にじ魂>テレゴニー

テレゴニー?先夫遺伝?んなーわけない

------------------------------

【訂正】
この記事を書いた頃は知識が浅かった為「テレゴニーは存在しない」と思っていましたが、実際はあり得るようです。
テレゴニーのカテゴリーに詳細をまとめてありますので、そちらを読んでから判断する事をお勧めします。
------------------------------

過去に一度でも中田氏された女は、 現在の夫の遺伝子を100%全部子供へ受け継ぐことはできません。


【テレゴニー】
◇[英]telegony、[独]Telegonie

○[生]感応遺伝・先夫遺伝・残存遺伝。
 女性の再婚後、その子供が先夫に似ているといわれること。

◎畜産業界では当たり前過ぎる常識であり、前に交わった雄の特徴が、
 のちに別の雄との間に生れた子にも遺伝するとされている。
 血統書付きの犬の場合、一度でも雑種と掛け合わせた雌はそれ以降、
 二度と純血種の繁殖には適さないという。

 現在は政治的圧力により、根拠がないと否定されている。
 先夫遺伝の研究は学会でも禁忌扱いされており、ネット上でさえ
 文献が次々と削除されているのが現状である。

↑処女関連スレに良く貼り付けられているコピペ。
こんなトンデモ理論まで持ち出して非処女を差別してるヲタどもって本当にきんもーっ☆だね。

これを間に受けている奴がいるのかと思うとゾッとする。
単細胞生物じゃあるまいし精液に触れただけで遺伝子が取り込まれるなんてありえない。
仮にあったとしても母体の方の遺伝子が変わるだけで父親の遺伝子は100%伝わるじゃん!
キスするだけでも大量の細菌に感染するそうだから、妊娠後に体質が変化する人がいるのはウィルス感染が原因なのでは?

大体テレゴニーは「妊娠」しなきゃならない筈なのになんで「生中出し」がいけないって話にすり替わってるの?曲解しすぎ!
中出しをやめさせたいならテレゴニーなんてデタラメな学説を持ち出すより↓こっちの医者の話の方がよっぽど効果があるんじゃないか・・・

あのなー、お前らすぐに中で出したがるけどな、婦人科で毎日毎日クセェ子宮をのぞかんならん
俺の身にもなってくれよ。

まず膣壁だけどな、使い込んでるかどうか見りゃすぐわかんだよ。色合いじゃねぇ、
全体的に空力がいい感じに滑らかになってんだよ。しかも表面をクリアコーティングしたようなテカリ。

んで子宮腔、これがひどい。経産婦でもねーのに歪に口開けてんの。しかもそこから腐敗臭を帯びた
薄黄色の粘液が出てんの。大概ここで看護士は顔をゆがめます。

んで器具突っ込んで子宮の中をのぞくんだが、もはやそこは黄泉の国。脱衣婆あたりが石を積めと
急かして来るかのような光景。

中で出された経験が殆ど無い子は子宮内が軽く充血したピンクなの。でも、ガンガン中出しキメられてると、
内壁にゆるいゼリー状の黄色いぷるぷるした悪魔がこびりついてんの。これがもう本当に黄泉の国としか
表現できない悪烈な臭気を漂わしていて、どんな可愛いねーちゃんでも嫌悪感しか沸かない。

で、だいたいそういうねーちゃんは着床不全とかで来院するんだが、旦那の精子もそんな過去の男汁に
まみれたところで頑張れねーっつーの。まぁその黄色い悪魔を洗浄するんだが、患者に見せてやりたいんだけどな、
本当のところは。「あんたの狂ったモラルのせいで、俺はこんな臭い汁をお掃除させられてるんですよ?」とね。
知らしたら二度と来院しねーだろうから言わねーけどな。

一回に付きごく微量(3〜10%くらい?)だが中で出された汁は子宮内洗浄するまで内壁に残る。
それが子宮関係の病気や不妊に繋がる。つーか殆どがこれ。
子宮外筋腫の原因なんて腐った精子が原因で炎症を起こしてるとしか思えない。

長い年月中出しされても耐えられるように出来てねーんだよ、子宮は。
だから大事にしやがれ、彼女を、妻を。

【追記】
テレゴニーはあるかも知れない
テレゴニー:三つの可能性
テレゴニー:更なる可能性

by 箱男:2007年06月07日

▼コメント

1:x:2007年06月19日

テレゴニーの話は、その通り、デマだと思います。

さて、医者の話の方ですが、本当なのかギモンがあります。

1.「長い年月中出しされても耐えられるように出来てねーんだよ、子宮は。 」 → 文明以前は、動物時代も含め、中出しが普通なので、それが前提の設計になっているはず。

2.「内壁にゆるいゼリー状の黄色いぷるぷるした悪魔がこびりついてんの」 → 毎月、月経で子宮内膜は剥がれ落ちるわけで、そのイベントにも耐え抜いてゼリー状のゴミが残ったままになるとは思えない。

3.「…不妊に繋がる。つーか殆どがこれ。」→ ウソですね。不妊の原因は様々ですが、女性の側だけで見ても、排卵障害、卵管閉塞等が大きな原因です。

2:匿名さん:2007年06月28日

もし2の「内壁にゆるいゼリー状の黄色いぷるぷるした悪魔がこびりついてんの」がホントなら、逆にテレゴニーの可能性を肯定したことになるよね。

3:箱男:2007年06月28日

ならないよ。
精子の寿命なんて一週間もないんだし。

4:匿名さん:2007年07月08日

ありがとうございます。
この2つのコピペが、すごく気になったんですよ。
でも、どうやらガセのようでよかったです。

5:通りすがり:2007年07月28日

まあそれでも、ヒトパピローマウィルスは怖いよ。
ほどほどにしましょう。

6:匿名さん:2008年07月16日

>文明以前は、動物時代も含め、中出しが普通なので、それが前提の設計になっているはず。
文明以前は普通近いうちに妊娠して出産時にリセットします
ピルとかで避妊すると中にたまったままなのは事実ですので
定期的に膣内洗浄を受けておいたほうがいいですよ

7:北国:2008年07月17日

あんまり頻繁に膣内洗浄するのも良くないけどね。

8:助役・27号。:2008年07月17日


 ………。

「主」殿にとっては、永年にわたって「崇拝すべき偶像」であった“かな四文字”ッ!

で、ソレが「自家用車の洗車」レベルのノリで語られるのってどーよ?

9:北国:2008年07月18日

ソコだけ崇拝されても困るよね…っても
道祖神があったか!!
やはり神秘的な聖域なんでしょうね…昔も今も。

10:箱男:2008年07月18日

膣内洗浄か・・・なんかエロいわwww

11:北国:2008年07月19日

一応性交後に洗浄するんですな。
それでも頻繁に洗浄すると却って炎症の原因になるし。
生理中は洗浄を行わないのが鉄則。
子宮口が開いているので細菌が入りやすくなっているのでね。

女は面倒なり。

保健室だより・7月号

12:名無し:2008年07月19日

>長い年月中出しされても耐えられるように出来てねーんだよ、子宮は。
>だから大事にしやがれ、彼女を、妻を。
中出ししないで哺乳類の生殖ってw
生物として基本的に中出しする様に出来てるんだけど?
あなたはどの様にして誕生したのでしょうか?
シャーレで受精させて子宮に戻したモノから誕生されたのですか?

>内壁にゆるいゼリー状の黄色いぷるぷるした悪魔がこびりついてんの。>これがもう本当に黄泉の国としか
>表現できない悪烈な臭気を漂わしていて、どんな可愛いねーちゃんでも>嫌悪感しか沸かない。
生理って知ってる?

