経産婦の肉はマズイ

「牛の肉で旨いのは、子供を産んだことのないメス牛の肉だ、それも3年以上良い飼育で大事に育てられた牛だ」。
人気コミック『美味しんぼ(6巻)』の中で海原雄山はそう断言している。

しかしながら彼の基準と、世に蔓延するローマ字と数字を組み合わせた等級の意味するものとは必ずしも一致しない。つまり単純に、A5=旨い肉ではないということだ。

「おいしいのは未経産のメス牛の長期飼育、これにつきます。松阪や神戸などのブランド牛も同様です。実は一般に行なわれている格付けにはメスもオスも去勢も関係ありません。あくまで歩留率と見た目での評価です。多くの業者もメスのほうが旨いということは理解している。実際に市場では去勢のA5より、メスのA4に高い値がつくケースもあります」(JAみちのく村山 畜産部 高橋学氏)

※週刊ポスト2012年3月9日号

出産を経験する事で肉の味が落ちるなら、セックスの味も悪くなるのではないか?
舐めてみて味が悪くなっていれば性欲も萎える。味覚・触覚などから男性は経産婦の肉体の劣化に気が付くはずだ。

食肉では若くて未経産(バージン)の肉が最もおいしい。ならば人間でも若い処女の肉体が最も気持ちが良いに決まってる!
出産してなくても中絶してれば味は落ちるだろう。非処女はかなりの割合で中絶を経験しているので期待値で考えると非処女であるというだけで処女よりも劣る。
処女と結ばれる事が男性にとって最も幸福で快楽が強いのだから、男性が処女を求めるのは極自然な事なのです。

コメント 0▲TOP

リベラル化する世界とエントロピー

橘玲さんの著書「朝日ぎらい」によると世界中でリベラル化が進行しているそうです。数十年前のリベラル派より今の保守派の方がよっぽどリベラルだったりするほど、全体がリベラルな方向に寄っている。
厳格なイスラム教国家のサウジアラビアでさえ女性の運転を認めるようになったりと、少しずつ開放的になっている。
宗教や人種を超えて急速に世界中が「均一化」している。この世界的リベラル化の潮流はエントロピーが増大していく様子に似ていると思う。

社会がリベラル化するのは内外からの「圧力」があるからでしょう。サウジも国民の不満が溜まるのを恐れているからこそ規制緩和を行っている。
不満という「エネルギー」を発散するためにリベラルな政策が選ばれている。例えば同性婚の問題は異性愛者にとってはどちらでも良い事だが、同性愛者に取っては同性婚が認められないのはストレスフル。
異性愛者に損がないのであれば同性婚を認めた方が万人に取ってストレスがない。それゆえに同性婚を認める方向に世界は動いていく。
エントロピーが増大するのも圧力が低い方へ物体が動くからだ。「世界のリベラル化」は物理法則と似た現象であり「歴史の必然」と言えるでしょう。

社会を変えるだけでは不満はなくならない

人々はストレスフリーな世界を求めてこれからも奮闘し続ける。世界は着実にリベラルな方向に進歩していく。だがそれでもユートピアが実現する事はない。ストレスはなくならない。
他ならぬ人間の「肉体」こそが真のストレス源だからだ。ストレスフリーで自由な世界を求めるなら、そもそも最初から生まれてこない方が良い。
子作りは人間の精神を肉体という牢獄に閉じ込める「悪事」だ。生まれなければ初めからエントロピーが最大=宇宙と一体の状態でいられた。不自由せずに済んだ。

人間はアニメ絵の献血ポスターくらいで大騒ぎするほどストレスに弱く面倒な生き物だ。どんな社会政策も対症療法でしかない。
反出生主義は究極のリベラリズム。人類を肉体のくびきから解放する「人類解放運動」と言えるでしょう。

コメント 0▲TOP

子育て支援するより移民を教育する方が安上がり

子供一人育てるのに2000万円が必要と言われているが、それは親が払う費用だけで税金による負担額は含まれていない。保育園や学校教育には莫大な税金が使われている。子育て支援の為にざっくり推定で追加2000万円ほどの税金が使われている筈。
つまり子供を育てるのに必要な金額は合計4000万円以上だ。本当にそれだけの価値はあるのか?

