new-black.jpg"反出生主義(Antinatalism)は新しい流行。繁殖するべからず"

そもそも反出生主義とは何か?

ディビッド・ベネターが有名なせいか、反出生主義とは「子供のためを考えて子供を作らない主義」であると思われがちだが、反出生主義は文字通り「子供を作る事に反対する」主義であって、その理由は「子供のため」だけに限らない。
環境保護を目的とした自主的な人類絶滅運動も反出生主義に含まれるのだから、反出生主義の動機も色々であって言葉の定義上は「子供が嫌い」という理由で反出生主義者を名乗ったって良いわけです。

万人に理解できるように語るべき

正直、ディビッド・ベネターの非対称性の理論はやや複雑だし「子供のためを思うなら最初から子供なんて作るな!」と訴えた所で大半の親はそれを無視して自分の都合を優先して子供を作り続けるでしょう。
つまり「子供の幸せ」だけを理由とした反出生主義には限界がある。子供を虐待する親だっている訳ですから、万人が納得はしない筈。

最大多数派を目指す

反出生主義の理想を実現するには反出生主義者が最大多数派になる必要があります。その為には誰もが少しは賛同できるような多種多様な「理由」が必要だし、清濁併せ持って全人類を包摂する寛大な思想にならなくてはならない。
だからこそ反出生主義者がうっかり子供を作ってしまったとしても、一人くらいなら認めるべきなのです。全人類が過ちを犯さないなんて事はあり得ないのだから、多少は子供を作っても全体的に人口が減りさえすれば構わない。

反出生主義を「当たり前」の常識にする

どの道100年以内に人類絶滅まで持っていく事は不可能。我々にできるのは反出生主義の理想実現の為の土台作りだけだ。全人類が人口減少こそが「善」であると考えるようにしなくてはならない。反出生主義を「常識」であり、人類共通の基本的な倫理観にするのです。
動機が何であれ世界規模で少子化が進みさえすれば良い。

豊かになれば人口が減るのは分かり切っているのだから全世界がもっと豊かになるべき。それには自由貿易の促進が有効です。グローバル化は確実に世界から貧困を減らしている
実際のところ経済発展と技術革新は反出生主義より多くの人口削減に役立っているでしょう。しかしテクノロジーだけで人類が滅びる事はないので人類全体が反出生主義的な意思と方向性を保持し続ける事が重要なのです。