●テレビ・ネットを見すぎない
不幸な人ほどテレビを良く見る
テレビを見てると山場CMなどでイライラさせられ、余計欲求不満になります。

●夜更かししない・朝型の生活に戻す
深夜まで起きているとウツになりやすい。ウツは幸福の大敵であります。

●人に優しくする
他人に優しい人の方が幸福感が高いそうです。自己満足を侮ってはいけません。
人間は他人を幸せにする事で自分も幸せになれる素敵な生き物。ボランティア活動に参加するのも良いでしょう。

●通勤時間が短い
日常生活で最も幸せ度が低い行動が「通勤」。通勤時間と幸福度は反比例するそうです。
できれば勤務地の近くに引っ越しましょう。

●運動
運動すると快楽物質のドーパミンが分泌され、健康の維持にも役立ちます。

●暇を持て余さない
意外にも暇な人の方が自分を不幸だと感じているようです。
毎日を充実させるにはやるべき事などを何でもリストアップすると良いでしょう。

●祈る/瞑想する
お祈りする習慣がある人の方が、ストレスが軽減されるせいか長生きする傾向があります。
配偶者と一緒に祈れば夫婦円満にもなれます。
瞑想すると脳の幸福感を感じる部分が強化され、幸せを感じやすくなるそうです。

●笑顔を心掛ける
笑う角には福来る。作り笑いをするだけでフィードバック効果によって段々楽しくなってきます。さらに周りの人もつられて笑顔にw

●ポジティブ・シンキング
ネガティブな人より楽観的な人の方が平均して10年も長生きします。
禁煙しても7年しか寿命は伸びない。ネガティブ思考は人体に有害。可能な限りポジティブに考えましょう!

●セックス
週に一度のセックスは年収が5万ドル上がったのと同じ幸福感をもたらします。
大富豪のウォーレン・パフェット氏も「金儲けよりセックスの方が気持ち良い」と発言していました。
セックスには自信を高め、引っ込み思案を直す効果もあります。

by Twitter Facebook google