日本人は褒めるより叱った方が伸びるw

アメリカの子供は褒めるとテストの成績が良くなるが、叱られても伸びない。
逆に日本の子供は褒めても成績は伸びず、叱られた方が伸びるらしい。
叱られると伸びるとかwwwww 根っからの奴隷だな・・・
この性質の違いが外国と日本の社会風土の違いを生み出してる気がするねぇ。

アメリカ人は少しでも「良い」物なら絶賛する。よっぽど酷くなければ「最高」と言う風に評価する。
だから五段階評価だと★5と★1の両極端に別れる。外人は減点なんかしたらやる気をなくすから自然とそうなるんだね。
日本人は「危機感駆動型」だから減点主義で他人に厳しくなるのでは?

日本人を突き動かしているのは「恐怖」だ。元々怠惰な民族なので恐怖を感じなければ一切動かない。
褒められると「これ以上頑張る必要はない」と怠けモードに入ってしまうので伸びなくなる。
臆病でスタンピードに弱く、少し恐怖を煽られただけで簡単に操られる家畜的な民族だと思う。

逆説的だが、「日本は最高だ!日本人に生まれてよかった!」なんて日本を褒めてる奴こそが日本をダメにしている売国奴で、日本の悪口ばかり言う反日的な人間の方が日本国に貢献している真の愛国者だと言える。
外人は何でも絶賛するって事も知らずに翻訳ブログとか読んでホルホルしているバカウヨは本当にどうしようもないなw

日本が20年間も停滞したのは日本人に「危機感」が足りなかったせいではないか?
「ジャパン・アズ・ナンバーワン」なんておだてられて日本人が調子に乗ってた頃から既に日本の停滞は始まっていた。
日本人は未だに「日本は米国や中国に肩を並べる大国だ」と思い込んでいる。このキチガイ染みた誇大妄想が社会の変革を妨げてしまっている。
日本は極東に位置する弱小国に過ぎない。人口が多いってだけ。いずれは韓国・台湾にすら経済力で抜かれる状態にある。
いつまで経っても危機感を持たずに「変わろうとしない事」が日本の競争力を弱めているんだね。

【関連】
「ほめて育てる」「叱らない子育て」の弊害が深刻化...忍耐力が欠如する子が急増
日本の親は子どもに甘い 親にも確固とした倫理観がなく子供は野放し

コメント 4▲TOP

なぜ日本人は礼儀正しいのか?

大阪大学社会経済研究所の西條辰義教授の一連のゲームによる実験の結果、
どうやら『日本人は「いじわる」がお好き?』らしいというのです。
簡単に要約すると、公共財をみなでお金を出し合って作ろうとすると、
日本人は最初は米国人や中国人より「ただ乗り」を目指す人(これも「だし抜く」といういじわる)が多い傾向にあるけれど、
それを見た他の人が「ずるは許せない」とばかりに自分の損も
かえりみずに足を引っ張る(いじわるをする)ので、ゲームを続けるうちに「協力しないと後が怖い...」と悟り、
最後は米国人より協力的になる、というもの。

235: 名無しさん: 2012/06/29
まあ要するに日本人は、米国人どころか中国人と比べても
寄付が嫌いで善意に欠け、他人の善意にただ乗りするのが好きで、
損をしてでも他人の足を引っ張るのも大好きで、激しい叩き合いと引っ張り合いを続けていくうちに、
世間が怖くなって仕方なく協力するようになる民族だということ。
善意が無く、ただ嫉妬深く他人の不幸が好きなだけの悪徳集団。

この実験は日本人の本質を突いてるねw
性悪な日本人は放っておくとズルばっかりするんだけど、互いに足の引っ張り合いをする事で牽制しズルを防いでいる、と。

日本人が礼儀正しいのも「無礼」な人間に対する迫害が激しいせいだろ。出る杭を打たれないように過度に礼儀正しくしているだけで虚礼に過ぎない。
あまりにも虚礼が発達しすぎてしまっているせいで商品の過剰包装の様に社会全体の効率を低下させている。

