人が孤独を感じるのには二つの原因がある。

1.会話をしたいという欲求
2.人と触れ合いたいと言う欲求

この二つの生理的な欲求が満たされないと、うつ状態になって精神に不調をきたす。
それが「孤独感」や「寂しさ」として感じられる感情の正体である。

要はこの二つの欲求不満を解消してやれば良いのだ。手近に話し相手がいないなら自分で自分に語りかけると良い。
さびしさに打ちのめされている自分自身を励ますのだ。「大丈夫だヨ。何も心配いらない。自分がいつも一緒にいるよ」という具合にね(`・ω・´)

その際、自分の手や体を撫でたり揉みほぐしたりしてマッサージするとスキンシップも図れてより効果的だ。
「人と触れ合いたい」という欲求も自分自身に触れる事(タッピングセラピー)である程度解消できる。あるいはペットやぬいぐるみを抱きしめても良いだろう。

真に自立した人間を目指すなら、孤独感くらい自力で解消できねばならぬ!!
諸君らも是非この方法で孤独と闘い、大勝利を収めてもらいたい。

by Twitter Facebook google