「女性は思春期の性行為を控えるべき」と脳科学者

人類にほぼ特有である「恋愛」ですが、その科学的研究はかなり進んでいます。その結果、女性は、思春期の恋愛期間中は性行為を控えたほうがいいことがわかっています。

欧米の多くの研究結果から、10代の(つまり思春期での)妊娠・出産が、母子ともに悪影響を及ぼす可能性が高いことが報告されています。
また、最初の性行為が早いほど、高校を中退したり大学に進学しなかったりする確率が高いというデータも、アメリカの研究で得られています。

例えば、18才ごろまでに性行為をしてしまうと高校中退の確率は約2倍高まり、大学に進学しない確率もやはり2倍ほど高まります。

女はセックスすればするほど頭が悪くなる。海外では売春婦の半分はIQが85にも満たないという統計結果がある。
これは性行為やフェラチオの際に頭が激しく揺さぶられて脳が損傷を受ける為だと推測される。
ボクサーが殴られすぎて「パンチドランカー」になるように、娼婦も又ヤリ過ぎによって「セックスドランカー」になっているのだ。

特に子供の頃にセックスを覚えてしまうと脳や体への悪影響が大きい。だからこそ、未婚女性にセックスさせてはいけないのです。これ以上バカ女を生み出さない為に、何としても性の低年齢化を食い止めねば。
処女が一番。清純派処女、バンザイ!!!!!

by Twitter Facebook google