イケメンが多い国人間は他の種に比べて遺伝子の多様性が乏しいらしい。
10万年前に出アフリカした人類はせいぜい2千人程度だった。2千人が70億にまで増えたせいで血が濃くなっている。

遺伝子のバリエーションが最も豊富なのはアフリカ人。アフリカから遠ざかるほど、そこに到達する人間も減るので血が濃くなる。
極東アジアに住むモンゴロイドはヒマラヤ以西に住む人種に比べて相当ヤバイのでは?
近親婚が増えるほど奇形も増える。やはり黄色人種の見た目が劣っているのは一種の奇形だからなのだろう。

奇形児の発生率が世界一多いのは日本だ。枯葉剤の影響が残るベトナムよりも日本人の方が奇形が多い。
これは近親婚の影響としか考えられない。日本はほぼ単一民族国家で遺伝子の多様性が極端に少ない為、みんな知らずに近親交配をしてしまっているのです。

完全な単一民族国家で外部の血を一切受け入れなければ、いずれは血が濃くなりすぎて奇形児だらけになり、衰退は避けられない。
異国の発明を取り入れなければ文明にも遅れが生じる。単一民族にこだわり、半ば鎖国したような状態で国際競争に勝てるわけがありません。