格差が広がると経済危機が起きやすくなるらしい。世界大恐慌もアメリカ国内の経済格差がピークに達した翌年に起きた。
今のアメリカは所得の格差が過去最高の水準になってしまっているので、数年以内にまたアメリカ発の大恐慌が起こる可能性が高い。

こんなにしょっちゅう経済危機が起きてたら資本主義は持たない。富裕層と貧困層の格差が小さい社会ほど長期にわたる景気拡大が可能
格差を是正し大恐慌を回避した方が長期的にはより発展できるでしょう。

リチャード・ウィルキンソン 「いかに経済格差が社会に支障をきたすか」 | TED.com