ビンゴ反出生主義に対する、ありがちな否定意見に反論してみます(`・ω・´)

「子供を作るのは自然な行いだ」

自然主義的誤謬。自然な行いが正しいとは限りません。また「それができる」は「それをすべき」を意味しません。

「何で自殺しないの?」

反出生主義は自殺を勧めません。むしろ普通の人より生命、人権、動物の権利を尊重しています。
人間を尊重するからこそ、まだ生まれていない人間は生まれて来ないままの方が良いと考えるのです。

「ネガティブなだけでしょ」

人間は楽観的に考える傾向があります。抑うつリアリズムでネガティブな人間の方が物事を正確に捉えている可能性が高いです。

「人生には生きる価値がある」

人生には生きる価値がある
しかし始める価値はない。

「赤ちゃんは可愛いよ」

美は見る者の目に宿る。赤ちゃんを可愛いと感じる個体の方が赤子の世話を良くする為、子供の生存率が高くなる。その結果、生物は赤ちゃんを可愛いと感じる様に進化した。
つまり赤ちゃんが可愛いのではなく、我々が赤ちゃんを見ると本能的に可愛いと感じるだけだ。赤ちゃんそのものに価値はない。

「本能には逆らえない」

良くも悪くも人間社会では本能のままに行動することは許されません。本能的行動は多くが犯罪として処罰の対象となります。
出産が合法なのは社会の都合上許されているだけであって、正義とは別問題です。

「生物の目的は子孫を残すことだ」

遺伝子に意思はありませんし、進化に目的はありません。種の繁栄に有利な遺伝子を持つ者が生き残ってきただけで、子孫を残す為に生きているわけではないのです。
全ては結果的にそうなっているだけ。生物の存在に意味はありません。

「アフリカに生まれなかっただけでも感謝しなさい」

人口爆発で今世紀末には人類の半分はアフリカ人になってるらしいけど。確率1/2でアフリカ人。

「生まれて来ない方が良かったかは、生まれてこなければ分からない」

それは既に生まれてしまった人間に対する見方であって、まだ生まれていない(欲望がない)なら「幸せになる可能性がある」より「苦痛を感じる可能性がない」方が良いのだから常に生まれてこない方が良いのです。

「先祖から受け継いだ命のリレーを絶やしてはならない」

ハトの伝統
悪習、負の連鎖を自分の代で断ち切るのは栄誉であって恥ではない。

「子供は天からの授かり物」

いいえ、神なんていません。殆どの妊娠は単に親が避妊に失敗したせいで起きています。

「考え方は人それぞれ」

生命の起源は?宇宙に終わりはあるか?子供はどうしてできるのか?霊魂は存在するか?なぜ本能があるのか?・・・
これらの答えが「人それぞれ」ではないのは明らかでしょう。反出生主義は科学的知見の上に組み上げられています。それを「人それぞれ」と言って聞き流すのは思考停止であり反知性主義的だと考えます。

「反出生主義を他人に押し付けるな」

押し付けられるほど反出生主義の勢力は強くありません。反出生主義を広める活動を「押し付け」だと言っているなら、それは言論封殺以外の何物でもありません。

一般的には「子供を作れ」と言う社会的プレッシャーの方が遥かに強いです。親が子供に「生まれてくる事」を強制して人生の押し売りをする方が問題です。

「自分が生きた証をDNAに残したい」

1万年後の子孫のDNAから特定の先祖のDNAを検出する事は不可能です。ぐちゃぐちゃに混ざって原形を留めてはいません。
恐竜の化石から恐竜の遺伝子を取り出す事もできません。完全に消滅してしまっています。遺伝子はデリケートなので記録媒体には向きません。
100万年後の人類は今とは別の種族になっています。ひょっとすると退化してチンパンジーに逆戻りしているかも知れません。チンパンジーの先祖になって嬉しいですか?

「私の産む権利は誰にも否定できない」

自由は他人に危害を与えない範囲で認められます。出産は子供に損害を与えうる行為ですから無制限には認められないと思います。
赤ちゃんは泣きながら生まれてきます。出産それ自体が苦痛であり児童虐待なのです。他人を傷付ける自由などありはしません。

「まだ生まれていない人間が生まれてきて幸せになる可能性を奪うな」

まだ存在していない人間に欲望や意思や人格はありません。存在しない人間の「幸せになる可能性」を奪っても誰にも不利益はないのです。
逆に生まれてくる行為によって既に生きている人間にも不利益が発生します。育児によって親の幸福度が下がるケースも多いし、教育費には多額の税金が投入されています。

子供のいない家庭も税負担によって他人の教育費を間接的に負担させられています。公教育に使われている税金を福祉に回せば、例えば全てのホームレスに住居を与えることも余裕でできるでしょう。
まだ存在していない人間の「幸せになる可能性」のために、既に生まれてしまっている人間が確実に不利益を受けるなんておかしな話です。

「精子が自ら卵子まで泳いで受精したのだから受精した時点で子供は出産に同意したのだ」

それは「銃の引き金を引いたのは自分だが、相手を殺したのは弾丸であって自分ではない」と主張しているに等しいです。精子に責任能力はありません。
妊娠したのは親の行いが原因であり、紛れもなく親の責任です。

