排外主義の人種差別国家である事は海外では既に広く知られているが、日本人にそんな自覚はまったくない。
難民を受け入れないのはそれ自体が人種差別的であり悪意ある行為だが、この国には根本的に道徳が存在しないので自己中心的で薄情な日本人にはそれが悪い事だと認識する事すらできない。
ほんの数十人の難民すら受け入れないのは合理的な判断ではない。国家イメージを損ねてしまっている。

これほどまでに日本人が移民を嫌い、難民の子供を侮辱しさえするのは日本人が世界一「臆病」な民族だからです。
恐怖心が外国人を遠ざけ、忌避する感情を生み出す。世界一臆病な日本人は世界一のレイシスト国家になるポテンシャルを持っているし、実際そうなのだろう。
この日本人の臆病な遺伝子を矯正するには移民・難民を受け入れて血を薄めるしかないのだが性悪日本人は自分たちが損してでも最後まで移民の受け入れに反対するだろう。

【関連】自殺率の高い国ランキング、日本3位

日本社会の息苦しさは異常
バンクーバーに少しいましたが
別世界へ行ったかのようでした

みんなゆったりゆっくり生活していて
仕事中でもほぼみんなニコニコしていましたよ
よい1日を なんて
歌うかのように知らない人に挨拶したり
知らない人とも普通にニコニコ会話します
働くのは休暇のため
休暇をとにかく何より楽しみにしている

そして一番の衝撃は
フードコートの清掃の方
満面の笑みで掃除片付けをし
みんなに感謝され言葉を交わす
日本では底辺といわれる職種のひとつだけど
バンクーバーでは仕事のひとつというだけ

考えてみたけど
日本人は差別が激しい
それが生きづらさを半端ないことにしてる

移民しても自分だけ白人気取りで有色人種を見下し、白人社会に受け入れられなければ今度は被害者気取りで白人を憎悪する日本人。救い難い

日本の人はアジア系として米国ではマイノリティーに位置するのに、まるで自分が「白人」の側にいるかのようにふるまい、「黒人とは違う」と分けて考えてしまう人が、いる。

日本の難民認定率は0.1% 国際平均である32%と乖離
チェコでも人種差別を煽る日系人