赤ちゃんだっていずれは老人になり福祉が必要になる。日本はバブル期から財政赤字で世界有数の借金大国だ。現在の生活水準だと国民一人当たりの財政収支はトータルでは赤字という事になる。子供が生まれても財政的にプラスにはならない。長い目で見ると負担が増えるだけだ。

先進国が少子化になるのは当たり前。物事にはトレードオフという物がある。男女平等を推し進めれば子供の数は減らざるを得ない。それでも男女平等の方が良い。
日本は先進国の中では出生率が高い方だが、それは日本社会が遅れているからであって日本の出生率はもっと下がるべき。
質と量も絶対的にトレードオフだ。数が増えれば質は下がる。我々は質の高い人間を求めているのだから少子化はやむなし。

子供なんて放っておいても産む人は産むし、産まない人は産まない。だから少子化対策はコスパが悪い。
中流層以上は国の子育て支援に関係なく結婚して子供を作っているし、逆にいくら支援したって子沢山になったりしない。子育て支援の恩恵を受けるのは貧困層だ。
貧困層の子供の多くは低賃金労働者にしかなれない。安い労働力が欲しいだけなら一時的に外国人労働力を受け入れれば済む話だ。

途上国では子供がバンバン産まれている。地球全体では人口が増加しているのだから、国内で人間を育てるより海外から調達する方が効率的。
日本語は読み書きは難しくても話すだけなら簡単な部類だ。日本人に外国語を覚えさせるより外国人に日本語を覚えさせる方が早い。今は便利な翻訳アプリだってある。
途上国の若者に日本への渡航費と当面の生活費に日本語学校の費用を払っても子育て支援よりも安く付く。

これ以上地球の人口を増やすべきではないのだから少子化対策なんて邪道。途上国の若者を短期間の労働力として受け入れ、教育して送り返せば途上国への支援になるし、海外に日本語や日本文化を広める事もできる。
わがままな子育て世代にブーブー文句言われながら支援するより、純朴な途上国の若者を助ける方が気持ちも良い。完全にWin-Winだ。

【関連リンク】
少子化の原因は、子育て支援の問題ではなく婚姻数の減少

公共サービスで子どもの出生や育児、教育に対する負担額はどこの自治体でも概ね子ども一人当たり年間120万円ぐらいかかっています。

子供手当が国にとって何のプラスにもならない4つの理由

ロシアでは人工妊娠中絶手術は医療保険の対象で、経済的に余裕がなくても無料で手術を受けられる。この制度が導入されたおかげで、国内犯罪件数は過去15〜20年、著しく減少している。

日本語のできる外国人の方がコストが低い

コメント 12▲TOP

子育てのコスト

THE TRUE COST OF RAISING A CHILD

アメリカで一人の子供を育てるのに必要なコストはざっと...
2600万円
そのお金で他に何ができるだろう?

子育てのコスト

19基
アフリカの村に清潔な井戸を設置
7校
ハイチに学校を建設
数千人に影響
48頭
第三世界の国で家畜を購入
359人
マイクロファイナンスで世界中に資金提供
9回
世界一周旅行に行ける
1軒
平均的なアメリカの家を現金で買える
3回
借金せずにMBAを取得できる
1台
フェラーリを購入してイタリアでドライブ
24本
自主制作映画を撮影できる
4回
アナ・ケンドリック(アメリカの女優)を誕生パーティーに呼べる
8頭
競走馬を育成できる
1つ
熱帯の島を買える
80回
スーパーボウルを観戦
1205回
バーで酒が飲める
1000頭
捨て犬を救える
8カ所
インドで孤児院を開設
1000人
口蓋裂の子供たちを手術できる
7回
友達とエベレストに登れる

ふーむ。先進国で子供を育てるのは金がかかり過ぎるね。
地球人口は増え続けていて世界は難民で溢れかえっているのだから、無理して子作りする必要は無い。
よっぽど経済的に余裕があって子供好きでもなければ親子ともども不幸になるだけだ。