馬鹿ってちょっと権威っぽく書くと信じるんだね

13:匿名さん:2008年11月02日

回数の問題でしょう・・・常識的に考えて

14:匿名さん:2009年03月11日

人間以外の動物には全て「発情期がある」というのが大きいと思う。
いわゆる発情期というものが無い、言い換えれば年中発情している
唯一の存在であるのが人間なのだから、動物とは桁違いに数多くの
性交をしている事だけは絶対に確実。
※12の言ってることはその点を無視している時点でほぼ破綻していると思う。
というか希望的観測にしか過ぎない。
婦人科医の暴露話、決して軽く無視できるような類の話ではないよ。

15:匿名さん:2009年04月04日

医療関係者です。
結論から言うと、一つ目も二つ目もうそです。
子宮内くうは月経のたびに内膜が剥がれ落ちるので昔の精子など残りません。後、通常の視診では子宮口までしか見えません。それ以上は子宮鏡というものを使います。
不妊の原因は女性の場合、子宮内膜症などが原因になることが多いですね。

16:my:2009年04月10日

テレゴニーは、一応は根拠が無いから否定されてるようだな。
しかし、体の内側のデリケートな部分が、まったく影響を受けないというのは怪しい。本当だろうか。

私には膝に傷跡があるんだが、生まれたときには無かった。
一度傷がついたことで、それが残り続けている。
衝撃を受けたことで、細胞が変化したのだ。

そして、その部分の細胞が傷の形を覚えてしまったのだと思う。


また、中田氏も食事も体の中に入れている。
そうやって取り込んでいるのだから当たり前だ。

他人の心臓ですら、体の中に入れれば、うまくなじませようと変化し最終的には自分の体として取り込んでしまう。

それなのに、どうして以前に入っていたものは関係ないと言い切れるのだろう?
私の知らない理屈があるのか?


膣は本当に影響されないのか?まったく何も取り込まないのか?
完璧に遺伝子を読み解けるならまだしも、今はまだ「大体こんな感じ。」にしか読みとけていないのに、勝手に信じきっていいのか?

人間の体はいまだ、未知部分が多いんだぞ。


何が信じれるのか分からない。
前の男のが残るのは嫌だ。
結局は処女を選ぶのが一番安全なんだろうな。

17:箱男:2009年04月11日

その理屈だと豚肉を食べると人間は豚に変化してしまうわけだがw
膣内に入った精液はタンパク質として体内に吸収されるだけだよ。
「未知の部分が多い」なら超能力もあると?完全にオカルト論者の言い分と同じだな。
仮にあったとしても避妊具使ってれば処女と変わらないのになぜ処女にこだわるwww
手前のアホな遺伝子なんてどうせ残らないんだから心配する必要ないだろうにwww

18:詩織:2009年04月17日

2ちゃんねーらの処女厨は中学校の性教育から勉強し直したほうが良さそう・・・。
ある程度性や女性の生理に関する知識があれば、こんなの両方とも嘘だってわかるんですけどね。

19:箱男:2009年04月20日

わからん。。。

20:my:2009年04月23日

>>箱男
焼いたりして細胞が死んでるから平気なんだと思う。もちろん推測。

で、生のまま吸収してるのならなおさら恐ろしい。

それから、物理的に明らかに離れたものが動く超能力的現象はある。

磁石や星や電気などだ。

今現在、これらについて「ナゼ」こんな力が働くのか説明できるか?
電気科の学生だけど、電子と陽子が引き合うまでしか習ってないんだ。
なぜこいつらはくっつこうとする?ナゼ?

あと、俺の遺伝子が残らない?

未知の部分が多いなら、確率は確かに存在する。
考えても見ろ。お前から見た俺は未知の部分が多い。
すでに俺の遺伝子は誰かに植え付けられてるかもしれないのに、お前には未知ゆえに否定も肯定も思い込み以外ではできない。
合意の上のことではないかもしれないしな。

俺が死んだとき初めて、残らなくなる。

と見せかけて、その後に動物に
俺の遺伝子を埋める実験をしてる可能性があるかもしれない。

未知だからありうるんだよ、すべて。
未知じゃなくなった後、初めて有無が確認できる。


ついでに、カルトは真理プラス妄言だから引っかかるんだよ。
妄言だけなら引っかからねえよ。だから論調がどうとか無意味。

だと思う。。。

21:箱男:2009年04月23日

じゃぁスシや白子はどうなんだよ。。。魚の踊り食いだってあるだろ。
あと引力は超能力じゃありません。
適齢期で処女の女は10%くらいだろう。その中から相思相愛になれる確率はもっと低い・・・
そもそも君が22才過ぎても童貞だったら生涯童貞である確率が50%以上だ。
処女だけにこだわればその可能性は500%・・・
処女厨は放っておいても自然淘汰される運命にあると言えよう(`・ω・´)

22:匿名さん:2009年07月09日

貞操守ろうと言ってる方がバカにされるって、
どれだけ女がビッチになったのかって事の証だわな。
普通逆だろ。

23:匿名さん:2009年07月25日

これから書く話はあくまで憶測による仮定であり、複数の男性と関係を持った女性を差別する意図は全くありません。
信じるかどうかは自己責任であり、これによって被ったいかなる被害も拙著は感知いたしませんし、関係ありません。
不快に思う方は見ないでください。

人間の遺伝子にはイントロン(介在塩基)がある。塩基に組み込まれていながら全くタンパク質合成のために働かないなぞの遺伝子である。

そしてなんとレトロウイルスの一種が持つ遺伝子と全く同じ配列が一部のイントロンには存在するという事実が判明。イントロンはいわばたんぱく質を合成する時に「邪魔な存在」
なので合成時には切り取られ、しかるべき遺伝子同士が塩基を作る作用が働く。
更にレトロウイルス(エイズウイルス等)は、生物に感染するとその生物のDNAの中に自らの遺伝子を送り込む(逆転写)という特徴を持っている。

他の生物のDNAのなかに自分の遺伝子を送り込むためには逆転写酵素(自分の遺伝子を他の遺伝子に組み込む酵素)が不可欠であり、
主に【RNA】がその特徴を有している。
ちなみに【RNA】は【水に溶けやすく、逆転写酵素を有している】という特徴を持っている(全てではない)。

そして今度はテレゴニーに関係する精子に話を移してみよう。

通常精子は卵子にたどり着いて受精し、減数分裂を繰り返してそれが赤ん坊になる。
そしてその細胞分裂の司令塔的役割を果たしているのが精子の【中心体】という部分である。
ということはこの中心体が受精卵の細胞分裂の仕方を決める中心人物という事になる。

ここで皆さんは驚くべきことに気づくことになるだろう。この中心体は先ほど話した。【RNA】で構成されている。
受精卵の細胞分裂の司令塔的役割を果たすこのRNAの集まりの中に【精子の遺伝情報を逆転写(女のDNAに元カレ遺伝子を組み込む)】するものが含まれていると仮定するとどうだろうか?

