哲学者反出生主義者が守るべき作法や、反出生主義を普及させる方法論などをまとめてみました☆

宗教・原理主義化しない

デイヴィッド・ベネターがこう言っているから、それと違う意見は間違い」と言う風に特定の「教祖」の発言だけを引用してそれ以外を否定するような態度を取るべきではない。 反出生主義的な考えは古代ギリシャにもあるし仏教にもある。デイヴィッド・ベネターは優れた思想家だがベネターだけが反出生主義の全てではない。

反出生主義は「人類のゆるやかな絶滅」を目指しているが、絶滅と言っても千年以上かけてゆるやかに減少していく事を目指しているので原理主義的にガチガチにやる必要はない。
反出生主義の根底には功利主義的な思いやりの精神がある。今生きている人間の幸せの為なら一人くらい子供を作ってもかまわない

謙虚に

なんだかんだ言って反出生主義者の9割はメンヘラの成れの果てでしかありません。変な選民意識を持つのは止めよう!

子供を作らない事を強要しない

同調圧力に屈して「何も考えずに子供を産む」事に反対するのが反出生主義者の立場なのだから、他人に圧力をかけて反出生主義を強要してしまったら出産肯定派とやってる事が変わらなくなってしまいます。 本人が自発的に「色々考えて子供を産まない」選択をするのが望ましい。説得はOKだが強要はダメだ。 どちらを選ぶにせよ出産に対する「選択の自由」こそ死守しなくてはなりません。

世界の発展と文明化を支援する

先進国はどこも少子化です。世界中が先進国化すれば少子化も世界規模になり、反出生主義の目的は達成されるのです。 文明化によって科学的知識が広まれば人類の絶滅は必定だし、生命の起源や子孫を残す事には何の意味もない事が理解され、反出生主義的な考えが自然発生するようになるでしょう。

優生学と混ぜない

反出生主義が優生学と親和性が高いのは確かだが、反出生主義が優生学と同列に扱われては困る。 優生学とはまったく相容れない部分もある。反出生主義は博愛主義でもあるのだから。

「反出生主義」を語り継ぐべし!

歴史の中で反出生主義的な思想を持った集団はいくつも現れたが殆どが自然消滅していった。まさに反出生主義を実践したが為に後継者がいなくなってしまったのだろう。 反出生主義は論理的には強いが勢力としては弱い。反出生主義者が子孫を残さなくても他の人間が子孫を増やしていたら意味がない。

子孫は残さなくても「反出生主義」の概念・ミームだけは永遠に残していかなければならない。世界中の人間に反出生主義を広める必要があるのです。
それには「反出生主義」と言う言葉を用いる事が重要。「反出生主義」を哲学・思想の1ジャンルとして定着させ、普及を図るのです。

ネットのSNSなどで反出生主義について積極的に言及し、自分なりの意見を述べてみてください。反出生主義者なら「反出生主義」を語り継いでいく事こそが何より重要です。

【関連リンク】
How to Live As an Antinatalist
Antinatalism - Is it unethical to have children?