散々お金をかけて子供を育てても子供が幸せになるとは限らない。
下手に子供を産むより世界一周でもして酒飲んでた方がマシだろう。人生一度しかないですからね。
まだ生まれていない人間ではなく、今生きている人間のために金を使うべきだ。

コメント 0▲TOP

人類は絶滅する

これまで地球上に誕生した全生物種の99.9%以上が既に絶滅しているそうだ。長く繁栄できる種族は0.1%しかいない。
動物は「自分たちがいずれ絶滅するかも知れない」などとは想像もしていないだろう。だが人間は科学によって地球や人類の未来をある程度予見する事ができる。
99.9%の生物種がそうであったように、人類も絶滅と言う宿命からは逃れられない。

宇宙飛行士
例えばイエローストーンの噴火周期は60~70万年と言われているが前回の噴火から既に64万年が経過している。
10万年以内にイエローストーンは噴火する筈。イエローストーンが噴火すれば人類は絶滅せずとも1/1000以下にまで人口が減るのではないか?

2億年後には太陽は現在よりも膨張し、地球はハビタブルゾーン(宇宙の中で生命が誕生するのに適した環境)から外れる。
宇宙船に乗って地球を脱出しなければ人類は生き残れないが、宇宙を延々と旅するのは永久機関でもなければ不可能だと思う。

60億年後には太陽も燃え尽きて地球は消滅する。数千億年後には宇宙が「熱的死」を迎えて星一つ輝かない無限の暗黒になる。
宇宙にすら終わりがあるのだ。人類が絶滅する確率は100%!!

だから「人類を存続させる為」という理由で子孫を残そうとするのは間違っている。人類は滅びる。その宿命は受け入れるしかない。
全人類が国家を超えて互いに協力し合い、地球規模の少子化によって地球人口を減少させた方がむしろ人類は長く平和的に繁栄できるようになるでしょう。

【関連リンク】
宇宙の終焉へタイムトラベル - YouTube
人類の系外惑星への移住「ない」 ノーベル物理学賞のマイヨール氏

コメント 6▲TOP

義務としての避妊

青島「猫の楽園」の未来 昨年の不妊・去勢手術後もトラブルがたえず...

「これまでは猫たちがかわいそうでした。ここで生まれた子猫たちはすぐ死ぬんですよ。オスに噛み殺されて、頭だけになったり、手足だけバラバラになっていたり。もうそんなの見るのはイヤなんです。メスも、ごはんを食べることもできないくらい、オスに囲まれて襲われ続けていたんです。オス同士はケンカして、ケガが絶えなくて。だから手術をすることでそんなことがなくなって、みんなが穏やかに暮らせるようになれば本当にうれしい」

NHKで別の猫島のドキュメンタリーを見たが猫の個体数が過密なせいで争いが絶えず殺伐としていた。猫がまるで野生動物の様に荒々しくなり普通の野良猫より過酷そうだった。
ねずみ算式に人口が増えると人間社会も容易に地獄に変わる。猫とは違って人間には避妊を行う道徳的義務がある

ねずみ算
どんな社会も幾何級数的な人口増には耐えられない。出生率が3を超える様な社会は異常であり持続可能ではない。戦前の日本がそうだった。人口増によって他国の領土を求めるようになって最終的に破滅した。

一人の女性は最大で20人くらい子どもを産む事ができる。人々が全く避妊を行わなければ昔の様に5人以上産むのが普通になるだろう。その「普通」は社会にとって有害だ。
文明社会を維持するには出生率が2以下でなくてはならない。世の中の男性が皆ビッグダディみたいになったら文明が崩壊する。
年収1000万以上あっても子どもが5人もいれば貧乏になる。子どもに貧乏させない為には金持ちだって避妊する必要がある。

だから反出生主義者でなくても全ての人間には避妊を行う義務があります。性教育の現場で子供たちに「避妊は義務」だと教えるべきです!

コメント 0▲TOP