今の通説では受精できなかった精子は膣内に吸収され、たんぱく質として膣内で吸収されるだけということになっている。
しかし、仮に精子の中に【逆転写酵素を持つRNA】が存在したとしたらどうだろうか?もし逆転酵素を有するRNAが元カレの精子に含まれていたと仮定すれば、
RNAは水に溶けやすい性質を持っているという生物学的事実との相乗効果で、
膣内に無造作にばらまかれた一億匹の精子たちのRNAは単に膣内で吸収されて死ぬのではなく、■エイズウイルスのように膣内に溶け込んで元カレの遺伝子を女性のDNAに逆転写酵素で組み込むことが出来る■という仮説が成り立つ。

そしてこれが事実だと仮定するならば、二人目の夫ががその女に子供を産ませてもその子供は夫の純粋な遺伝子を持った子供ではないことになる。
しかも中心体のRNAは受精卵の細胞分裂の司令塔なので、前の男の遺伝子の働きによって自分の子供の細胞分裂がなされたという恐ろしい仮説も成り立つ。
しかも、遺伝学的に面白いと思うのは、これは女性側には何のデメリットも無いという点だ。他の男の遺伝子が自分の卵子の核に組み込まれていればいるほど遺伝子の多様性が増し、免疫力が高い子供が生まれることになるわけだから。

テレゴニーは■1890年■に動物学者のアウグスト・ウィズマンによって否定されたとされているが、
【逆転写酵素】が発見された年代は■1970年■、しかも遺伝学者と分子生物学者によって発見されている。【動物学者】からテレゴニーが否定されてから実に■80年■を経て【遺伝学と分子生物学の専門家】が逆転写酵素を発見した事は特筆すべき点だろう。

そしてウィキペディアで試しに検索してみたら、テレゴニーの項目が存在しなかった。個人的にこれは納得がいかないし、理不尽ではないか?
新しく書くとしても、上記の仮説を根本的に覆すに足る生物学的、遺伝学的事実を持ってテレゴニー否定してもらわないと説得力が無い。

誤解しないように何度でも言うが、これは複数の男性と関係を持った女性を侮辱するものではなく、生物学的興味に端を発した報告である。
テレゴニーを信じるのか信じないのかは各個人が■自己責任■で判断してください。

24:箱男:2009年07月25日

ジャンクDNAの事だよな?過去にレトロウィルスに感染した痕跡だと言われている。
「水に溶けやすい」ってのはバラバラに分解するって事だぞ?
別にRNAや精子自体がレトロウィルスってわけじゃねーよ。体液を交換するだけで遺伝子をコピーできるなら有性生殖の意味ないじゃん。
仮にそうだったとしても嫁の遺伝子が変化するだけで旦那のDNAは100%伝わるだろうが・・・
そんなに自信あるなら中出し前と中出し後の女のDNA鑑定でもして変化ないか確かめれば良いじゃん。

25:うん?:2009年07月30日

ずいぶんつっこみどころ満載・・・。
イントロンは別にじゃまな部分でも何でもないじゃん。
しかもイントロンは蛋白質合成には関与しないのに、そこがレトロウィルスと同じ塩基配列だからって
何か問題でも?人間のイントロンにネズミの「歯が伸び続ける遺伝子配列」と同じ配列があっても別に歯が伸び続けるわけじゃないでしょ?オペロンだってあるんだし。

>通常精子は卵子にたどり着いて受精し、減数分裂を繰り返してそれが赤ん坊になる。
受精後に減数分裂はしません。体細胞分裂です。減数分裂は精子や卵子が作られる過程です。

26:通りすがり:2009年09月12日

それ以前に、卵子は女性の誕生とともに卵巣内につくられ、適齢期に生産されているわけじゃない。
また、精子は卵巣内には到達しない。

よって、仮に子宮内で死んだ精子がその後の女性のDNA配列に何ら影響を与えたとしても、卵子が持つその女性オリジナルのDNA配列に影響を与えることは出来ない。
また、卵子に精子が受精されるには、大変な量と運動量が必要なので、仮に子宮内に死んだ精子のカスがたまっていたり、子宮内壁が過去の精子のDNAの影響を受けていても、それらが受精卵に影響を与える可能性は限りなくゼロ。

よって、ここまでで提示されたあらゆる可能性を考慮に入れても、特定の男女の子供にそれ以前にその女性とSEXをした男性のDNAが影響を与える可能性は0である。
以上でよろしいか?

27:匿名さん:2009年10月05日

お前らが何を言った所で、
子供も産まずにとっかえひっかえ男とやりまくってる
糞ビッチて事に変わりは無いんですよ?

28:匿名さん:2009年10月06日

>>お前らが何を言った所で、
子供も産まずにとっかえひっかえ男とやりまくってる
糞ビッチて事に変わりは無いんですよ?


それは精神的な道徳や価値観の問題ですよね。
議論しているのはテレゴニー説が科学的に正当なものかについてです。
しかし、どうみても↑のテレゴニー説は科学的には根拠のないデタラメです。

29:匿名さん:2009年10月12日

あながち間違ってねーんじゃねーの?色々生物学的知識の浅はかさは目立つが。中心体のRNAにそのような作用があるかどうかの科学的証明はされていないはずだ。上記されている通り、精子は膣内に吸収されるだけではなく、こびりつくという特徴も持っている。本当に精子が水溶性ならこんな事は起らないはずだ。しかも精子は最長で一週間膣内で生き残る。その間に精子の構造が変異して中心体のRNAの逆転写酵素を女に組み込む存在になりえるという仮定も可能だ。

さて、そう仮定した上で逆転写酵素を有している精子の中心体のRNAが自身の遺伝子を女にイントロンとして組み込んだとして、その女の体には元カレの遺伝子が組み込まれたことになる。

女のDNAの中にに他の男の遺伝子がイントロンとして入り込むということは次の男にとってその女は「既に他の男に遺伝子を組み込まれた女」ということになる。更にはその男のジャンクDNAが女に組み込まれていることから次の男にとっての女と女との間に産まれてきた子供は元彼との擬似的な親類関係ということになる。

自分の遺伝子を純粋に残したいという本能を持つ男にとって前の男の遺伝子が組み込まれている女と子供は嫌悪の対象となる事は想像に難くない。逆に女からしてみれば遺伝子に多様性が生まれることによって免疫力が上がる事は大きなメリットであり、損はない。

更には日本には「娘を傷物にしやがって」「穴兄弟」という言い回しが存在する。
ここから予想するに、最初の「傷物」とは男の遺伝子が娘のDNAに組み込まれたことを意味するのではないか?
そして「穴兄弟」というのは同じ女に2人の男の遺伝子が組み込まれたことによる擬似的なその男同士による親類関係の形成のことではないか?事実、同じ風俗嬢とSEXした男達には連帯感が生まれる。

上の仮説を当てはめると何故非処女が嫌われ、処女が好まれるのかが全て説明がついてしまう。
ちなみにあるイスラム圏ではレイプされた女性が死刑になるが、上の仮定を当てはめればこれもまた説明がついてしまう。
更には、古代欧州のスパルタの同性愛の兵士達の屈強さ(遺伝子の多様性による体の強化)も説明がついてしまう。

反論してみな。

30:箱男:2009年10月12日

一週間で精子が変異されてるならとっくに観察されてるはずだろ。
前の男の遺伝子が組み込まれたとして不都合あるの?女の父親や祖父の遺伝子も排除しなきゃ気がすまんのか?
傷物は中古って意味。穴兄弟は性交を出産に見立てた比喩表現だし。
トンデモ仮説乙。
それだとヤリマン女は違う男とセックスする度に遺伝子が変異する事になるがそうは見えない。

31:匿名さん:2009年11月06日

テレゴニーを証明する一番簡単で確実な方法としては、1人の女性から期間をおいて取り出した卵子を比較すればいい。
1つは処女の時、もう1つは処女じゃなくなった後。

同一で無かったら”テレゴニーは実在する”という可能性が出てくる。

32:匿名さん:2009年11月06日

1人の処女から同時期に取り出した2つの卵子は同一なのかな?
何を持って同一とするの?

