ゆで卵物体は暖めれば大きくなるし、冷やせば縮む。これは地球とて同じ事。
地球温暖化、あるいは寒冷化が進めば地球のサイズ自体が変わってくるのではないか?
地球は完全な球体ではなく赤道部分が膨らんだ楕円形をしている。遠心力や熱膨張によって地球の形は変わり得るのです。

地球が太陽から受ける総エネルギーは1日分だけでマグニチュード11.5に相当する。必然的に太陽活動の増減によって地球は大きな影響を受ける。

太陽活動と火山活動 泡箱としての火山 [PDF]

太陽からの放射線によってマグマが沸騰し火山が噴火する事もあるらしい。そしてそれが地震をも引き起こす。
マグマに含まれる水分が地殻に染み込む事で断層がすべり易くなり、地震を誘発する。
実際アメリカではシェールガスの採掘で掘った穴に排水を流し込んだため、地震が多発するようになった。
地球以外の星では地震はほとんど起きない。「水の惑星」と呼ばれる地球だからこそ地震が起き易いのでしょう。

地表はマントルに浮かぶ薄い皮みたいなもの。マントルが膨張すれば地表にマグマが溢れ出たりする。
地熱の半分は地球内部にあるウランなどの原子の崩壊熱であるらしい。しかし原子力と言えど無限ではない。
地球は長期的には熱エネルギーを失い寒冷化していく。そしてちょっとづつ小さくなる筈なのです。