「先進国はどこも少子化なのだから反出生主義は必要ない」

逃れられない死の運命から一人でも多く救いたいとは思いませんか?少子化なら手を抜いて良いなんて考えは生ぬる過ぎます。
少子化が問題視されれば政府は少子化対策を実行し子供の数は増えます。それを防ぐためにも国民の大多数に反出生主義を認めさせて少子化を肯定的に受け入れさせなければならない。
政策次第で国民は「産む機械」に変えられてしまうのです。警戒を怠ってはいけません。
反出生主義は元々、先進国でなければ理解され難い。先進国で反出生主義が発展・普及すれば途上国が追いついてきた時にスムーズに導入する事ができます。先進国で反出生主義を広めるのは決して無駄ではないのです。

「労働力が不足するぞ」

将来的には人工知能とロボット技術の発展によって最大で40%近い雇用が失われると予測されています。
人口が減れば市場も縮小するので多くの労働力を必要とはしなくなります。女性の労働参加率を高め、定年を延長すれば労働力の不足など起こり得ません。
現時点でも日本の労働力は余っているのです。求人に人が集まらないのはブラック企業だからです。
労働力不足は雇用環境の改善など労働者にとってはメリットの方が大きい。「労働力不足」を心配するのは過剰な就職活動やワーキング・プア等の問題がなくなってからにすべきでしょう。

「財政が破綻するぞ」

「国の財政問題を解決するために人口を増やせ」と言うのは「国の借金を返すためにお札をジャンジャン刷れ」と言うのと同じくらい頭の悪い発想です。次世代にツケを回す分、もっと悪いでしょう。
それはまったく子供のためにはならないし、問題を先送りするだけの所謂「老害」の発想です。
仮に出生数が3倍に増えたとしても、その子供達が老人になる頃には国の借金は減るどころか3倍以上に増えているでしょう。
問題は借金体質なのであって、少子化を問題視するのは単なる責任転嫁でしかありません。

「未来はバラ色なんだよ。文明が進歩すればあらゆる苦しみをなくせる。それまで人類は我慢するべき」

人類はバラ色の未来を築くために努力するべきではありますが、それは「今生きている人間」が幸せになる為であって
「まだ存在しない未来人」のために今生きている人間やこれから生まれてくる人間を犠牲にする事は正当化できません。私たちは捨て石ではないのです。
文明が進歩してもこの世界から苦しみがなくなる保証はない。「道半ば」と言われて永遠に待たされるのは御免です。期限は設けるべきでしょう。
理想世界の実現の為に「文明を前進」させつつ同時に「反出生主義」も全力で推進すれば良いのです。反出生主義によって人類が自主的に滅んだとしても最速で1000年はかかるでしょうから十分な猶予があります。
理想が実現すればその時点で反出生主義は消滅するでしょう。できなければそのまま滅びるのが最善です。
人口が減ると文明が十分に進歩できないなどと言うなら、犠牲が大きくなりすぎるのでやはり滅んだ方が良い。
超文明による「苦しみのない世界」が実現しなくても、反出生主義によって苦しみはなくせるのだから両者は本質的に等価です。ですから文明発展のために反出生主義を放棄する事はあり得ません。

「社会を良くするためには人手が必要」

社会を良くする必要があるのは今の社会に悪い部分があるからです。悪い社会によって生じる苦痛を取り除くために我々は社会を良くしたいと望む。
社会を良くするためには必然的に改良前の悪い社会で生活し、苦痛に晒される必要がある。
より良い社会とはそうやって先人たちの犠牲と汗と涙の上に築かれる物なのです。

生まれてさえ来なければ社会を良くする必要もないし、最初から苦しまずに済む。
人間は社会を補修するための道具ではありません。人間の幸福のために社会があるのであって、社会のために人間を生み出すのでは本末転倒でしょう。
わざわざ新しい命を生み出さずとも今生きている人間だけで社会は進歩させられます。

「人類が消えても他の生物が繁栄して苦しむだけ」

人間社会には自然界とは別の苦しみがあります。人間は長寿で動物は短命です。生涯の苦痛の総量で人間は動物を上回っているかも知れません。
ホームレスの生活は惨めに感じますが野良猫や野生動物を惨めだとは思いません。人間も子供は楽しそうです。それと同じく寿命の短い動物は人間ほど不幸を感じてはいないでしょう。

野生動物と人間の比率は1:99です。人は科学の力で自然が賄える以上の人口を養っています。人間が消えた後の自然界の不幸の総量は人間の不幸の総量を上回る事は決してないのです。

人類は鉄の原料などの資源を使い果たしているので、もし新人類が誕生しても鉄器文明まで進めないと言われています。鉄器がなければ現生人類ほど繁栄するのは不可能なので新人類の心配をする必要はありません。そもそも殆どの類人猿も人類のせいで絶滅寸前です。

「マルチバースで宇宙は永劫回帰するから反出生主義は無意味」

もし別の宇宙に生まれ変わっても、その世界での苦しみをなくす為に何度でも反出生主義を繰り返せば良い。生こそ無意味です。
降りかかる火の粉は払わねばならない。マルチバースが正しくても反出生主義の正しさは変わりません。

「俺は嫌な思いしてないから。自分の幸せの為に生むし、子供が死んでもなんとも思わん」

それはエゴイズムであり、倫理に反します。あなたが子供を作るのを止める事はできませんが、誰も悪人の子供なんて望んでいません。

以上。なお反出生主義への反論は随時受け付け中です!

[画像出典]
reddit
quickmeme