2億5千万年前のペルム紀末に南極のウィルクス・ランドに巨大隕石が衝突し、直径500kmのクレーターを作って当時の生物の大量絶滅(P-T境界)を引き起こしたと言われている。
白亜紀の南極大陸
しかし白亜紀まで南極とアメリカ大陸は繋がっていて、南米の南下によって南極大陸自体が動いている。
だからウィルクスランド・クレーターも現在と別の場所に存在するのではないか?

で、探してみたらあっさり見つかっちゃいました(^_^)v

南極の巨大クレーター
南極と南アメリカ大陸を繋いでいた地殻が引きちぎれた場所の辺りが小惑星の衝突跡と思われる。
グーグルアースを使わないと分かり辛いが、このクレーター自体もプレートの移動によって動いている。実際に衝突したのは大西洋中央海嶺の正に境界部分。
小惑星の衝突によって文字通り地球が割れて大陸の移動が始まったのだろう。

巨大なクレーターによって南極とオーストラリアが分裂した。だが完全には分裂せず首の皮一枚で繋がった状態だったと思われる。

ウィルクスランド・クレーター

オーストラリア側にもペルム紀末の巨大クレーターがある事が発見されているが、これらは同じ小惑星によってできたクレーターなのです。

オーストラリアのクレーター

この小惑星は地球の中心より若干斜めの角度で衝突し、地球を貫通している。

南極の巨大隕石
小惑星の弾道上にスーパープルームが発生し、大規模なマントル対流を生み出して地軸や磁場にも決定的な影響を与えた。

白亜紀を終わらせたカリブ・クレーターを作った小惑星の衝突によっても地軸は傾き、恐らくは地球の自転速度すら変化させた。

6550万年前にカリブ海に衝突した小惑星は地球を貫通してインドのシバ・クレーターから飛び出し、クレーターの穴からスーパープルームが吹き出してデカン・トラップを形成した。
2億5千万年前に南極に衝突した小惑星も地球を貫通して反対側のシベリアから飛び出し、その穴からスーパープルームが噴出してシベリア・トラップができた。

シベリア・トラップ
bing地図
小惑星は地球内部を上の画像の矢印の方向へ進み、恐らくは丸で囲んだ部分の辺りから飛び出した。

シベリア・トラップ
その後、シベリアに開いた隕石孔がホットスポットとなってマグマを供給し、東シベリアの地下の海嶺がユーラシア大陸を東方向に引き延ばして隕石孔とシベリアトラップを引き離した。
現在もユーラシア大陸は東方向に拡大中である。

【追記】
この辺がクレーターである事はインパクトテクトニクスの世界ではとっくに知られていた様です。。。