日本は中国に対抗する為に軍事力を強化しようとしているが、ハッキリ言って無駄である。
中国の軍事費は2020年代には30兆円に達すると予測されている。こんな国に単独で対抗するのは不可能。焼け石に水でしかない。

日本の防衛は日米同盟にかかっていてアメリカ次第。自衛隊はオマケ同然であり必ずしも必要ではない。
どうせ中国に敵わないのなら思い切って日本の軍事費は削減するべきだ。
日本が軍事力を強化すればそれに対抗して中国・韓国も更に軍事力を強化する。だからいくら軍事費を増やしても効果はない。むしろ逆効果。

中国への牽制はアメリカ様にお任せして日本は自国の発展に専念すべき。軍事費を使えば使うほど国民生活は貧しくなる。
未だに世界から貧困はなくなっていないのに軍拡なんかして無駄に軍事費を使うべきじゃない。そんなのは誰の得にもならない。
世界全体で見ると軍事費は減少傾向にある。戦争なんて時代遅れ。隣国と貿易した方が戦争するより余程利益になるのだから当然でしょう。
軍事費
日本は弱くて良い。世界の国々は(中国やロシアの周辺国も含めて)軍事費に平均して1兆円も使っていない。
「普通の国」は軍事力が弱い国ばかり。それでも十分に国を守れている。日本は普通の国として最低限の軍事力を維持すれば良い。日本の国防費は現状でも多過ぎるくらいなのです。

金をかければ軍隊が強くなる訳でもない。日本の国防費は6兆円で世界第5位だが自衛隊は世界で5番目に強い訳ではなく、コスパが悪い。
逆にコスパを良くすれば軍事費は削りつつ軍事力を強化する事が可能!
とりあえず日本に全く不要な戦車部隊とかは廃止するべき。割高でガラパゴスな兵器の自主開発も止めて兵器を完全に輸入すれば装備を削る事なく費用を大幅に減らせる。
常備軍も減らして予備軍にすれば良い。
日本が見せかけの軍事力を低下させれば、それに釣られて周辺国も軍事に手を抜いて世界の平和と発展に繋がる。

憎み合って軍拡競争を続ければいずれ衝突は避けられない。戦争を抑止するのは強大な武力ではなくです(`・ω・´)
日本と中国が互いに尊重し合えば戦争は起こらない。日本は武力を捨てる勇気をもつべき!

【関連ニュース】
中国、第4世代潜水艦の開発成功=スクリュー不用の磁気推進方式、無音、100ノットで進む
中国がミサイル防衛システムを突破する極超音速兵器の実験 最高速度はマッハ10
中国軍ミサイルの「第一波飽和攻撃」で日本は壊滅
稲田朋美防衛相が「子ども手当を付けるぐらいなら軍事費を増やすべき」と発言、軍事企業株の大量保有で私腹を肥やし子どもの命奪う軍事費増で子どもの貧困放置し日本経済に50兆円の損失をもたらす稲田防衛相