ハワイにはプレートの下にマグマが噴き出すホットスポットがあり、それが太平洋プレート上に島を作っている。
航路を記録する丸太の様にハワイ諸島を見れば太平洋プレートの動きが分かる。

太平洋

太平洋プレートはある時点から進行方向を変えたようだ。以前はカムチャッカ半島の方向に進んでいたのに、現在は日本に向かっている様に見える。
アラスカやカムチャッカ半島周辺は太平洋プレートが北向きに進んでいた頃に太平洋プレートの沈み込みによって隆起してできた土地だろう。
太平洋プレートの進行方向が変わったので現在は日本がプレートの沈み込みと地震による隆起の集中砲火を浴びている。

太平洋プレートは大きいので場所によって沈み込み角度が違ったり割れたりしている。恐らく以前は太平洋プレートがフィリピンの下で行き止まっていたが、フィリピン海プレートが割れた事で太平洋プレートがフィリピン海プレートの下を「スルスルと」潜り込める様になり、それに引きずられて進行方向が変わったのだろう。

マリアナ海溝の下で太平洋プレートはほぼ「垂直」に沈み込んでいるらしい。垂直があるならプレートが地球深部で「Uターン」する事もあるはず。
プレートが沈み込むとマントルからマグマを上昇させる。太平洋プレートは北側はユーラシア内部に向かっているが、南太平洋では「内向き」に沈み込んでいる為に南太平洋のホットプルームを増加させているのではないか?

それによって太平洋の海嶺で新しいプレートが作られてというキャタピラのようなサイクルを繰り返しているとしたら面白いw

by Twitter Facebook google