【衝撃】脳の記憶能力や認知機能は"ウイルス由来"だった! 謎のタンパク質「Arc」の正体に戦慄(最新研究)

脳の長期記憶にはウイルスの遺伝子が使われているらしい。長期記憶ができなければ「自我」は発生せず深く考える事もできず、ヒトはここまで進化できなかった。
人間が人間として存在しているのは「ウイルスのおかげ」とも言える。しかしそれは本当に「良い事」だろうか?
ウイルスは究極の「利己的遺伝子」であり我々に恩恵を与えるつもりなど有りはしない。もし何の制限もなければ脳のウイルス遺伝子は無限に脳を肥大化させ、人体の栄養を吸い尽くしてしまうだろう。

哺乳類は脳が大きいほど絶滅のリスクが高まるそうだ。脳はエネルギーの大食漢で無駄に脳が大きいと生存する上で重荷になってしまう。何も考えずに生きられる方が楽。

ウイルス進化説では「進化は伝染病である」と表現されている。ウイルス感染によって我々は「自我」を持つようになってしまった。考えたり悩んだり、自我が存在するのは一種の「病気」であると言えよう。
考えれば考えるほど脳内でウイルスの遺伝子が活性化し病気が悪化する。それは苦痛を引き起こす。
アリストテレスが「哲学や詩、芸術や政治にすぐれた人はみな、ソクラテスやプラトンを含めて、憂鬱質的な気質があるし、鬱病に悩んだ者もいる」と言う言葉を残しているが、考える行為自体が憂鬱の原因なのでは?

人間は脳が異常に大きい。奇形的な動物だ。脳は寄生虫の様にエネルギーを浪費し、精神活動によって我々を苦しめている。それは身体的外傷を上回る苦痛だ。
人は最早、知能を使わずに生きる事はできない。頭を使えばウイルスの作用によって苦しみも生じる。つまり人は苦しまずに生きる事はできない。生は災いである。

by TwitterFacebook