野田聖子が代理母出産でダウン症児を産んだ事件で知ったのだけど、代理母出産では代理母と子供の間には遺伝的なつながりはないが、妊娠中に代理母の細胞が胎児の体に入り込んで血肉の一部と化し、何らかのエピジェネティックな変化を引き起こすらしいね。

数十年経っても胎児の中に代理母の細胞は残り、取り除く事はできない。
だから代理母とその子供はまったくの赤の他人とは言えないそうだ。

提供された卵子と精子に問題はなかったのに、ダウン症児が生まれたのは野田聖子の腐った細胞のせいだろwww
大人には影響のないレントゲン程度の放射線でも妊婦が浴びると胎児が奇形になり易くなるように、加齢によって損傷したDNAを持つ野田聖子の細胞が胎児と混ざった為に子供がダウン症になった。
これは一種のテレゴニーと言えるのではないかな?

代理母の細胞が胎児に受け継がれるなら胎児の細胞もまた母親の方に残るだろう。
父親の遺伝子を持つ胎児の細胞が母親に渡り、母親にもエピジェネティクスな変化を与えるとしたら?

昔から「夫婦は似てくる」と言われているし、妊娠中に髪質や体質が変わる女性は多い。
母親の体内に残った胎児の細胞が次の子供にも引き渡されたならテレゴニーは起こり得る!

獲得形質の遺伝が証明されたのもつい最近の事。99.9%は仮説です。常識がひっくり返る事もあるのです。

追記

「テレゴニーが本当なら、女の人は優秀な男性とヤリまくる方が良いんじゃないの?」
↑こういう意見もありますが臓器移植の拒絶反応やシャム双生児の例を見ても分かる通り、他人の細胞が混ざって得する事なんてほとんどありません。
突然変異のほとんどが有害と言われている様に、デタラメに組み合わせた他者細胞が偶然役立つなんてそれこそ奇跡的な確率でしょう。多くはマイナスに作用します。
父親が同じでも次男次女が長男より虚弱になりがちなのは長男細胞の混入(マイクロキメリズム)が原因と考えられています。