震災スピーチ母見捨てた震災スピーチ 菅原彩加

三陸地方には津波てんでんこの言い伝えが残っている。「津波が来たら、肉親にも構わずに各自てんでんばらばらに高台へ逃げろ」と言う意味だが、これは非常に利己的な教えだ。
過去の経験則で親兄弟も見捨てて真っ先に逃げ出した人間だけが生き残ったからこそ、こう言う教訓が残されている。

しかし生き残るためとは言え肉親すら捨てて逃げ出す奴はやはりクズだろう。家族すら見殺しにする人間に生きてる資格はない。津波から逃げる奴は有事の際にも国を捨てて逃げ出す。潜在的売国奴だッッ!!

助けられなくても、助けようとするべきだ。それで死んでもしょうがない。家族を見殺しにして生き残った連中は恥を知るべき。

津波に襲われる地域では他人を助けようとする良い人間は死んで、クズだけが生き残る。
三陸沖は100年の間に3度も津波に襲われている。繰り返し起きる津波による淘汰圧によって、東北では善人は淘汰され、利己的な人間ばかり増える方向に「進化」しているのではないか?

多発する「戦争」は協力行動を進化させ、人間を利他的に変えるが
多発する「津波」は逆に利己的行動を進化させ、人間を邪悪に変える。

クズが多い東北では昭和頃まで口減しの為に自分の娘を女郎屋に売り飛ばすと言う事が日常的に行われていたので、東北人の「邪悪なDNA」は人身売買によって日本中に広まっている。
「津波てんでんこ」は究極の自己責任論だ。津波によって普及・発達した利己主義は東北だけでなく日本人全体に確実に受け継がれている。
東京の人間は東北出身者が多く、気質的にも東北的な陰湿さがある。融通の利かない東北気質の人間が支配しているから日本は息苦しい。

命より大事なものがある。東北の人たちには今度は逃げないで正義を貫いて欲しいですね(^^)

[関連]
津波てんでんこ 約7割が「賛同しない」と回答「薄情だ」「利己主義」
サイコパステストとしてのトロッコ問題
東北を復興するな!