33:匿名さん:2009年11月20日

DNA検査で同一かどうかわかるんじゃないの?
それとももともと卵子って一個一個違うDNAなの?
どちらにしてもウィキにカテゴリーすらないのは不自然すぎる。
トンデモ学説だろうと議論の対象にすらしてはいけないってのはおかしいよ。
逆に考えると免疫的に強靭な遺伝子を遺せる方法なのかもしれないんだからもっと専門家が研究するべき。
これに関して女性の人権団体やらが出張ってくるのはお門違いだと思う。
単なる学問なんだから権利もなにも関係ない。

34:匿名さん:2009年11月21日

>>どちらにしてもウィキにカテゴリーすらないのは不自然すぎる。
>>トンデモ学説だろうと議論の対象にすらしてはいけないってのはおかしいよ。

そうなんだよね。そのこと事態がテレゴニーの存在とそれに対する圧力を連想させるんだよね。
否定派の論調がほとんど言葉狩りじゃん。
其のせいで元々テレゴニーなんて信じてなかったけど、こりゃあってもおかしくないって思うように
なってしまったよ。トンデモ理論ならトンデモ理論ですよ〜ってノッケテおけばいいのにね。
何がしかの真実がかくされているから、情報をデリートしたり、議論を強引に終わらせようとしている
ように見えてしまう。

35:匿名さん:2009年12月03日

例えば夫婦やカップルが長く入るとなぜ似たような顔になってくるのか
同じ生活や同じ食べ物、似たような事をしていたり共有するだけでそこまで似るとは思えない。
似たような顔の人を事前に選んでいるとしても、あまりにも似すぎる人が多い。特に長くいる夫婦などは。
見えない何かが細胞に影響しているとしか思えない。
キスや性行為によって相手の細胞の何かを交換しているとしか考えられない。
現に性行為によって病気になる可能性があるという事は、相手やお互いのなにかが
交換されているという事だろう。そこに1%でも全く
そのような事はありえないなんて事を証明できるものはあるのだろうか。
豚肉や鳥を食べたら豚や鳥になるのかという話だが、それは人間の遺伝子で長い歴史の間にすでにならないように
なっているのかもしれない。
今の科学では証明できないのかもしれないが、間違いなく性行為やキスによる唾液の交換で
相手の「何か」が交換され体に何かしらの影響を与えていることは間違いないのではないだろうか。

36:詩織:2009年12月05日

なんかコメントみてると処女厨の執念みたいなものを感じますね・・・。
そんなに気になるなら病院や医者に直接聞いてみるといいのでは?
今の科学力や医学ではどう考えても俗説や迷信だと言われると思いますよ。

37:匿名さん:2009年12月05日

詩織さん
>>今の科学力や医学ではどう考えても俗説や迷信だと言われると思いますよ。
そこの「どう考えても」を詳しく説明して?

38:詩織:2009年12月05日

調べてみたんですが、英語版のウィキペディアにはテレゴニーのことが記述されていて、1890年にテレゴニーは迷信だと確実に否定されています。

http://en.wikipedia.org/wiki/Telegony_%28pregnancy%29

英文なので簡単にまとめて記述しますね↓

もともとテレゴニーが広まったのは、ギリシャからです。
ギリシャでは処女は信仰される対象でした。いわゆる処女崇拝、処女信仰ですね。
ギリシャ神話でも処女はたびたびテーマにされています。
テレゴニー説は瞬く間にヨーロッパに世間に広まりますが、確かな証拠はなく、しばらくはただの迷信や俗説で済んだのです。
しかし、テレゴニーを肯定するある事件が起こります。

テレゴニーという迷信の裏付けが出来たのは、1820年のイギリスです。
ある貴族が雌栗毛馬を飼育していて、これに雄シマウマをあてがって交配させていました。
ある日、雄シマウマの代わりに、新たに雄白馬を雌栗毛馬に与え、交配させました。
すると雌栗毛馬から生まれた子馬の足は、先に交配させた雄シマウマにそっくりな縞模様がありました。
貴族は驚き「やっぱりテレゴニーという迷信は本当だったんだ!」と世間にこれをしらしめます。
世間はテレゴニーを認め、これを信じました。

しかし1890年に、オーガスト・ヴァイスマン(August Weismann)と言う遺伝子科学者が世間のテレゴニー説に疑問を持ちました。
追加実験&調査で検証してみたところ、子馬の足に縞模様が出来たのは、栗毛馬の父馬(子馬の祖父馬に当たる)がシマウマで、隔世遺伝子のせいだったことが判明したのです。
つまり貴族の早とちり&勘違いで、テレゴニーでも何でもなく、ただの隔世遺伝子だったのです。
この時代に隔世遺伝子や劣勢遺伝子の存在を世間の人々は知りませんでしたから、このような迷信が広まったのです。

>>どちらにしてもウィキにカテゴリーすらないのは不自然すぎる。
>>トンデモ学説だろうと議論の対象にすらしてはいけないってのはおかしいよ。

>>そうなんだよね。そのこと事態がテレゴニーの存在とそれに対する圧力を連想させるんだよね。
否定派の論調がほとんど言葉狩りじゃん。

このようなコメントが上↑にありましたが、オーガスト博士がテレゴニーを否定した後も社会は科学が進歩し、メンデルの法則と言う正しい理論的&科学的な遺伝子学が発達していくと、テレゴニー説を誰も肯定できなくなり次第に世間から忘れ去れ、廃れていきました。
1890年に既に科学先進国だった西洋で完全に否定されている迷信を、日本の明治時代や昭和時代の科学者が改めて研究するメリットはないと思います。意味ないので。だから日本にテレゴニー関係の古い文献がないのも納得できます。


>>例えば夫婦やカップルが長く入るとなぜ似たような顔になってくるのか
同じ生活や同じ食べ物、似たような事をしていたり共有するだけでそこまで似るとは思えない。
似たような顔の人を事前に選んでいるとしても、あまりにも似すぎる人が多い。特に長くいる夫婦などは。
見えない何かが細胞に影響しているとしか思えない。
キスや性行為によって相手の細胞の何かを交換しているとしか考えられない。

これは環境のせいでしょう。
性行為がない他人同士や血の繋がりのない兄弟とかでも、長く共同生活をしていると雰囲気が似てきますよ。
ペットも飼い主の顔に似るって言いますしね。
性行為のある全ての夫婦の顔が全部似てきたら怖いですよw
大体似ている人たちは雰囲気や服装や話し方が似てるだけで、顔立ち自体は似ていない場合が多いです。

長くなりましたが以上です。

39:匿名さん:2009年12月07日

相手の体液を飲んだり口にしたりする事で、何かしらの成分を吸収しているという事は
ないだろうか?もしそれが何らかの成分を吸収しているのなら、それが何らかの反応を起こして
細胞を変化させる可能性は全くないとは言えないと思うのですが、どうでしょうか・・?

40:詩織:2009年12月07日

>>相手の体液を飲んだり口にしたりする事で、何かしらの成分を吸収しているという事は
ないだろうか?

ネット上の出鱈目な迷信の中には、テレゴにーの他に「男の精液を飲むと女の細胞や遺伝子が変化する。」と言うものがあります。
しかし精液は成分的にはただのたんぱく質の塊です。男が飲もうが、女が飲もうが本人の細胞と遺伝子になんの変化もありません。たんぱく質なので単純に栄養になるくらいです。
豚肉の元の姿は豚です。ですが豚肉を食べたからと言って、細胞や遺伝子は変わらず人間は豚にはなりません。これと同じです。
貴方の理論だと、他人の血液を輸血した人間は、遺伝子が変化して血液提供者に似ると言う事になりますが、そのような事例を今までありません。


まあとりあえず纏めると、処女関連のコピペや2ちゃんの性の情報はデタラメが多いってことです。
童貞非童、処女非処女関係なく、こんなたちの悪い性の情報を信じてちゃ良くないってことが箱男さんの言いたかったことだと思います。

41:匿名さん:2009年12月08日

38への応答です。
詩織さん
つまりですね、そこが完全否定されているように思えないから
不思議だといっているのです。
完全否定された、完全否定されたと言っているだけで
「どのように」、完全否定されているかが、述べられていないのです。

先に述べられたお話だけでは、
「1820に観察された馬の縞模様の現象が、
隔世遺伝によるものであるということ」の証明に過ぎないわけです。

いつの間にかテレゴニーを証明する例を
1820の馬の実験一つに集約させ、それを隔世遺伝を原因とすることによって
全てを否定しているのです。
では、それ以前にテレゴニー仮説が生まれた原因となった現場の観察が
すべて隔世遺伝?また、馬以外の動物について起きる可能性は?