自己の内面に道徳心や罪悪感を持たない日本人は外部から「圧力」が加わらなければ決して自らの行いを正す事がない。
「日本は外圧がなければ変われない」と言われているのもその辺に原因があるのでしょう。

そのため日本では、村八分や陰口、足の引っ張り合いなどの「恥ずべき文化」を駆使して秩序を維持してきた。
決してベストな方法とは言えないが、そういうプレッシャーがないと日本人はモンスタークレーマーのように身勝手な「モンスター化」してしまうのです。
必要悪として理解は出来るが「意地悪」しなければ成り立たないような社会は永遠に三流国であり続けるでしょう。

【関連】「日本人はいじわるがお好き?!」大阪大学社会経済研究所 [PDF]

自己の取り分を減らしてまで相手の取り分をよけいに減らす行為を「スパイト(いじわる)」行動と名付けました【中略】
私たちの研究をみたメステルマンたちのグループが,スパイト・ディレンマ実験とほぼ同じ実験を実施し,カナダ人はほとんどスパイト行為をしない,という結果を公表しました

6歳児とチンパンジー 「正義の執行」見たがる
義憤に駆られ、損ばかりする行動様式に脳内セロトニンが関与

コメント 3▲TOP

自己中心的で薄情な日本人

日本人の価値観・世界ランキング』と言う本によると、日本人は「戦争が起きたら国の為に戦う」と答えた人の割合が最下位。
「貧富の差がもっと広がっても良い」と答えた割合は世界一多く、弱者に冷たい国だ。

日本人は国や他人のために自分を犠牲にしないだけでなく、我が子に対しても冷たい。
「子どもを持てば自分の事はある程度犠牲になるのは仕方がない」と考えている人の割合が73ヶ国中72位。下から2番目に低いのである。
最下位はリトアニア(旧ソ連領)71位がベラルーシ、69位ロシア・・・。

原発事故を起こした国に「子供が犠牲になっても構わない」という考えの人が多いのは偶然だろうか?
日本の原発行政を見ていると確かに日本人は自分の利益のためなら「子孫を犠牲にしても構わない」と考えているように思える。

「宗教は重要」と答えた割合も日本人は中国に次いで2番目に低い。やはり日本は無宗教の国である。宗教に縛られるより自分勝手に生きたいからだろう。
要するに日本人とは「自分さえ良ければそれで良い」という極めて自己中心的な人種なのである。世界一自己中なのではないか?

自力で生活できない人を政府が助ける必要はない
他者への愛情に欠けている。日本人が薄情なのは「愛情ホルモン」オキシトシンの分泌が少ないせいであろう。
愛とは抽象的で人間に特有の高度な感情だ。愛は進化によって獲得された。進化が遅れている日本人は他人に愛を感じにくい。
日本では夫婦間でも性欲はあっても真の愛は存在しないのでは?我が子すら愛さないのに赤の他人である配偶者を心から愛せるはずがない。

もし女性が男性の愛を試したいのなら試しに3年間セックスを拒否してみると良い。恐らく一年と持たずに浮気するか別れ話を切り出してくるはずw
その代わりこの試練を乗り越えられたなら二人は「永遠の愛」で結ばれるであろう(`・ω・´)

【関連】
・「ウイルスの拡散防止に役立つならば、自分の人権を犠牲にしてもかまわない」日本がダントツ世界最下位
日本人は身勝手で他人を信頼していない
日本人の40%「65歳以上は生きるに値しない命なので、福祉を与える必要はない」

コメント 14▲TOP

日本人が感情的で、ドイツ人が理性的なワケ

日本人は議論が下手だと言われる。相手に反論されると自分が否定されたと感じてしまい、すぐカッとなって本題と関係ない個人攻撃に走ったりするからだ。
日本ではまともに議論する事すらできないのが現実であり、それが組織の改革が外国に比べて致命的に遅れる原因にもなっている。

第二次世界大戦の頃でさえアメリカ軍は下級の兵士が上官に反対意見を言うことができたし、それが正当と認められれば作戦に取り入れられもした。
日本軍で同じ事をしたら鉄拳制裁されて終いだろう。やがて学習性無気力で誰も何も言わなくなる。どちらが優れているかは言うまでもない。

