Better Never to Have Been

デイヴィッド・ベネター(David Benatar, 1966年12月8日 - )は生命倫理を専門とする倫理学者・哲学者。南アフリカケープタウン大学哲学科教授。

著書 "Better Never to Have Been : The Harm of Coming Into Existence" (『生まれてこない方が良い: 存在し始めるという災難』)で展開した反出生主義(Antinatalism)の擁護で最もよく知られている。

生まれてくることはその本人にとって、常に災難であり、それゆえに子供を生むことは反道徳的な行為であり、子供は生むべきではない、と主張する。
子供を生むことは、多くの動物がそうしているように単に何も考えずに性的欲求を満たすための行動である性行為の結果として引き起こされている現象であるか、または生む側の欲求を満たすために引き起こされている現象であるか(例えば子育てしてみたいといった欲求を満たすため、自分の老後の世話をしてもらおうという計算の為)、または判断するさいに生の質(QOL)を不当に高く誤評価していること(ポリアンナ効果)から起きている現象である、とする。

ベネターはチャイルド・フリーのような立場と自身の立場をはっきりと区別する。チャイルド・フリーのような考え方は、自分のライフスタイルを維持することを考えて子供を持たないという立場を取るが、ベネターは親の都合ではなく、生まれてくる人間の観点に立って、その上で生むべきではない、と主張する。
つまり生まないことは、多くの人に取ってはある種の我慢が必要な事ではあるが、生まれてくる人間のことを少しでも真剣に考えるのならば、子供は生まずに我慢すべきだ、とする。

ベネターは人口爆発の問題について言及している。ベネターは地球上の理想の人口はゼロであるとしている。つまり人間は絶滅した方がよい、と主張している。
とはいえ即座に人類絶滅を目指すのは生まれてきてしまった人たちにとって大きい苦痛を伴うものとなるであろうから、少しずつ段階的に人口を減らしていき、最終的に絶滅する、つまりゆるやかに絶滅していくのが良いだろう、としている。

デイヴィッド・ベネター - Wikipedia

ああ^~いいっすね^~。「生まれて来ない方が良い」と言う発想が当たり前にできる西洋社会は素敵だ。
未だに「産めよ増やせよ」でウィルスの様に増殖する事しか頭にない日本だったら、こんな"危険思想"は持つ事すら許されない。デイヴィッド・ベネターの哲学書を公に出版するなんて不可能だ。

そりゃよっぽど金持ちだったり親が美男美女同士で愛し合ってて心底幸せだったりするなら子供を作っても良いけど、自分自身が人生で苦労の方が多く、あまり幸せでないと感じるなら子供も同じ苦労をする可能性が高いのだから子孫なんて残さない方が良いだろ。

年取って中年にもなると人生飽きるし。何も楽しみがない。どんなに面白い映画でも何百本も見れば飽きる。ネットも10年以上やってればさすがに飽きた。もう飽き飽きだ。
日本人の8割くらいは「金とセックス」にしか興味がない様な人間ばかりだし、楽しそうにも見えない。ぶっちゃけ生きてる意味あるの?

日本では働いていない人間は「生きてる価値がない」と見なされる。働かなければ生きていけないのです。
労働を強要する残酷な社会に子供を産み落とすな!良い迷惑だよ(´;ω;`)
「働かなくても生きていける」社会になるまで、我々は子作りをボイコットすべきです!

「子供を作らない」事こそ最高に文化的な行為。シンガポールや香港・台湾など日本より豊かでIQの高いアジアの国では日本以上に少子化が進んでいる。
野蛮人ほど子供が多い。子作りなんて親のエゴだ。理性でもってこの「負の連鎖」を断たねばならない。

元々日本は人口が多い多いと言われているあの中国よりも人口密度が高い国なのです。日本に資源がないなんて嘘。人口が多いから資源が足りないだけ。
日本の適正人口は2〜3000万人程度。そのくらいの人口であれば広大な海洋資源もあるし石油以外は何でも自給自足してのんびり暮らせる国になる。

本当は日本も中国をみならって一人っ子政策を導入するべきなんだ。少子化が問題だなんてとんでもない。あれは人口が減ると困る産業界に配慮して言ってるだけのステマです。
沢山子供を作ったらどんな金持ちでも家計が破綻して損をするのだから「なるべく子供を作らない」のが個人の選択としてはベスト。
少子化で将来的には介護職の人材が不足するとも言われているが、老人の尻拭いをさせる為に子供を作るのですか?自分のケツくらい自分で拭けよ!

日本人は子育ても下手。日本人のガキなんてどうせロクな人間に育たない。保育園に子供を預けて税金使って子育てしようとする親はそもそも子供を作るべきじゃない。
子供なんて産んでも最低20年くらいはただの穀潰しだし教育に税金もかかる。受益者負担で子供のいる家庭にこそもっと税金払わせるべきだ!!

【関連リンク】
リチャード・ストールマン:子を持たないことの重要性について
反出生主義についての私見
ベネター「なぜ生まれてこない方がよいのか」のレジメ本の要約
Better Never to Have Been 解説
日本人の"不幸"遺伝子
デイヴィッド・ベネター新刊『人間という苦境』第1章 イントロダクション