ありえない、存在しないということを証明するためには
あると仮定したばあいに矛盾する結果を実験によって確かめるしかないわけです。
つまり数学で言うところの背理法に近い考え方をしなければならないわけです。
果たしてそのような実験をしたのか?ということなのです。

また、たとえそのような実験を計画しても、
数学とは違って、現実の現象については、十分多い数のサンプルや、サンプルの選び方、
実験のための方法、実験器具の精度など、いろんな問題が絡んでくるのです。

そして、今回の実験の範囲内ではコウである、よって全体に対してはコウ予測する。
よって、馬に関してコウだから同じ哺乳類である人間に対してコウ予測する。
とは言えますが、それはあくまで馬の実験から、人間に当てはめた予想であって
完全否定という言葉を使うのはとても難しいわけです。

また、1820年の実験に対して1890年の追試というのが非常に疑念を呼ぶのです。
70年間あいてますけど、その間に、その馬の血統は「追試」と呼ぶにふさわしい程度
どのくらい正確に保たれていたわけですか。馬は何世代離れるわけですか?
「追試」という言葉であたかも、同じ馬で実験したかのように思ってしまいますが、

後、メンデルの法則による実験と言うのも考え物で、
現代の我々からすれば、メンデルの法則に基づいて調査したと聞けば
無意識に染色体を確認したと思い込んでしまいますが、
1890年当時、染色体が遺伝の媒体であることは発見されていなかったはずです。
確か1902年ごろですね。
つまり、実際に祖父シマウマの遺伝子が、母馬の染色体に受け継がれ、、
孫の問題となっている馬の染色体に受け継がれているということを
細胞レベルで観察したはずはないのです。

完全否定し得ないもので完全否定というから胡散臭いのです。
完全否定されているのであれば、「どのように」完全否定されているのかを教えてください。
「どう考えても=あらゆる可能性を考慮した上で、迷信」と思うあなたなら即答できますよね。

悪いけど、あなたが先に述べた内容で納得する人がいたら、
無いと願っている人か、詐欺に引っかかるタイプの人だと思いますよ。

長文失礼。

42:匿名さん:2009年12月08日

>>39
可能性は高いと思います。「狂牛病」を例に考えれば分かることです。
少なくとも、
粘膜から吸収された、異型蛋白が、摂取した側の人体に影響を与えることはあり得るのです。
そして見落としてはいけないのは、
狂牛病はむしろ人間にとって「発生しにくいもの」であるということです。
「ヤコブ病」で検索してみてください。科学が未発達の状況下の要因で
本来この病気の発生が確認されているのは「食人」の習慣がある人についてなのです。
牛が牛骨粉を食した場合、人が人を食した場合、
つまり、似通った遺伝組織を持つ蛋白質を摂取した場合、
起き易い現象ではないでしょうか。
「似通った遺伝組織を持つもの同士の細胞が接触したばあい、相互に影響を与えうることは
十分考えられることだと思いませんか?」


43:詩織:2009年12月08日

41さんへ
>>完全否定し得ないもので完全否定というから胡散臭いのです。
完全否定されているのであれば、「どのように」完全否定されているのかを教えてください。
「どう考えても=あらゆる可能性を考慮した上で、迷信」と思うあなたなら即答できますよね。

↑に貼られている中出しで子宮がおかしくなるコピペは完全に間違いだと思います。
これは実際医者(産婦人科医)に尋ねてみても同じ答えでした。 
で、問題のテレゴニーのことですが、私はテレゴニーのはじまりが処女信仰による神話であること、科学的に実験して出た結果ではないので迷信だと思いました。
科学が進歩していない中世で家畜を使用して科学的な実験をし、テレゴニーを発見したのなら、信憑性があるしテレゴニーの存在が在るか否か議論できたと思います。しかし実際はテレゴニー発見時に実験はしていません。ギリシャの処女信仰と言う宗教的な価値観から広まったんです。


>>ありえない、存在しないということを証明するためには
あると仮定したばあいに矛盾する結果を実験によって確かめるしかないわけです。

その通りですね。
そこで本題ですが、現代でそのテレゴニーが実験対象にされていないのは、テレゴニーがあると言うその仮定が実験でも立証できないからでは?
体外受精や動物のクローンなど遺伝子や受精関係の技術が日々研究されている現代で、テレゴニーだけ意図的に研究しないのはさすがに不自然だと思います。
実験で仮定でもテレゴニーの存在を確認されたら、研究対象にされると思いますが・・・。
コピペなどでは政治家の圧力や陰謀とされていますが、そうは思えません。

以上が私の意見です。
私は医者ではないので、専門的な知識を持ち合わせていないませんし、実際実験することは出来ないので41さんを納得させるの私では無理ですね。
これ以上テレゴニー関係にはとくに意見はないので、レスはここで失礼します。

44:悪の権化:2009年12月12日

まあ、心配する必要は無いと思いますが
そもそも別の遺伝子が体内に入ってくれば異物として
免疫細胞により攻撃を受けて破壊されるわけですからね。

うまく転写できたとしても、その転写された細胞もろとも
やはり免疫細胞により破壊され、無力化されます。

45:匿名さん:2009年12月18日


悪の権化さん
その状態を突破している現象を
免疫寛容、マイクロキメリズムと言います。ご存じない?

そもそも、妊娠という現象そのものが、十月十日、自分とは異なる細胞を
体内に存在させている現象です。
人体でその場所は唯一、他者の細胞との親和性が高い場所なのです。
我々はその現象に慣れてしまっているために、
それがどれだけ免疫的にみて特別な現象であるのか忘れているのです。
それでも免疫寛容しきれないから、悪阻なんてものがあるんですけどね。

46:匿名さん:2009年12月18日

43さんへ
>>実験で仮定でもテレゴニーの存在を確認されたら、研究対象にされると思いますが・・・。
>>コピペなどでは政治家の圧力や陰謀とされていますが、そうは思えません。

陰謀や圧力があるかどうかは知りませんし、わかりません。
ただ、利害関係だけは確実にあるでしょうね。

この現象の存在が明らかになったら、

テレゴニーの影響を受けた女性は、結婚の際に不利になる可能性があります。
また、その原因となった男性も責任を問われることになります。
そして、婚前交渉を煽ったマスメディアも責任を問われることになります。

果たして、この状況で、誰が、この研究に手を上げるでしょうか?
結果の発表の仕方によっては責任を追及される側が訴えられる可能性もあれば、
発表者が訴えられる可能性もあります。(名誉毀損罪は内容が真実であっても成立する場合がある。)
手を上げる人はよっぽど勇気のある人だと思います。

また、たとえ、手を上げる人がいたとして、どこでリスクの高いこの研究ができるでしょう?
大学?公的研究所?民間研究所?どこがその研究を許すでしょう?
誰がその予算に許可を与えますか?予算がなくては研究できません。
レンホウさんが許可すると思いますか?

