生まれてこない方が良かった・・・日本人なんて!

Better Never to Have Been

デイヴィッド・ベネター(David Benatar, 1966年12月8日 - )は生命倫理を専門とする倫理学者・哲学者。南アフリカケープタウン大学哲学科教授。

著書 "Better Never to Have Been : The Harm of Coming Into Existence" (『生まれてこない方が良い: 存在し始めるという災難』)で展開した反出生主義(Antinatalism)の擁護で最もよく知られている。

生まれてくることはその本人にとって、常に災難であり、それゆえに子供を生むことは反道徳的な行為であり、子供は生むべきではない、と主張する。
子供を生むことは、多くの動物がそうしているように単に何も考えずに性的欲求を満たすための行動である性行為の結果として引き起こされている現象であるか、または生む側の欲求を満たすために引き起こされている現象であるか(例えば子育てしてみたいといった欲求を満たすため、自分の老後の世話をしてもらおうという計算の為)、または判断するさいに生の質(QOL)を不当に高く誤評価していること(ポリアンナ効果)から起きている現象である、とする。

ベネターはチャイルド・フリーのような立場と自身の立場をはっきりと区別する。チャイルド・フリーのような考え方は、自分のライフスタイルを維持することを考えて子供を持たないという立場を取るが、ベネターは親の都合ではなく、生まれてくる人間の観点に立って、その上で生むべきではない、と主張する。
つまり生まないことは、多くの人に取ってはある種の我慢が必要な事ではあるが、生まれてくる人間のことを少しでも真剣に考えるのならば、子供は生まずに我慢すべきだ、とする。

ベネターは人口爆発の問題について言及している。ベネターは地球上の理想の人口はゼロであるとしている。つまり人間は絶滅した方がよい、と主張している。
とはいえ即座に人類絶滅を目指すのは生まれてきてしまった人たちにとって大きい苦痛を伴うものとなるであろうから、少しずつ段階的に人口を減らしていき、最終的に絶滅する、つまりゆるやかに絶滅していくのが良いだろう、としている。

デイヴィッド・ベネター - Wikipedia

ああ^~いいっすね^~。「生まれて来ない方が良い」と言う発想が当たり前にできる西洋社会は素敵だ。
未だに「産めよ増やせよ」でウィルスの様に増殖する事しか頭にない日本だったら、こんな"危険思想"は持つ事すら許されない。デイヴィッド・ベネターの哲学書を公に出版するなんて不可能だ。

そりゃよっぽど金持ちだったり親が美男美女同士で愛し合ってて心底幸せだったりするなら子供を作っても良いけど、自分自身が人生で苦労の方が多く、あまり幸せでないと感じるなら子供も同じ苦労をする可能性が高いのだから子孫なんて残さない方が良いだろ。

年取って中年にもなると人生飽きるし。何も楽しみがない。どんなに面白い映画でも何百本も見れば飽きる。ネットも10年以上やってればさすがに飽きた。もう飽き飽きだ。
日本人の8割くらいは「金とセックス」にしか興味がない様な人間ばかりだし、楽しそうにも見えない。ぶっちゃけ生きてる意味あるの?

日本では働いていない人間は「生きてる価値がない」と見なされる。働かなければ生きていけないのです。
労働を強要する残酷な社会に子供を産み落とすな!良い迷惑だよ(´;ω;`)
「働かなくても生きていける」社会になるまで、我々は子作りをボイコットすべきです!

