早期の性体験は出世を妨げる

初の性体験をしたのが20歳あるいはそれよりも遅かった人は、10代で処女あるいは童貞を喪失した 同年代の人たちよりも、人生で成功している。テキサス大学の学者たちは、このような興味深い結論を導き出した。

学者たちは、16-29歳の兄弟あるいは姉妹1659組の人生を研究した。その結果、初体験の年齢がその人の人生に影響を与えていることが分かった。

学者たちは、被験者を3つのグループに分けた。1つ目のグループは、15歳までに初体験を経験した「早期」、2つ目は15-19歳までの「適期」、3つ目は19歳以降の「遅期」。調査の結果、「遅期」のグループにあてはまる人たちは、別の2つのグループよりも高い教育を受け、年収も高いことが分かった。

学者たちはこれについて、人間は20歳頃までに他の人との関係で一定の経験を積むため、「遅期」グループの人たちは、10代の若者よりも精神面ならびに理解力が高まっていると説明している。
また、年齢的に円熟してから始まった性生活は、質的にも高く、安定したものであることが多いという。

この研究結果は普遍的な真理だと思う。もちろん例外もあるが個人だけでなく国家にも当てはまるね。
初体験年齢が低い国は貧しい国が多い。日本も平均初体験年齢の低下と共に国際競争力が下がり続けている。

東アジアで最も初体験年齢が早いのは日本だが、これは将来的に日本の国力の低下につながる。
中国人や韓国人が部活も恋愛もせず勉強に打ち込んでいるのに日本人が中学生くらいからセックスしまくってたら競争に勝てるわけない。

結局のところ国力とは国民の質に左右される。ゆとり世代は自分たちが親の世代より貧しいのを「老害」のせいにしているが、ゆとり世代が中韓に負けるのは10代でセックスばかりしてたせいなのだから、完全に自業自得だ。
ゆとり世代を救済する必要はない。セックスしたのが悪い。おいしい思いをしたガキどもを絶対に許さんぞー!!

このまま性の低年齢化が進むと日本はどんどん貧しくなる。15歳未満の性交渉は厳しく法律で取り締まるべきではないか・・・。