研究し、発表をした人が結局、得をしないのです。
もし、この研究が成されるとするならば、何か別の研究の副産物として成されることでしょう。
もしくは、既に本当はなせれているけど、発表されていないだけなのかもしれませんよ。
(実はK大あたりでiPS細胞の研究の副産物として研究されていたりして・・・仲間内だけでこそっと閲覧とかね)
”冗談はさておき”、そのくらい、この研究結果の公表には気を使うことになるはずです。

もし、陰謀があるのだとしたら、なぜ、マスメディアが婚前交渉を煽ったのかを聞いて見たいですね。
特にT●Sあたりにね。(この局の作った若年層向けドラマはとってもひどい)

ちなみに私は、テレゴニーと言う現象が確実に存在するとは主張していません
仮にあったとしても、他のオスの遺伝子を徹底排除したいと願う男性の本能には同情しますが、
「元カレの遺伝子が混ざること自体は」不都合だとも思っていません。

ただ、あり得ないと言うことを主張する性能をもたない事象を材料に
あり得ないと主張する姿勢が、
「情報操作を受けているようで、すごく気持ち悪い」と言っているのです。

47:匿名さん:2010年01月11日

政治的wwwwww圧wwww力wwwwww

いやー、完全にテンプレの陰謀論だよこれ。
ネットに情報がないこと自体が証拠ですー、か。
文献がないのは圧力により削除されたからですー、と。
書くほうも楽だろうなこりゃ。

当然、日本語での文献がないことはそれが真実であることの証明にはならない。
ていうか普通は逆だよね。確たる文献があるからこそ真実と証明できるわけで。
文献が無いこと自体が証拠だ、というのはUFO論者や超能力者とかの
トンデモさんが良く使う手だから。覚えておこう。

特に根拠が示せない時は、「私が根拠を示せないのは圧力のせいだ!」と言っておけば、
なんとなく説得力があるような気になれるんだぜ。

48:通りすがり:2010年01月19日

 


ここまで読んだ


イヌ、ネコ、ウシ、ウマ、…等、他の哺乳類で”起きている現象”の否定ができていない


テレゴニーはあるんだな、と理解した


 

49:さくらい:2010年01月21日

仮定は仮定。これ以上の議論に意味はない、無駄にややこしくなるだけだ。

誰か実験しろ。それで白黒つけろ。

50:匿名さん:2010年01月25日

>イヌ、ネコ、ウシ、ウマ、…等、他の哺乳類で”起きている現象”の否定ができていない

つーかね、そもそも
>畜産業界では当たり前過ぎる常識であり、前に交わった雄の特徴が、
>のちに別の雄との間に生れた子にも遺伝するとされている。
これは鵜呑みにしちゃって良いの?
誰か畜産業界にちゃんと聞いたの?

そもそもテレゴニーの根拠こそが
1820年のイギリスで♀栗毛馬に♂シマウマあてがった貴族の話しか出てないよね?
他の動物でも観察されているっていう話はどこから出てきたの?
それは今でも隔世遺伝とは思えない形で起きてるの?

つーかさ、フツーは理論を主張する側がそれを証明するのがスジでしょ。

例えばさ、「バッドなタイミングに限って雨がふる法則」を説明するのにさ、
この世にはどんな方法でも観測不可能な人の心を読む巨大なアメフラシがいて、
みんなが折り畳み傘を忘れた日や、苦労して庭木に水をやった日に限って、
雨を降らすって俺が主張するとする。

それを誰も完全に否定できなきゃそれは正しいかもしれず、
隔世遺伝みたいな証明された理論と、肩を並べるほどの説明になるの?

てわけで
>誰か実験しろ。それで白黒つけろ。
↓これだね
>中出し前と中出し後の女のDNA鑑定でもして変化ないか確かめれば良いじゃん。

51:匿名さん:2010年01月25日


>中出し前と中出し後の女のDNA鑑定でもして変化ないか確かめれば良いじゃん。

これでは不十分、ここには、テレゴニーの正体が、体全体の細胞を書き換えるということと
いかなる条件下でも発生するという無意識の「前提」が含まれている。

恐らく、CTスキャンやMRIのように、体全体の細胞を照合する技術が開発されなければ、
直接的にはテレゴニーが存在することは証明できないと思われる。
もちろん十分に多いサンプル数も必要ですね。

52:匿名さん:2010年01月25日

>恐らく、CTスキャンやMRIのように、体全体の細胞を照合する技術が開発されなければ、
それでも不十分だよ。
ここには、テレゴニーの正体が、
細胞を書き換える事だという無意識の「前提」が含まれているから。

もしかしたら、外部からやってきた精液の刺激が子宮に影響を及ぼして、
ホルモンが変化して、それでテレゴニーが起きるかもしれない。
身体中のホルモンを調べなきゃ!

いや、そもそも精液が原因なんだろうか?
性交時の刺激によって起こる現象なのかもしれない。
よし、性交時に色んな別の刺激を与えて実験しなきゃ!

いやいや、もっと大前提として、本当に前の男との性交の影響なんだろうか?
もしかしたら、特定の者と濃密に一緒に過ごす事自体が
人体に影響を及ぼして変化させているのかもしれない。
(そう言えば、甘えん坊だった俺の弟と、
 よく俺の母を可愛がったという伯父は異様なほどよく似てる。
 もしかしてこれは……)

もっともっとあるのかもしれないね。
いや、困った……これでは永遠にテレゴニーは証明も否定もできないよ〜><

53:さくらい:2010年01月26日

人間で証明するには莫大な金や時間がかかる。ひとまず人間外の生物・・・50が言うように畜産業界の人に聞いてみるのが妥当かと。馬も牛も人と同じような生物だろ?知能が高いか低いかってだけで。

また52曰く

>性交時の刺激によって起こる現象なのかもしれない。

とある。これは信憑性が高い。


まあ、原因はともかく「現在の夫の遺伝子を100%全部子供へ受け継ぐことはできるかどうか」を調べてみることだ。ヤリマンの子供をDNA鑑定すりゃ良いだろ?

54:さくらい:2010年01月26日

原因はともかく「現在の夫の遺伝子を100%全部子供へ受け継ぐことはできるかどうか」を調べてみることだ。ヤリマンの子供をDNA鑑定すりゃ良いだろ?


それで「できない」なら原因を調べる。

55:匿名さん:2010年01月27日

>>性交時の刺激によって起こる現象なのかもしれない。
>
>とある。これは信憑性が高い。
マジで?俺テキトーに書いたのに、俺ってスゲエ!

>まあ、原因はともかく「現在の夫の遺伝子を100%全部子供へ受け継ぐことはできるかどうか」を調べてみることだ
うーん、でもテレゴニーはDNAに現れる現象じゃないかもしれない。
例えば、前の男から受け継いだ背後霊による現象なのかも……
イタコも呼んだ方がいいかな?

56:匿名さん:2010年01月31日

もし、テレゴニーが存在するとして、それは

1、分泌液に触れた時点でアウト?
2、中出しした時点でアウト?
3、妊娠(中絶した場合も含む)の時点でアウト?

また、変わるのは女側の遺伝子だけなのか?
女→男に情報が行く事もあるとしたら…?

「童貞と処女で結婚して当然」という男は困らないだろう。
しかし「妻には処女を求めるが、男に貞操を求めるな」と言う人は…
真実によっては、この話を出す事は諸刃の剣になるのでは?

