砂漠化
6550万年前にカリブ海に衝突した小惑星は地球を貫通してアフリカの下を通ってインドの脇から宇宙に突き抜けて行った。
砂漠化が進行している場所は、小惑星の衝撃波が伝わった部分に多い。
北アフリカの地質が明らかに中央アフリカと違うのは小惑星の通過が原因。

小惑星が地球内部を通過すると、その衝撃波がマントルに摩擦を起こして周囲のマントルが丸ごとスーパーホットプルームに変わる。
小惑星の軌道上が砂漠化するのはホットプルームの熱の影響と、衝撃波によって固く不毛な大地に変わってしまう為だろう。

カリブ海ーインドを結ぶ横のラインだけでなく、アメリカ西海岸も砂漠化が北に向かって進行している。
パンゲア大陸の頃アメリカはユーラシア北部とくっついていた。
南極ーシベリアを結ぶラインも砂漠化している。オーストラリアは南極の一部だったので砂漠化が激しい。

2億5千万年前に南極に衝突して超大陸を割った小惑星も地球を貫通してシベリアから抜けて行ったのではないか?
シベリアに穴が空いた事によってシベリアトラップの大噴火が起きたのでは?

6550万年前のカリブ・クレーターの小惑星は浅い角度で衝突したとは言え地球を貫通している。
南極の小惑星も少なくとも地球中心部くらいまで到達したはずだが、超高速で移動する小惑星が途中でピタリと止まると考える方が逆に不自然。
俄には信じがたいが南極で衝突した小惑星は地球中心近くを貫通してシベリアから抜けて行った。

小惑星が地球を中心を貫通した事によって衝突エネルギーは地球全体に伝わり、マントル全てが熱せられて地球が膨張し、パンゲア大陸をとりまく中央海嶺から一斉にマグマが噴出。地球は火の海と化した。
小惑星の衝突によってファイアボール・アースになったのです。
2億5000万年前と6550万年前の小惑星衝突によって発生したホットプルームは今も残っていて貴重な熱源となっている。
あるいは地球温暖化にも影響しているのかも知れない。

スーパーホットプルームの熱が完全に失われると中央海嶺でのプレートの生成も止まり、地球は寒冷化しスノーボール・アースになる。
そして再び小惑星が衝突するとスーパーホットプルームによって氷が溶かされファイアボール・アースに変わり、生物が住める環境に戻る。

小惑星の衝突は生物の大量絶滅を引き起こすが、皮肉な事に小惑星の定期的な衝突によって熱エネルギーが提供されなければ地球環境は維持できず、氷に覆われた惑星になっていたのでしょう。

【関連リンク】
直径400Kmの隕石が衝突した場合のシミュレーション映像 - YouTube
恐竜絶滅の原因、小惑星衝突と火山噴火の両方 米研究