室戸岬の辺りは南海トラフ地震が起きる度に隆起して海岸段丘ができるらしい。
南海トラフでは絶える事なく地震が起きているから海岸段丘の痕跡も四国全土にびっしりと残っている。
ひょっとしたら四国は地震による隆起によって陸地になった島なのではないか?
四国は南海地震で最も大きな津波の被害が出る場所だ。地震による隆起も最も大きいはず。

中央構造線
四国だけでなく中央構造線より南側にある陸地は南海トラフ地震によって出来たのでは?
中央構造線とは元々はユーラシアプレートの東端、太平洋との境界線だったのでしょう。

太平洋プレートを飲み込む事によってユーラシア大陸は拡大している。
そのため南海トラフが隆起し、日本列島も陸地が拡大したのでは?