57:匿名さん:2010年02月17日

精子に含まれるRNAの逆転写酵素が前の男の遺伝子を女の中で複製。
射精される子宮は赤ん坊という異物が長期間免疫で攻撃されない免疫寛容の場所。
人間が人間のたんぱく質を取り込むと細胞に変化がおきる。
WIKIではテレゴニーに関する項目が何故か書かれていない。

上記が簡潔なまとめだが、これでテレゴニーを否定しろというのには無理がある。
俺は男女の性の乱れを真剣に危惧している。テレゴニーが証明されれば人類の貞操観念は向上するだろう。

58:箱男:2010年02月18日

理解してもいない事をさもわかった風に語るなよw
貞操観念を向上させたいからってデマを撒き散らすなwww

59:???:2010年02月19日

他人のウイルスや病気でうつる物がありますね。SEXによるエイズもそうです。
中出しではなくて、何か他人の分泌物、唾液、血液を体内の何処かに触れる、吸収、その他色んな要因が
あった場合、何かしらの変化はあるはず。SEX中に相手の性器から血液が微量出たとして、その血液が
性器の何処かに傷もしくは何かあれば何かしら相手の細胞のものが移る可能性はあるはず。
食べ物を食べた場合にその食べ物の影響で細胞に変化はならないみたいに思っているが、それは
食べ物や動物の細胞のものを食べても変化しないように免疫が付いているだけで
人と人に限定したら違うのではないだろうか?
また舌下減感作療法という方法があるようですが、あれはベロの下に特殊なアレルギーを持っている人間に
微量のアレルギーの成分を作って舌の部分につける事をある程度の期間をかけて徐々に増やしていく事で体に免疫を作っていくそうです。期間は
数年とかかかるみたいですが、それをやる事でそのアレルギーに対する免疫が出来ていくとか。
となるともし、これを精液で試した場合、中出し、もしくは精液舌下減感作療法(笑)
で体に精液免疫なるものが出来たりはしないのだろうか?
はたまた中出しに拘らず精液を口から飲んだ時点でその後何も起こらない可能性は100%と言えるのだろうか。

60:箱男:2010年02月19日

レトロウィルスによる影響はテレゴニーとは別問題だろ。種類によっては空気感染する可能性もあるのだから。
精液飲むのがアウトならゲイにもテレゴニーが起きなきゃおかしいwww

61:匿名さん:2010年02月24日

>>精液飲むのがアウトならゲイにもテレゴニーが起きなきゃおかしいwww

ゲイに子供が産めるのならそうだろうよ。
「www」の記号を使って何の印象を操作したいのかは知らないが、
面白い議論の展開をするものだな。

62:箱男:2010年02月27日

レトロウィルスは人間の遺伝子を運んだりしない。当たり前だろ?
テレゴニーとは無関係のただの感染症だっつーの。

63:匿名さん:2010年03月04日

レトロウイルスが遺伝子を宿主にコピーするのと
同様の物理的メカニズムを以って
『精子が』自分のDNAを宿主?にコピーする可能性は
仮説として検討に値すると思うが?

「精子」であれば立派に「人間の遺伝子を運んだりする」と思うけど?

何で「精子が」という話しが「レトロウイルスが」って話しにすりかわっている?
誰が「レトロウイルスが」って言い出した? いつの間に誰がすり替えた?

否定派って、このような「すり替え」や「印象操作」「レッテル張り」
を多用する者が、何故か多いと思う。

ところで、ゲイが子供を産めると思っている方が、よっぽど非現実的だとおもうのだが
どうよ?ゲイが子供を産めるという前提が無ければ60の議論はできんよなあ?

64:箱男:2010年03月05日

精子がウィルスと同じだと思ってるのかw
じゃあ犬と獣姦したら犬似の子供が生まれるのか?www

65:??:2010年03月09日

テレゴニーと少し離れるけど
最近の研究で子宮頸がんの原因はヒトパピローマウイルスだっていう事が分かってきたらしい。
感染は性行為によって発生し、それ以外での感染は極めて稀。性交渉開始年齢が早い人、
性交渉の相手が多い人、性交渉の相手が多い男性との性交渉がある人、
妊娠・出産の回数が多い人に多く見られるとの事。
しかも20代女性がが増えてるって、妊娠出産してないでなってる人がいるとしたら
簡単に生とかで性行為するから増えてるんじゃないですかね?性行為以外ではまずきわめて感染する事は稀ってことは・・
これが原因で不妊症になったりするのも少しは関連しているんではないだろうか??

子宮頸がん原因で検索すれば事実が書いてある。やはり性交渉が多いから何らかの病気になるのではないか??
という事は中出しも中出ししすぎた場合、特定の精液アレルギーとか精液免疫とか出来るんじゃないのかね?

66:追加:2010年04月05日

女の膣の形は好きな男とやった形に変化して形状記憶されるらしい
浮気すると浮気した男とやった形に膣が変化するそうな、
って事はSEXによって相手の何らかの成分が身体に吸収されている事もあるだろう、という事は
テレゴニーのようなものも可能性としては0ではないということだ、0.1%でも伝わるものはあるかもしれない。
結局全ては因果応報、ヤればヤるほど身体の中にそいつとの記憶が残るって事ではないか?。心にも身体にも。
男として前の男のを嫌うのは本能レベルで極あたりまえの事だと思うのだがどうかね?

67:箱男:2010年04月06日

形状記憶てw 粘土でも凹ませれば形状記憶されるぞw 粘土にもテレゴニーがある可能性はゼロじゃないから粘土とでもヤってれば?童貞君。

68:?:2010年04月06日

昨日某テレビでやっていたことなんだが?
まあ何でもそうだがその時代であたりまえとされていた常識が実は違っていたという事は
歴史が証明するのでね。、まあネットなんぞどうでもいいんでね。
実際に顔見たらその言葉の本物と偽者の違いが分かるんじゃない?
あと俺は別にこだわりないんでね、そういう事もあるのかなと言ってるだけ(笑)だから殆ど疑問文でしょ

69:箱男:2010年04月09日

挿入したら圧迫されて変形するけど数日で元に戻るらしいからな。形状記憶だなんて大げさにもほどがあるw

70:匿名さん:2010年09月01日

一応、気になったことがあるんで書いておきますね。

メディアで騒がれている児童虐待について問題になっていることがあるんですが、
夫もしくは同棲でバツイチ女と一緒になった男が子どもを虐待し最悪死なせてしてしまう
そういうケースが多い原因というのは、いずれも「事実上の別子」だからではないか、
と思うわけなんですよね。

後者は理解してもらえると思いますが、前者の場合では離婚(この場合別居含)
しても6ヶ月以内は前夫の子と見做されることが民法で定められDNA鑑定などして
別子であったとしても養育しなければならない義務を負うことになる。

子どもが成長して似ていないと分かると(それが男児の場合)蟠り、暴力に走る。
何気なくしつけたつもりでも、何故か変に力が入って怪我を負わせてしまうなんてこと
ありませんか? それで死なせてしまうケースがあるとつくづく思うのです。
念のためにその子どもと夫のDNAが一致するかどうか調べたらいいのでじゃないか?って。

実は、自分の子であると本能的に感じるのは女性より男性のほうが強いといわれています。
だから、感覚的に自分の子でないと分かると注意するにもつい力を入れる、これは
自分の子でないと自分の意思をは別に本能的に分かっていたりするのです。
実の子であるというのはあくまで形式的なもので実質的にはそうでなかったりする。
ちなみにDNA鑑定が発達する昭和後期以前も別子の家庭が存在していたのは事実ですが、
それは養子として認知されたり、看護師が赤子を取り違えたりしたというものであって、
DNA鑑定が発達した現代ではそれでごまかすなど通用しません。

まあ、国籍法が改悪(外国人の妻との間にできた子を日本人夫が認知するだけで実子扱いされる改悪)
された状態に付帯決議でDNA鑑定することも反対されてできた一部の政治的圧力がまかり通ったように

このテレゴニーについても議論がなされずに禁忌扱いされていることが事実だとすれば、あながちデマ
でなかったりするのかもしれません。

最も女性の意識改革が重要なのにそれを軽く考え婚外性交する問題が根本の原因なのですが、
貞操を考えるのは性病などのリスクを回避するためという理由で婚外性交を否定しても駄目でしょうか?

