ビーガンを広めようとしている人達は「肉を食べなくてもアスリートやボディービルダーにだってなれる。シュワちゃんもビーガンだよ!」と言う様な主張を良くするが、シュワルツェネッガーを含めてボディービルダーのチャンピオンは殆ど全員が「筋肉が肥大化する遺伝子の突然変異」を持っているそうだ。
変異遺伝子を持っていれば肉を食べなくても筋肉が肥大化すると言うだけで、普通の人間には当てはまらない。
普通の人がアスリートを目指す場合、菜食主義だと不利になる可能性は大いにあるのです。

ビーガンは「ビーガニズムの安全性」に科学的根拠があるかの様に振舞うが、実際は都合の良いデータだけを集めて見せているに過ぎず、疑似科学に過ぎない。
一部の悪質なビーガンはツイッターなどでbotを使って確信犯的に頭の弱い人を狙って洗脳している。これはフェイクニュースと同じだ。
日本のビーガンの多くは残念ながらフェイクニュースやオカルトに騙されるタイプの人で、ネットで「騙されて」ビーガンになってしまっている。

現実的には肉を食べない生活を長く続けると心身ともにジワジワ弱っていきますよ。ビーガンになっても「健康にまったく問題ない」という主張は悪質な嘘でしかない。
日本でビーガンやろうとしたら外食はまず無理です。おいしそうな物は殆ど何も食えなくなる。精神的に健全でいられる筈もない。
「健康を犠牲にしてもビーガンになりましょう」と呼びかけるならまだ理解できる。だが安全だと騙すのは止めろ!

勝間和代さんも自称ビーガンだが健康番組で医師に問題点を指摘され一時期ビーガンを止めている
この様にちゃんとしたエビデンスを示されれば考えを改めるのが真に科学的な態度だ。栄養士並みの知識がある勝間さんでも不健康になるなら普通の人にはまず無理です。
勝間さんが言っているようにビーガニズムとは宗教の様なものであって、科学的だと偽るべきではない。

【関連】反出生主義とビーガンは関係ない

by Twitter Facebook google