Leviathan.jpg人は誰もが基本的人権の一つとして「革命権」を持っている。
革命権は人権の一部と考えられ、トマス・ホッブスが『リヴァイアサン』で書いた「国家は国民が作った物であり、国民に仇なす政府なら武力で転覆させても良い」と言う一文はアメリカ独立戦争やフランス革命の理論的支柱となった。

選挙による政権交代は暴力に依らない革命なのだ。選挙権は革命権の一種。
アメリカは憲法でこの革命権を保障している。銃規制が進まないのはそれが革命権の侵害になるからである。

【関連】不平等は「暴力」によって解消される - GIGAZINE