locomotive.jpg
日本人には勇気がない。正義心がない。団結力もない。だから組織や権力が間違った方向に進んでいても軌道修正できない。
その為、完全に「破局」するまで暴走を止められない。太平洋戦争や福島原発事故がその典型ですね。
そんな失敗を繰り返す度に国力や国土が縮小していき、最終的に日本は滅びる。

革命とは一種の自浄作用です。「この体制のままだと滅びる」という時に革命を起こせる種族は生き延びる事ができる。
あれだけの原子力事故を起こしていながら日本では反原発デモに千人くらいしか集まらなかった。
一方、事故も地震も殆どないドイツではデモに20万人以上集まっている。
これが生き延びる民族と滅びる民族の違いだ。

滅亡は不可避。我々にできるのは、原発事故などによるハードな滅び方を回避し、ソフトランディングで穏やかに滅亡する事だけだ。

【関連】
国内メーカー、世界で勝てない焦りから利益追求→偽装へ
経産省「アベノミクスの失敗を想起させる経営判断は慎んでほしい」→税金ジャブジャブ投入して赤字工場建設
財政破綻するまで借金も"絶対"止められない。歴史は繰り返す