歌う
毎日歌っていると落ち込みにくくなる気がします。ドーパミンとかが分泌されて陽気になるのかも知れません。
いつも抑うつ的な人は持ち歌とかなくて全然歌わない人なのでは?

写真を撮る
美しいと感じた景色や珍しい物は携帯で写真を撮っておきましょう。
写真を撮る事で心にゆとりが生まれます。

映画を見る
人はパンのみに生きるに非ず。良質な物語は生きる糧になります。

瞑想する
瞑想を習慣化すると好悪の感情を司る扁桃体の活動が抑制され、あまり落ち込まなくなります。

腹式呼吸
毎日10回はやりましょう。セロトニンの分泌が増えて安らげます。

日光浴
薄暗い部屋にずっといると気分まで暗くなってきます。日照時間の少ない北欧では3人に一人がウツ病を患っているそうです。
日光を浴びれば自然とテンションが上がります。

運動
週3回20分のトレーニングを2ヶ月ほど続けるだけでもストレスを抑える脳の部位が太くなり、確実にストレス耐性が強化されます。
スポーツマンはストレスを感じにくいのです。軽く走る程度でも効果があります。

ビターチョコレートを食べる
チョコを食べるとドーパミンが分泌されるので、精神に対する麻酔的な効果が期待できます。

笑顔
笑顔でいると相手の行動を好意的に解釈できるそうです。

身だしなみに気を遣う
身なりが酷いと人目が気になって余計に疲れます。
「良い格好」をすればセロトニンの分泌が増え、人前でも堂々としていられます。

リアリティーチェック
明晰夢の訓練で「これが現実か夢かを自問する」と言うのがありますが、ずっと続けていると次第に妄想と現実の区別がハッキリつくようになり、被害妄想で精神的にダメージを負う事が少なくなります。

最悪の場合と比べる
リア充と自分を比べるより、下方比較でもっと悪いケースと比べた方が生活満足度は高くなります。

ポジティブに考える
性善説を信じて何事も良い方に解釈して下さい。

ユーモアを持つ
辛い出来事も自虐ギャグにできれば乗り越えられます。

悩む前に動く
行動のテンポが早い人は楽観的でストレスも感じにくいそうです。

セックス
セックスすると一週間ほど対人不安が軽減されるそうです。

嫌な事はすぐに忘れる
5分前に起きた事であっても過去は過去。現在にフォーカスし、嫌な事はさっさと忘れましょう。

ストレス源を避ける/元から断つ
ストレスに耐えるだけでは限界があります。不快な物を目にしたら顔を背けるなどして避けた方が賢明です。

失敗を活かす
失敗から学べばそれは貴重な「経験」となります。
失敗を恐れずにトライ&エラーでどんどん挑戦して行きましょう!

『転んだ人を笑ってはいけない。彼は前に進もうとしたのだ』

by Twitter Facebook google