皇紀2600年天皇制には2600年の歴史があるとされているが、これは常識的に考えたら有得ない数値だ。「ウリナラ半万年」と同じ類のデマでしょう。
「皇紀2600年」を本気で信じてる奴がいたら、そいつは間違いなく電波系だろw
昔の暦では一年を二年と数えていたから皇紀2600年が水増しされた数字でなくても実際はそれよりも遥かに短い。

政治家の中にも「2600年の伝統を誇る皇室」云々と発言してる人がいたが、こういう間違った「歴史認識」は危険ですらある。

天皇が実在した証拠が残っているのは1300年前まででしかない。どんなに古くても卑弥呼の時代(3世紀)より古い事はない。それ以前には天皇なんて影も形もなかった。
この程度の歴史は人類史からしてみれば大した長さではない。

天皇制が存続できたのは天皇が自らを「神」と偽ってきたからで、天皇の「実力」とは無関係だ。
「2600年」の伝統があるだの「神」だの「天皇制がなくなったら日本はバラバラになる」等々の大嘘を流布させ、人々を不安にさせる事によって天皇制は存続できたのである。

そもそも「歴史の長さ」なんてものには何の価値もない。
時間は誰に対しても平等に流れている。アフリカだろうとアメリカだろうと人類の起源は同じで、どの民族にも同じだけの歴史があるのだから。

伝統とは火を守ることであり、灰を崇拝することではない。

- グスタフ・マーラー