71:匿名さん:2010年09月16日


テレゴニーが全く無根拠で、完全な誤りであるとするのは、間違っています。

テレゴニーが否定されたとされる1890年のAugust Weismannによる追試実験の結果、
結論は祖父母からの隔世遺伝の可能性が高いとされたのであって

「完全に否定」されたわけではありません。そちらの解釈可能性をあるとの指摘があるだけです。

日本語圏の議論がテレゴニー説を否定するのにわざわざ「童貞の妄想だろw」とか「陰謀論w」を持ち出してくるのが
とても奇妙なことに思えます。

科学的な反証ではなく、印象論で反論(?)するのはなぜなのでしょうか?

72:匿名さん:2010年10月12日

大笑いしながらここまで読んだ。

一番簡単な方法があるよ。
テレゴニー肯定派、まず大学を受験する。学部は遺伝を研究できるトコ。
できるだけ有名大ね、テレゴニー信じてること自体が知的レベル的にアレなのでw説得力を持たせるため。
マウスで良いから2000例ほど、処女マウスと非処女マウスを使って子供を産ませる。
非処女マウスは十分前回の交渉もしくは出産から時間を置いて血液検査などをして、妊娠していないものを使う
(なんてことまで書かないと『非処女なんだから妊娠してるかも試練』とか言い出しそうなレベルだしこの肯定派)

出産後、そのマウス家族と非処女マウスの前パートナーの遺伝子を解析する。

それを元に論文を書く。

冷静に科学的見地に基づいて、希望的見地からうっかりデーターを捏造していないものであること。

決定的にテレゴニーの証明ができれば肯定派の勝ち。

十分信憑性があるなら政治的圧力なんてかけられないよ。
っていうかテレゴニーなんてトンデモ研究に圧力かけるほど、政府は暇じゃないですよ。


そして
それを教授と研究仲間に見せて大笑いされて、学会で発表したいと駄々こねて失笑買ってから
もう一度テレゴニーってがどういうレベルのものなのか、考え直すって言うのはどうだ?

73:マイク:2011年08月02日

非処女とアホ男が必死になって良識ある男性を
処女厨などと侮蔑し人格否定までしてるのがウケるwww
それほど都合が悪いことなんだろうなあ〜w
普通の人は全く必死になる理由がないもんな〜w

74:マイク:2011年08月02日

>一番簡単な方法があるよ。
>テレゴニー肯定派、まず大学を受験する。学部は遺伝を研究できるトコ。

そんな手段は簡単では無いwまずここで馬鹿丸出しw
しかもその立証方法はテレゴニー肯定だけに限ったことでも無いw
反証としても使えるしww
お前じつは笑い癖のある単なる馬鹿じゃねーの?ww

75:谷の仙人:2011年08月27日

子供は精子と卵子の出会いからだけと考えている人に忠告。子供自体が奇跡の産物であり科学で解明できるには有史以来と同じくらいの時間を要するかもしれない「科学では存在の理由の解明はできない」ことを肝に銘じるべし。

76:匿名さん:2011年10月12日

DNA=設計図がそんなコロコロ変わるわけないだろ
だいたい卵細胞は生まれるころにはもう出来上がって、思春期以降は排卵日ごとに成熟して分裂したやつが排卵されてまた分裂するだけ
精子と違っていちいち作っちゃいねーの
もの知らずをひけらかして恥ずかしくないのかね
女のからだとかって医学系のこむずかしい本をまじめくさった顔して読むのが男の思春期だろ

卵子を比較しろとか言ってるやつ
卵子は一個一個DNA違うからな?
親の遺伝子をまるごと受け継ぐんじゃなく、ランダムに半分コピーしてるんだから
比較するなら、本人の遺伝子と比べて、本人から受け継ぎようがない遺伝情報とやらがあれば遺伝子が変化したのかもねー

77:箱男:2011年10月13日

高齢出産でダウン症児が生まれ易いのは遺伝子が劣化(変化)してるからだぜぇ。
獲得形質の遺伝は証明されているから、最初の出産経験による「獲得形質」が次の子に影響を与える事はありえる。

78:あきら:2014年06月08日

通常 卵子と精子が出会う そして妊娠出産が当たり前ですが 確かに 男の体液が女の体に入る時 つまり ディープキスや避妊しない性行為による中出し フェラチオでお互いの体液が交換されるわけです たとえ妊娠しなくても 男の体液は 女の体に残るわけです しかも身体の構造上 洗浄しても100パーセント洗浄できません 飲精をする女性は 肌が
きれいになると言う話があります これは事実です 私の妻は 結婚当時顔はニキビの跡でひどいところははクレーター
みたいになっていました 性生活をエンジョイしていた新婚の時 半信半疑で肌がきれいになるからと言って 全部では
ないですが 週2回はゴックンしたようです 3ヶ月頃からニキビ跡がきれいに治り始めたのです これは事実です
食生活やサプリメント薬剤はいっさい使用していません と言うことは体質が変化したと言うことしか考えられません
細胞の中に私の体液の一部が取り入れられたと言うことになります でもそこで心をよぎったのは 結婚前後に 不倫や
浮気があったとしたら 他の男の体液が入り込んでいると理解してしまいます 体質が変化するとはそう言うことなのでは
ないでしょうか しかも妊娠すると つわりがあります これは 体質変化の精子と卵子の受精後の拒否反応なのですから
妊娠しなくても 男女の肉体関係は 体細胞に取り込まれるのではないでしょうか

79:kk:2014年09月21日

利己的遺伝子論からすれば生物の体(子宮)なんて遺伝子の乗り物であって、コストを掛けて綺麗に保つより、ボロボロになってポイ捨てがトータルで有利なら、そっちに自然選択で進化するだけのこと。
毎回オーバーホールのスペースシャトルより使い捨てのソユーズが安くて安全で現役の技術だし、医者も昔は使い回しだった注射器を今は使い捨て、浣腸器も使い捨て、人工心肺も使い捨て。
研究者や工場の品質管理部門でもガラスのビーカーを洗うよか、プラの使い捨てのが汚染が無くて精度もあがるし人件費かからず安くすむしで、そっちが主流。
ならば子宮が使い捨てで臭く汚く劣化しまくるほうに淘汰圧がかかって進化してても、おかしくはない。

›76
›DNA=設計図がそんなコロコロ変わるわけないだろ
DNAは単なる設計図というよりも、PCで言うとOSがプリインストールされたHDDやBIOSの入ってるフラッシュメモリ。(多細胞生物の核の遺伝子とミトコンドリアの遺伝子みたいなもんだ)
出産・出荷後は使うとどんどん、君のPCのHDDのようにワークメモリとして変化してく。
BIOSだって設定変更すれば、フラッシュメモリが書き分かるのは分かるよね。
卵子と精子は変化すると困るから専用の隔離領域に保管されてる。PCで言うとリカバリー領域だ。
長年使い込んだPCが調子悪くなって、リカバリーしてゼロからやり直そう思っても、PCが古いとリカバリー領域に放射線やら熱雑音やらでエラー訂正できないレベルのエラーが蓄積してたり、ウイルスに汚染されてたりで、結局は正常なリカバリーができないこともまま有る。
古い精子・卵子で遺伝性の奇形児が生まれやすいのと同じだね。

19世紀の実験で否定されたってのは、当時の実験技術の限界では表現形に露骨に現れる遺伝子変化しか測定できなかったって点を無視・過小評価してる。
ヒトゲノム解析コストが10万円を切った今なら、当時は見逃した遺伝子の変化を、直接的な遺伝子の全解析・全比較
で案外あっさり発見できるかも、って話でもあるんだよ。
ただそれでも、テレゴニーは実在するが珍しい現象である場合、明確に実在すると結論できるようなサンプル数の多い実験はコストが億円単位になり、いいスポンサーを見つけないと、なかなか難しい。
モデル生物の購入費用・管理費用・遺伝子解析費用その他が1サンプルで合計20万円として1000サンプルやったら2億円。

カテゴリー | ▲TOP

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス このブログの記事は自由に転載可能です。