「子供を作らない」事こそ最高に文化的な行為。シンガポールや香港・台湾など日本より豊かでIQの高いアジアの国では日本以上に少子化が進んでいる。
野蛮人ほど子供が多い。子作りなんて親のエゴだ。理性でもってこの「負の連鎖」を断たねばならない。

元々日本は人口が多い多いと言われているあの中国よりも人口密度が高い国なのです。日本に資源がないなんて嘘。人口が多いから資源が足りないだけ。
日本の適正人口は2〜3000万人程度。そのくらいの人口であれば広大な海洋資源もあるし石油以外は何でも自給自足してのんびり暮らせる国になる。

本当は日本も中国をみならって一人っ子政策を導入するべきなんだ。少子化が問題だなんてとんでもない。あれは人口が減ると困る産業界に配慮して言ってるだけのステマです。
沢山子供を作ったらどんな金持ちでも家計が破綻して損をするのだから「なるべく子供を作らない」のが個人の選択としてはベスト。
少子化で将来的には介護職の人材が不足するとも言われているが、老人の尻拭いをさせる為に子供を作るのですか?自分のケツくらい自分で拭けよ!

日本人は子育ても下手。日本人のガキなんてどうせロクな人間に育たない。保育園に子供を預けて税金使って子育てしようとする親はそもそも子供を作るべきじゃない。
子供なんて産んでも最低20年くらいはただの穀潰しだし教育に税金もかかる。受益者負担で子供のいる家庭にこそもっと税金払わせるべきだ!!

【関連リンク】
反出生主義
リチャード・ストールマン:子を持たないことの重要性について
反出生主義についての私見
ベネター「なぜ生まれてこない方がよいのか」のレジメ本の要約
Better Never to Have Been 解説
反ヒト中心主義
日本人の"不幸"遺伝子

コメント 13▲TOP

親より先に死んではならぬ。とにかく生きろ!

うつが酷いと体の具合も悪くなるね。マジで脳に穴があきそうなくらい辛い。
実際うつになると脳が萎縮するそうだし、何だかお腹も痛くなってきた。文字だと深刻さがあまり伝わらないのが悔しいwww
このままだとストレスで免疫力が下がってガンになるんじゃないか?って心配になるわ。

PTSDのフラッシュバックも地獄の苦しみだったが、鬱も重度になると同じくらいに地獄だな。
何もかも投げ出して楽になってしまいたくもなるけど、親を残して先に逝くわけにはいかない。
俺が死んだら母ちゃんはどうなるの?ママンの老後を一人にはさせられないよ (´;ω;`)ブワッ

子供に先立たれた親の嘆き悲しみぶりは半端じゃない。「親より先に死なない」と言うのは子としての最低限の務めだ。
それすら破れば最早ヒトですらなくなる・・・!人間失格である。

死ぬのは人生最後の楽しみに取っておけば良い。両親が天寿を全うするまでは何としてでも生きるべきだ。
親が死んだ後は何をするのも完全に自由。海外に移住しても良いし、憎いアンチクショウの顔めがけ玉と散るも良し。
まだ見てない映画もいっぱいあるしシン・ヱヴァも見なきゃだし、ハンターハンターが完結するまでは死ぬわけにはいかないな。後20年くらい?www
よくよく考えたら今の時代には未知の娯楽が消費しきれないほどあるのだから、急いで死ぬ事もあるまい。
まぁ死ぬくらいなら犯罪に走れば良いし・・・

※ただし両親共クズの場合は親を気にかけなくて良いと思う。

wish
画像:うめざわしゅん『パンティストッキングのような空の下』より

コメント 4▲TOP

愛はストレス・ホルモン

We believe in a thing called love!ストレスと友達になる方法 : TED.com

オキシトシンは友達や家族との触れ合いを求めさせます。共感を強め、大切な人たちを支え助けたい気持ちにさせます。オキシトシンをみんな吸引すべきだと言う人さえいます。もっと優しくなって思いやりを持てるように。

でも多くの人が理解していないのは、オキシトシンがストレスホルモンだということです。
ストレス反応として脳下垂体がオキシトシンを放出するんです。これはアドレナリンが心臓の鼓動を速くするのと同様のストレス反応です。
そしてオキシトシンがストレス反応として放出されると、人の支えを求めたくなるんです。

