実は「処女好き」なのは人間だけじゃない?

ドイツ人生物学者が発表した研究内容によれば、オスの蜘蛛は経験豊富なメスよりも処女のメスを好むことが明らかに。
研究では、21匹のメスを同数のオスの蜘蛛に選ばせた結果、処女のメスが12匹のオスを獲得。処女が支持率6割近くのモテぶりを発揮しました。生物学者によれば、処女のメスはオスを呼び寄せるフェロモンを出しており、しかもこのフェロモンは、一度でも交尾をするともう出なくなってしまうとのこと。

男性が処女を好むのは本能かも知れない。本能に組み込まれていると言う事は「処女厨」である事が子孫の繁栄に有利に働くのだろう。
逆に言えば非処女を配偶者に選んだ男は子孫を残せなかったりしたのでは?

自然界では「非処女」は出産を経験している可能性が高い。「他の男の子供を産んだ事がある」と言うのが自分の子供を産み育てるのに不利になるのでは?
昔から「兄より優れた弟などいない」と言われている様に、一番目の子供が最も健康で知能も高い傾向があるらしい。
二番目以降の子供にはマイクロキメリズムで長子の細胞が体内に混入してしまうため、それが免疫に悪さをするので体が弱くなってしまうそうだ。

水子地蔵子持ちでなくても非処女の3人に一人は中絶経験がある。産んでなくても妊娠していれば子供に悪影響が出るだろう。
つまり非処女と結婚すると自分の子供に嫁の元カレとの間にできた水子の細胞が混ざり、虚弱になる可能性があるのです(`・ω・´)

経験人数の多い女ほど結婚後も浮気率が高く、色んな男を知って贅沢になってるから旦那に不満を感じて愚痴ばかり言うようになる。
人間誰しも同じ経験を繰り返せば飽きる。恋愛とて例外ではない。複数の男と交際した女が最後に付き合った男=夫に対して元カレよりも愛情やトキメキを感じる事はない。
非処女と結婚すると夫は大して愛されもせず、子供は元カレの面影を残し、家庭は愚痴で溢れかえる事になる。非処女は結婚相手として適さないのです。