軍隊と企業は似ている。国際競争で韓国企業が日本企業を圧倒している様に、もし日韓が戦争になったら日本は韓国に負けてしまうだろう。
日本的な組織形態は軍隊であれ企業であれ韓国よりも判断力が劣っているからです。
実際、日韓の合同軍事演習で自衛隊と韓国軍の兵士が模擬戦闘をやるといつも自衛隊が完敗している。

東アジアの軍事力比較図

韓国軍の総兵力は65万人。自衛隊は全部で24万人。単純に軍事力だけを比べても韓国の方が強い。
その上自衛隊には脱走兵を処罰する法律がないのでいざ戦争になったら1割くらいが自衛隊を辞めてしまうと想定されている。
つまり戦争になった時点で自衛隊の戦力は1割減なのですw

日本は「戦争になったら国の為に戦う」と答えた人の割合が世界一低い。戦争になれば皆逃げ出す。実際こんな糞国家の為に戦う奴なんて殆どいないだろ。
だが韓国は違う。日本と戦争になったら国民の多くが喜んで戦場に行くだろう。
人口は少なくても志願兵の数は韓国の方が多くなる。
徴兵制があるので国民の軍事スキルも高い。同じ数の日本人と韓国人が戦ったら韓国人が勝利する。

自衛隊員の多くは本気で戦争をやるつもりがない。自衛隊は「戦えない軍隊」だ。彼らは税金使って筋トレしているだけ。
北朝鮮と休戦状態のまま国境を接している韓国とは本気度が違う。

日本は軍事費こそ世界有数の高さだが、その殆どは人件費であり自衛隊の実力は世界でTOP20にも入っていない。
日本は東アジアで最弱。韓国にすら勝てない。もちろん中国相手にも負ける。
核兵器抜きでも中国は衛星破壊ミサイルや空母キラーミサイルなどの高度なミサイル技術を持っている。
ミサイル攻撃によって日中開戦後30分で自衛隊基地は無力化され日本は負ける。圧倒的に中国軍の方が強いのです。

韓国軍のミサイル

韓国軍も数百Km先にいる人間をピンポイントで狙える"超兵器"玄武ミサイルを持っているので、ミサイル飽和攻撃だけで自衛隊を殲滅できる。それが現実です。

日本は敵の実力も知らずに領土問題でいたずらに中韓を挑発している。まるで大型犬に向かってキャンキャン吠えまくっている馬鹿なチワワだw
しかも自分では戦わず戦争になったら代わりにアメリカ様に戦ってもらおうとしている。
虎の威を借りて好戦的になりアメリカを巻き込んで第三次世界大戦の火種を作ろうとしている国、ニッポン。
こんな国は原爆落とされてもしょうがないわ・・・orz