子供一人育てるのに2000万円が必要と言われているが、それは親が払う費用だけで税金による負担額は含まれていない。保育園や学校教育には莫大な税金が使われている。子育て支援の為にざっくり推定で追加2000万円ほどの税金が使われている筈。
つまり子供を育てるのに必要な金額は合計4000万円以上だ。本当にそれだけの価値はあるのか?

赤ちゃんだっていずれは老人になり福祉が必要になる。日本はバブル期から財政赤字で世界有数の借金大国だ。現在の生活水準だと国民一人当たりの財政収支はトータルでは赤字という事になる。子供が生まれても財政的にプラスにはならない。長い目で見ると負担が増えるだけだ。

女性
先進国が少子化になるのは当たり前。物事にはトレードオフという物がある。男女平等を推し進めれば子供の数は減らざるを得ない。それでも男女平等の方が良い。
日本は先進国の中では出生率が高い方だが、それは日本社会が遅れているからであって日本の出生率はもっと下がるべき。
質と量も絶対的にトレードオフだ。数が増えれば質は下がる。我々は質の高い人間を求めているのだから少子化はやむなし。

子供なんて放っておいても産む人は産むし、産まない人は産まない。だから少子化対策はコスパが悪い。
中流層以上は国の子育て支援に関係なく結婚して子供を作っているし、逆にいくら支援したって子沢山になったりしない。子育て支援の恩恵を受けるのは貧困層だ。
貧困層の子供の多くは低賃金労働者にしかなれない。安い労働力が欲しいだけなら一時的に外国人労働力を受け入れれば済む話だ。

途上国では子供がバンバン産まれている。地球全体では人口が増加しているのだから、国内で人間を育てるより海外から調達する方が効率的。
日本語は読み書きは難しくても話すだけなら簡単な部類だ。日本人に外国語を覚えさせるより外国人に日本語を覚えさせる方が早い。今は便利な翻訳アプリだってある。
途上国の若者に日本への渡航費と当面の生活費に日本語学校の費用を払っても子育て支援よりも安く付く。

これ以上地球の人口を増やすべきではないのだから少子化対策なんて邪道。途上国の若者を短期間の労働力として受け入れ、教育して送り返せば途上国への支援になるし、海外に日本語や日本文化を広める事もできる。
わがままな子育て世代にブーブー文句言われながら支援するより、純朴な途上国の若者を助ける方が気持ちも良い。完全にWin-Winだ。

【関連リンク】
日本語のできる外国人の方がコストが低い