なるほど。愛情ホルモンとも呼ばれるオキシトシンは本当はストレスホルモンでもあったのか。
愛が喜びと共に苦しみも強めるのはこのストレスホルモンのせいかも知れない。
他にもオキシトシンには「未来に感じるストレス」を増幅させたり攻撃性を高めるなどのダークサイドがある。

「愛する」がゆえに人は苦しむのです(`・ω・´) 光が強ければ闇も濃くなる様に、深く愛するほど苦悩する。
2000年以上前のブッダが悟った通り、愛による執着が苦しみの元になる

ヴィンランド・サガ』には「愛とは差別です」と書いてある。誰かを愛して優遇するのは別の誰かを冷遇する事だ。
愛国心が民族差別に繋がったりもする。博愛主義ならばともかく偏愛は偏食と同じであまり良ろしくない。

愛はランナーズ・ハイに似ている。肉体が苦痛を和らげる為に脳内麻薬を分泌し、ハイになっている状態。
確かに気持ちが良いのだろうけど、走る事による肉体的負担も大きい。
短距離なら快楽が上回ってもマラソンの様に長距離だと殆ど苦痛しか感じられなくなる。人生は長い。どちらかと言えばマラソンに近い。

愛によって人は苦しむが、かと言って誰も愛さない人生など生きるに値しない。
一切皆苦。やはり生まれてこないに超した事はないのです。

恋をしたことはあるかい?ひどいものだろう?とても傷つきやすくなる。胸を開き心を開き、そして誰かが中に入り込みめちゃくちゃになるんだ。
それまで防壁を築きあげ、よろいかぶとを装着し、誰も自分を傷つける事が出来ない状態だったのに、たった一人の愚かで他の誰とも何も違わないヤツを自分の人生に入り込ませるなんて自分の一部を与えるようなものだ。
誰もねだられたわけではない。ただキスとか笑顔とか、とるに足らないことをしただけだ。
それでも自分の人生は自分のものじゃなくなる。愛が人質を取るんだ。 自分の中に入り込んできて食い散らかし、暗闇に放り出されて泣くことになる。
想像だけではなく実際に傷つき、それは心だけでなく精神的な痛みだ。 体中を引き裂く痛みだ。愛が嫌いだ。

- ニール・ゲイマン

コメント 0▲TOP

人生は神ゲーだ?

奇跡の一本松

人生は神ゲーだ。
本気でがんばるとぎりぎり倒せるように絶妙のバランス調節がされた敵。
単純作業じゃ効率が悪いけど、工夫次第でどんどん効率を上げられる経験値システム。
リセット不可の緊張感。でもシレンとかよりずっと死ににくいからあんま気にする必要なし。つーか普通のゲームでもリセットなんて邪道じゃん。
全てのキャラが深い人間性と歴史を持って登場する、圧倒的リアリティ。
グラフィックが綺麗すぎ。多分、無限×無限ピクセルで、毎秒無限フレームで動いてる。色も多分無限色使える。夕焼けとかマジありえねー美しさ。
BGMの種類がほぼ無限。選曲も自由。自分で作った曲を流すこともできる。人間が作ったとは思えない、とんでもなく複雑で洗練されたシナリオ。
リアル出産システム採用。自分と、自分よりも大切に思える相手の遺伝子を半分ずつ受け継いだ、奇跡のようなキャラを生み出して、そいつに自由に色々教えて育てることができる。
すごく嬉しいし、ちょー楽しい。
ネコっつー生き物が登場するんだけど、これがちょーかわいい。
食いきれねーほどの種類の料理があって、超うまいものが時々食える。
説明書が無く、仕様が明かされてないから、自分でデータとって仕様を推測するしかない。これがまたとんでもなく高度に洗練された仕様になってるっぽくて、なかなか正確には分からん。
だから、とりあえず大雑把に推定し、それに基づいて行動して、データを取りつつ徐々に予測値を修正していく必要がある。
これがまた楽しい。徐々に明らかになっていく世界観。
未だに明らかになってない謎が山盛り。
友達と一緒に協力して遊べる。
無料。
本気で自分を愛してくれるキャラがいたりする。
ゲーム内で別なゲームやったりアニメ見たり出来る。
登場キャラと本当に心を 通わせることが出来る。
信じがたいほど深い感動を味わえるイベントが結構ある。もちろん本気でやらないとフラグを無駄にするだけだが。

