何でも許してしまう人ほど精神的に健康だそうです。「許せない」という気持ちを抱えたままだとPTSDを発症する恐れもあります。
又、つまらない理由で大事な友達や恋人と別れてしまったりすると、自分の人生にとっても大きなマイナスとなります。
どうしても許せない相手を許せるようになれば、心身及び社会的な健康に大きく寄与するのです!
「許す」ということも一つのテクニックですから、今までの人生で我慢に我慢を重ねてきた私が体得した「人を許すためのコツ」を公開するので参考にしてみて下さい♪

慈悲の瞑想を行う
慈悲の瞑想は心の万能薬です(`・ω・´)
「憎い相手の幸せを祈る」事で心に余裕が生まれ、優しくなれます。

●自分を徹底的に卑下し、謙虚になる
「自分は○○で××な最低のダメ人間だから、人様に相手にしてもらえるだけ有難い」とまで考えれば、プライドが邪魔して許せないと言った事態を避けられます。

●完全に上から目線で相手を憐れむ
先のと矛盾するようですが、相手の事を「愚か者だからしょうがない」と見下せば別段腹も立ちません。
当人の愚かさゆえの愚行に対しては一つ「罪を憎んで人を憎まず」の精神で接しましょう。

●自分の非を認める
「自分にも落ち度があった」と考えると憎しみが消え、許せるようになります。

●忘れる/なるべく思い出さない
トラウマの治療法にはトラウマとなった出来事を詳細に語ってトラウマを意識化するという方法がありますが、これは却って逆効果なのだそうです。
やはりなるべく思い出さないようにする方が早く忘れられます。

●直接対話する
頭の中で考えてるだけだと被害妄想で悪いイメージしか湧いてきません。実際に会って話すとそんなに悪い人ではない筈です。

●冷却期間を置く
絶交する前に半年ほど相手と会わない期間を設けましょう。半年も経てば嫌な出来事は忘れて許せてしまえているのではないでしょうか?
それでもまだ許せないなら絶交してしまう方が良いのかも知れません。