佐渡島
新潟県の佐渡島は結構目立つ場所にある。この島はなぜできたのだろうか?
フォッサマグナの近くにあると言う事はフォッサマグナと何か関係がある筈だ。
佐渡島は元々能登半島とくっついていたのではないか?
ユーラシアプレートが割れてフォッサマグナが出来た時に、能登半島が丁度プレート境界の直上にあったために分裂し、東日本が太平洋方向に移動したのに合わせて佐渡島も東に移動した。

佐渡島
東日本はフォッサマグナができる前は小笠原諸島の隆起に沿ってまっすぐ北に伸びていた。
その頃の能登半島は東日本と完全に密着し、半島ではなく富山湾も完全に陸地だったはず。
フォッサマグナの東縁が西縁に比べて長いのは元々は陸地が能登半島の辺りまで続いていてフォッサマグナ西縁もその分、延長していたからだろう。

フォッサマグナの形成途中において既に東日本の湾曲は始まっていた。
フォッサマグナがS字に曲がっているのはそのせい。東日本の湾曲がなければ「S」ではなく「J」の形になっていたはず。
西日本が湾曲していないのは頑丈な大陸地殻を含んでいる為と考えられる。東日本は殆どが付加体でできているので変形し易い。

東日本を湾曲させている力の源は白頭山にあると見て間違いない。
白頭山の噴火が近づくと日本にかかる圧力も強まって東日本大震災の様な大地震が発生する。
貞観地震の50~60年後の10世紀に白頭山は破局噴火を起こしているが、実は9世紀にも大噴火を起こしていたらしい。

100年の間に2回噴火した。9世紀の噴火では中国東北部に栄えていた渤海を滅ぼしたとも言われている。
白頭山の噴火は東日本大震災から50年後とは限らない。その前に一度小規模な噴火を起こす可能性がある。
小規模であっても一国を滅ぼすくらいの大噴火だが。。。