こんなとてつもない神ゲーを糞ゲーとか言ってる奴は、本気でこのゲームをやったことがない奴だけ。
まあ、一切がんばらずにクリアできるようなヌルゲーばかりやってる奴には、このゲームはちょいとハードかもしれんがな。でも一端ハマった奴はみんな、このゲームを辞めたくないって言ってるぜ。

有名なコピペだけど・・・こういう見方もできるんだな。一つの仮説として面白い。

でも俺の半径5メートルくらいにいる人達(家族とか)で人生を神ゲーだなんて思っている人は一人もいないぜ。
みんな辛そうだ。。。まぁそれは多分に俺のせいなんだけどねwwww

日本鯖でこのゲームをエンジョイしている奴って少ないよな?ゲームマスターである国がプレイヤー(国民)を常に「生かさず殺さず」のレベルまで難易度上げやがるからねぇ。。。
税率変えるだけでグッと易しくなると思うんだけどなぁ。

俺にとって人生は罰ゲームみたいなものだ。何もしてなくてもこんなに辛いのに、毎日働いている社会人とかどんだけ大変なんだよっ!
大半のプレイヤーにバッドエンドしか用意されていないようなゲームが果たして神ゲーと呼べるのかどうか・・・
現実

コメント 0▲TOP

人間は機械か?

ゴリラのココ人間が生きているのは「生存本能」があるからだ。できるだけ生き延び、子孫を残そうとする本能に従って生きているに過ぎない。生命が進化によってそのような本能を獲得した。
人間に心や感情があるのも進化で説明がつく。要するに感情がある方が生存に有利だった。ただそれだけの事だろう。

この世に魂もなく、神もなく、意志や行動も遺伝子の影響を受けるなら、人間は機械と何ら変わらないのではないか?

リチャード・ドーキンスは『利己的な遺伝子(旧題『生物=生存機械論』)』で人間を生き残ろうとする機械"サヴァイバル・マシン"であると定義したそうだが、利己的遺伝子という考え方だと どうしてもそういう結論に至ってしまうのだろう。

しかし人間をただの機械だと考えると人生が無味乾燥でとてもつまらなく思えてくるw
利己的遺伝子は生存に有利な行動を「快」不利だと「不快」に感じるようにして我々の行動をコントロールしている。
「生殖なんてくだらない」と頭ではわかっていても、結局楽しく生きるには遺伝子の思惑通りに動くしかないっていう。。。

私達は遺伝子をコピーする生体ロボットで、冷たくて空っぽな宇宙にある孤独な惑星に住んでいる。
― Thomas Ligotti

出典:Tumblr

コメント 1▲TOP

絶望しながら生き残るヒント

強制収容所

第二次大戦の勝利者である連合軍は、あの過酷なアウシュヴィッツの環境で最後まで生を維持させた人間の特性に興味を抱き調査団を組織した。その報告が正確であるならば、生命の維持力と身体的な強靭さの間には何の関係も見出せなかった。
そして生命を最後まで維持させた人々の特性は次の3種類に分類された。

第1の分類には、過酷な環境にあっても「愛」を実践した人々が属した。アウシュヴィッツの全員が飢えに苦しんでいる環境で、自分の乏しい食料を病人のために与えることを躊躇しないような人類愛に生きた人々が最後まで生存した。