日本人が議論を避けようとするのは、やはり心が弱いせいだろう。
弱い犬ほどよく吠える。日本人が議論ですぐカッとなるのは、ちょっとした一言で心が傷付いてしまうからなのだ。
日本人は世界一臆病だ。「恐怖」は最も強力な感情であり、理性を軽く凌駕する。
日本人の恐怖心の強さが論理的な思考力を奪ってしまっているのだ。

日本とは対極に最もガチガチに論理的に考えているのはドイツ人だろう。
彼の国の人間は生まれつき恐怖を感じない人間が多く、それ故に好戦的で古代からずっと戦争ばっかり繰り返してきた。

誰に何を言われても恐怖や精神的ダメージを受けないから冷静に議論ができる。
ドイツ人と同じゲルマン系が多いオランダでは風俗も合法だし安楽死や自殺も認められている。
日本でそれらについて冷静に議論できるとは思えないねw

私が初めて日本を訪れたのは、今から15年ほど前のことだ。
それまで私が日本に抱いていたイメージは、武士道、サムライ、強さ、礼儀、そして無敵の男が持つ一分の隙もない精神力、そんなものばかりだった。
ところが日本に来た私は失望した。

確かに深い尊敬の心を感じたが、それは強さや精神力ではなく、むしろ弱さから生まれるものだったからだ。
いくら尊敬の心を感じ、厳しい規律を目にしても、そこにはなぜか強さがまったく感じられなかった。

言い換えるなら、人々がシャボン玉の中で暮らしているような気がする、ということだ。尊敬の心が感じられても、それは他人の人生を邪魔したくないと怖がっているからだったり、他人の意見を聞きたくないからだったりする。

私は日本が大好きだ。少なくとも文化についてはそう言いきれる。しかし、その弱さを少し残念に思っているのだ。

ー ヒクソン・グレイシー (格闘家)

コメント 8▲TOP

日本人のセルフイメージは間違っている

日本人は自分たちについて間違ったイメージを持っている。
例えば「日本人は優しい」といった類のモノだ。本当は全然優しくないと思うんですよw
先進国の中では日本人が最も強いストレスに晒されている。優しい人間ばかりならそんなにストレスが溜まる筈ないでしょ。

「日本人は信頼できる」と言うのも嘘。日本人よりアメリカ人のほうが他者に対する信頼感が高い。他ならぬ日本人自身が周りの日本人を信頼していない。
日本人にお上に頼ろうとする意識が強いのは、要はそれだけ周りの人間が信頼できないからだ。

アメリカの子供はいじめを目撃したら8割の人間がイジメを止めようとするのに対して、日本の子供は8割が見て見ぬふりをするそうだ。
実際には8割以上の人間がイジメを見ても止めようともせず、ただ傍観しているだけの社会というのは糞だ。
自分より弱い立場の奴をキープし続ける事でイジメの矛先が自分に向かないようにしたいと言う卑しい心情が透けて見える。

日本人は自らをサムライの末裔として語りたがるが、実際は武士階級なんて人口の一割くらいで、大半はその侍に搾取されてた農民の子孫。武士なんて今のヤクザみたいなもんさ。
間違ったセルフイメージを前提としたナショナリズムなど所詮は幻。誇大妄想でしかない。

戦災孤児
笑顔で孤児を狩る日本人

作家の大佛次郎は、外国人の知り合いから「なぜ日本は戦災孤児のような弱者に救いの手を差し伸べず、放ったままにしておくのか」と問われた時、大佛は「それは経済的な事情が許さないからだ」と答えた。

しかし後になって考えてみると、これは正直な答えではないと彼は感じた。結局、日本人とは他人への情愛に欠ける冷酷な民族だというのが大佛の出した結論であった。

ジョン・ダワー『敗北を抱きしめて』より

日本人は、実は「助け合い」が嫌い
日本人の学習意欲はアジア最下位

コメント 15▲TOP