第2の分類には、絶望的な環境にあっても「美」を意識できた人々が属した。鉄格子の窓から見る若葉の芽生えや、軒を伝わる雨だれや、落葉の動きなどを美しいと感じる心を残していた人々が最後まで生存した。

第3の分類には「夢」を捨てない人々が属した。戦争が終結したならばベルリンの目抜き通りにベーカリーを再開してドイツで一番に旨いパンを売ってやろう、この収容所を出られたならばカーネギーホールの舞台でショパンを演奏して観客の拍手を浴びたい、などの夢を抱くことができた人々が最後まで生存した。

アウシュヴィッツ強制収容所 - Wikipedia

なるほど。これはとても参考になる話だ。人生に絶望した人間が生きるヒントになるだろう。

「愛」を実践するのは慈悲の瞑想で代用できる。
実際に自分を犠牲にしてまで他人に奉仕すると損してしまうが、「他人の幸せを願う」だけならタダだw
どっちにしろ単なる自己満足なんだから願うだけで何もしなくても効果は変わらない。

「美」を意識するはテレビとかで名作映画を見れば良いんじゃないか?
感動的な作品を見るとそれだけで生きていける気がする。。。
創作にチャレンジするのもアリでしょう。

「夢」を捨てないってのは難しいな。。。絶望してる人間に夢も希望もありはしないだろw
それより生きがいを見つける方が重要なんじゃないか?
人は穴を掘っては埋めるという無意味な行為を繰り返させるだけで精神的におかしくなるらしい。
意味のない事をやるのはそれだけ辛い事なのだ。人生にはやりがいとか生きがいの様な物が必要。
俺は少しでも時間を有意義に使ってる気分になりたいがためにブログを更新してるようなもんですよ(^^;)

コメント 1▲TOP

永遠なんてないよ

銃夢のディスティ・ノヴァ

「この世に悲惨も死も存在せず、ただ喜びだけを心から信じられるならば、祈らずにはいられない。この刻(とき)が永遠に続けと......」

銃夢のディスティ・ノヴァ

「現在は一瞬のうちに過去となり
誰もがいつかは死に
運命は人智を越えて荒れ狂う
それが当然だといわんばかりに」

ディスティ・ノヴァ

「私はそんなこの世のすべてを憎む
熱力学第二法則を憎む」

出典:ディスティ・ノヴァの台詞「銃夢9巻 ザレム征服」より

※熱力学第二法則...エントロピー増大の法則。ほうっておくと熱いお茶はさめるが、その逆はないという経験則。この考えをつきとめると、宇宙はしまいにはさめきって、星も時間もない「熱的死」をむかえる事になる。

ほんとこれ。世界が非情、無常なのはエントロピーが増大していくからだ。これは宇宙の絶対法則なので抗う事などできない。

風呂が冷める様にエネルギーが失われていくから、スクラップ&ビルドを繰り返さなければ現状維持さえままならない。
永遠を望んでも「エントロピー増大」と言う不可塑の変化によって一秒前に戻る事さえできない。

若者には理解できないかも知れないが、幸せな時間も長続きはせず年を取ると人間は劣化し段々と壊れて最後には死ぬ。
遺伝子すら生きてる間に変化して癌細胞を生み出したりもする。
「変化しない」のは不可能であり、それが何もかもを台無しにしていく。

永久機関も熱力学によって否定されている。世界の全ては、やがてエネルギーを失い死を迎える。
生命や文明などの「秩序」は崩壊し「カオス」へと向かう。それが世界の宿命なのです。

永遠不変の物はない。与えられたもの、手に入れたもの全てが失われる。人生はその過程に過ぎない。
パンドラの箱を開けた様に滅びの宿命を知るのも不幸だし知らないのも不幸だ。
この残酷な世界においては子孫を残さずに早めに滅亡する事こそが正義なのでしょう。

【関連】生命の神秘とは解明されればされるほど虚無的なものだ 大暮維人『魔人〜DEVIL〜』2巻より

コメント 0▲TOP